FC2ブログ

Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたり。逗子 横浜 渋谷 宮崎台。一人でも多くの方に楽器の楽しさを知ってもらえるように奔走中!

⑤メトロノームをどういうタイミングで使ったら良いかわからない。 つい使わないで練習してしまう。

2019.7.6
以前回答していただいたリズムアンケートにおいて、多くいただいた質問や、ご意見に答えていきたいと思います!

※予備知識
•リズムとは、楽譜に書かれている音符で構成されたもの。
•テンポとは、単純に速度の事。
•足で踏んでいるのは拍(広義で拍子)。
•拍子とは音楽のサイクル(周期)の事。


【質問⑤】メトロノームをどういうタイミングで使ったら良いかわからない。 つい使わないで練習してしまう。

練習においてメトロノームを導入するタイミングというのは結構大事です。

僕の場合、基本的には最後に導入します^_^

それでは詳しくみていきましょう!




■メトロノームを使う理由
一般的にメトロノームは、テンポやリズムのクセを修正する為に使用します。
(※特別なリズムトレーニングを除く)

つまり、リズムを取る為にメトロノームを鳴らすわけではないということですね^_^

基本的にリズムの理解はメトロノームを鳴らす前に完了しています!



■メトロノーム導入の順序
以下のような順序でリズムを読み解き、メトロノームは最後にチェック・精査として使用するのがオススメです。

楽譜に書かれたリズムを理解する(言葉で言える、音価を理解している)

足で拍を踏みながら、口で言えたリズムをゆっくり弾けるようにする

メトロノームを導入してチェック、精査する。


上記の流れのポイントは、足で拍を取り、その中にリズムを当てはめられてからメトロノームを導入するという事です。

足が踏めない方は、まず足を踏めるようにしましょう!

※足の踏み方はコチラ!↓
質問①足を踏むのは難しい、踏めない、踏み方がわからない。



■足(身体)で拍を感じながら理解したリズムをメトロノームに当てはめる!
自分の体で拍とリズムの関係が理解できていなと、うまくメトロノームに合わせられないハズです。

を抜きにしてメトロノームでリズムを合わせると、理屈と勘だけになってしまいます。

表面上は合っているように感じるかもしれませんが、根本のリズム理解には繋がっていきません。

ただし、時々メトロノームが「ピッピッピ...」と鳴っていた方が足を踏みやすいという方がいらっしゃいます。

この場合は、”足を踏む為のガイド”としてメトロノームを使うので②③を同時に行うやり方で問題ないと思います。

いずれにしろ、必ず足を踏んでリズムを弾くというのが大事です^_^



■最後に
リズム理解に慣れると、初見の状態からメトロノームをかけて弾くことは可能です。

が、そういう練習方法はほとんどしません^_^;

僕はを省略してを長くやって、そのあとクセを取る意味でを少しやってます^_^

最終的には自分の体の中にリズムが染み付いて、無意識に弾けるようになる事を目指します。

※バンド演奏などで正確な縦ラインが求められる場合、を重点的に練習したり、メトロノームを使用した複雑なリズムトレーニングをする事もあります^_^

最後までありがとうございました!

何かの参考になれば幸いです^_^

無題26



■おまけ
ちなみに僕が使っているメトロノームはコチラ!

残念ながら生産完了してしまっていて、後継機種が出ています。


このタイプの機種のメリットは、音が大きい、音色が選べる、なんかオシャレ(これ大事)。

逆にデメリットは、譜面台に置けない、持ち運べない。

是非、用途にあったメトロノームを見つけてみて下さい^_^



その他の質問はコチラ!!

①足を踏むのは難しい、踏めない、踏み方がわからない。
②曲の途中でリズムが狂う。一定の速さで通して弾けない。
③急な3連符等の登場で、リズムやテンポが狂う。
④メトロノームに合わせたリズムとプロの心地よいリズムが違うような気がする。
⑤メトロノームをどういうタイミングで使ったら良いかわからない。 つい使わないで練習してしまう。










  1. 2019/07/06(土) 20:14:23|
  2. ■レッスン覚書(ギター,ウクレレ)
  3. | コメント:0
<<【番外編】3-02 東京ブギウギ | ホーム | 【Gt.】月光(F.ソル)/小品名曲シリーズ#8>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する