FC2ブログ

Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたり。逗子 横浜 渋谷 宮崎台。一人でも多くの方に楽器の楽しさを知ってもらえるように奔走中!

本番に向けて集中力をアップさせる①ヴィパッサナー瞑想

2019.8.26

本番に向けて集中力をアップさせる①〜瞑想

コンサートでは60〜90分ほどの曲を覚えて演奏するコトが多いので、体力はさる事ながら、それ相応の集中力も必要です。

というより、最終的には集中力がモノを言うと思ってます。

なので、ある時から本番前に楽器そのものの練習を徹底的にやるよりも(いや、もちろん必死に練習しますが)、集中力を鍛えるメンタルトレーニングに時間を割くようにしています。

ここでは僕が普段から取り入れている、オススメのメンタルトレーニング(というと大袈裟ですが)を、簡単にいくつかシェアしたいと思います^_^
(全4回)


瞑想

数あるメンタルトレーニングの中で、一番効果が大きいと感じているのが瞑想です。

もし、ある程度弾ける人から「本番のコツはあるか?」と聞かれたら、迷わず瞑想をオススメしています。

それくらい効果があります。

瞑想と言っても色々と種類があるのですが(多分)、ぼくが取り入れているのはヴィパッサナー瞑想というものです。

ヴィパッサナー瞑想は仏教の修行として行われるものなので、本来は様々なルールがあります。
(※専門的な事はwikiを参照してください)

僕は小難しいことは抜きにして、ヴィパッサナー瞑想のエッセンスだけをとりいれたシンプルな瞑想を実践しています。


方法

瞑想というと、心を無にしてジッと待つ。

という、なんだか抽象的なイメージを持つかもしれませんが、それはちょっと違います。

意外と瞑想には明確な方法があります。

ヴィパッサナー瞑想の基本は呼吸に集中する。です。

方法は以下のような感じ。

①あぐらをかく または、椅子にしっかり座る
②お腹に軽く手をあてる
③その状態で呼吸をして、お腹の動きに意識を向ける
④息を吸ってるときはお腹が「ふくらむ、ふくらむ」と頭の中で唱え、息を吐いてる時は「へこむ、へこむ、、、」と唱える


ただコレだけなんです!
(※超簡略化していますので、本格的に学びたい方は最後に紹介している書籍を参照してください^_^)


難しいポイント

実に単純な作業なのですが、スタートして30秒くらいで違う事をうっかり考えてしまっている自分に驚かされます。

いわゆる雑念です。

そうなったら、頭の中で「雑念」と唱えて雑念をシャットダウンして、再び呼吸に意識を戻します。

この作業を繰り返していきます。

ヴィパッサナー瞑想は、雑念が出ないようにする訓練ではなく、

湧いて出てきた雑念を一瞬で振り払って、本筋(呼吸)に意識を戻す

というところが大事になってきます。

この作業を繰り返していくと、雑念が湧かずに没頭できる時間が長くなっていきます。

つまり集中力が上がったという事です。

集中力というと、どうしても没頭する能力だけがピックアップされますが、実は本筋に戻る力があって初めて没頭に繋がります。


動きと意識の分離

ヴィパッサナー瞑想をすると、普段の生活において如何に自分が動作とは別の事を考えているかがハッキリとわかります。

例えば、

頭を洗いながら、1日の出来事を振り返っていたり。

ご飯を食べながら、テレビを見ていたり。

楽器の練習しながら、今日何を食べようかと考えていたり。

こういった、動きと意識の分離、つまり”心ここに在らず”というクセをヴィパッサナー瞑想で修正していきます。


心ここに在らず

今日(こんにち)の社会では、何かをしながらも別の事に考えを巡らすのが偉いとされているような雰囲気があります。

例えば、電車に乗りながら今日やる仕事の事を考える等。

時間を有益に利用するためのライフハック術だと思うのですが、ヴィパッサナー瞑想的にはこれはアウトなんですね。

電車に乗っているときは、今自分が電車に乗っているその事に集中しましょう。というのがヴィパッサナー瞑想です。

とにかく僕たちは、何かしながら他の事に思いを巡らせる事に慣れてしまっています。

どうやら、その思考の慣れが、演奏中の雑念や緊張を生みやすくしているみたいです。
(とはいえ、歩きながら考え事をしていると、思いがけずいいアイデアが生まれたりもします。なので、最終的にはバランスが大事だと思っています。)


演奏におけるメリット

瞑想に慣れてくると、あらゆる面で効果がバシバシ感じられてきます。

例えば、本番の演奏中は何をどう頑張ってもある一定の雑念は生まれます。

そういうものなんです。

でも、ヴィパッサナー瞑想で訓練をしていると、雑念が生まれてもその雑念に引っ張られないようになります。

引っ張られない分、演奏に集中できるわけですね^_^

さらに、瞑想を習慣化できていると現在(いま)に意識が向いているので、常に頭の中がスッキリしています。

これは雑念や迷いが無い状態です。

なので、いざ練習を始めるときに「今日は何の練習しよっかなー」「面倒だなあ」と感じる事も少なくなりますし、練習そのものも以前より少ない時間で満足のいく的確な練習ができます。

あと意外ですが、睡眠の質が上がる。気がします。

少ない時間でわりとスッキリ目覚められる。気がします。

.....なんだか、宗教の勧誘みたいになってきたな笑

これ以上力説すると、どんどん怪しさを増してきますのでこの辺りにしておきます。


おわりに

本番が近づいてくると、どうしても不安になり練習量が増えてしまいます。
(指を動かしていると安心できるんですよね)

だから、切羽詰まってくればくるほど瞑想する時間を作るのがもったいなく感じるのですが、1日10分でいいので静かな場所で是非瞑想をしてみてください。

意外な効果が得られると思います!

瞑想の効果は体感するのが1番です。

短期間で劇的な効果を求めずに、長い目で見てあげるといいんじゃないかなと思います。


参考書籍

ヴィパッサナー瞑想について興味がある方は、以下の書籍を読んでみると面白いと思います。

◯キャッチーでわかりやすい内容。



◯超本格的な内容だけど、さらに理解が深まります。


この他にも最近はヴィパッサナー瞑想に関するた本がたくさん出てきました。

オススメがあったりしたら是非教えてください^_^

最後までありがとうございます。

それでは!!
無題28




  1. 2019/08/26(月) 13:34:53|
  2. ■レッスン覚書(ギター,ウクレレ)
  3. | コメント:0
<<本番に向けて集中力をアップさせる②読書 | ホーム | 解説でわかる!ソロウクレレ2 PART1-6「 クウレイホク」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する