FC2ブログ

Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたり。逗子 横浜 渋谷 宮崎台。一人でも多くの方に楽器の楽しさを知ってもらえるように奔走中!

⑧スペイン修行

2019.4.30 スペイン修行(という名目の旅行)の8日目

男女問わず、スペインに着ていく服は黒を中心にコーディネイトする事をオススメします。

スペイン人はみんな黒が好きなので(公式データなし、個人の感想)、黒を着るだけで一気に現地に馴染みます。

そうする事で、犯罪に遭う確率がめちゃ減ります。(多分)

この情報は『地球の歩き方』に記載しても良いんじゃないかなと思ってます。



■2回目のレッスン
さて、今日はレッスンとマドリードへの移動日なので、朝から大忙しだ。

セビージャのホテル近くには、手ごろなカフェがある。

今朝もそのカフェでカフェ・コン・レチェとチョコパンを買って、朝食をとった。
IMG_1391.jpg

ホテルの近くにお気に入りのカフェが見つかると、それだけで旅の満足度は格段によくなる。

朝食を済ませたら昨日と同じく、20分歩いて音楽院へと向かう。

朝は涼しくて良い。

今日はセビージャ(アルベニス作曲)を見てもらう。

つまりセビージャでセビージャ(アルベニス作曲)を弾くという、いつものミーハーパターンだ。

この曲が個人的には結構苦手で、案の定レッスンでもあまり上手に弾けなかった。

昨日も今日も、具体的には主に以下のような事を言われた。

・歌い手になったつもりで。
・歌い手の性別(人数)を分ける。
・強弱の幅をもっと持つ。
・原則メロディは被らせない。
・ピアノに忠実な編曲を求める。
・どう演奏したいかを良く考える。

日頃から意識している当たり前の(一般的な)事なんだけど、ヘススの演奏と比べると確かに全然足りてない。

完全ノックアウトの状態で、2時間半のレッスンを終えた。

(うーむ。これは日本に戻ってから宿題がたくさんあるぞ。。。)

最後にヘススと記念撮影。
IMG_1461.jpg

これで本格的な修行はおしまい。


■セビージャ最後のバル
明日の飛行機に備え、今日はこの後マドリードに戻る。

電車まで少し時間があったので、音楽院近くの評判の良いバルに出向く。

ここが本当にめちゃ美味しい。
IMG_1455.jpg

IMG_1458.jpg

IMG_1460.jpg

中心街から離れているにもかかわらず店内は大混雑。

美味しいから当然だ。

セビージャを最高の状態で締めくくった。


■マドリードのパエリア
セビージャからマドリードまでは新幹線で2時間半だ。

珍しく列車内は静かで、すこぶる快適な移動だった。

マドリードに到着。
IMG_1164.jpg

初日のマドリードとは気候が全く変わっていて、なんだか1週間前とは別の街に見えた。

天気が良いのは、それだけで正義だ。

マドリードに戻ってきたら、なんだか急にどっと疲れがやってきた。

今回、演奏的な修行はあまりなかったけど、感覚的な部分ですごく得るものがあった。

カタコトのスペイン語を喋ったり、各都市でゆかりのある曲を弾いたり、昼間からカバを飲んだりと、スペインの空気を直接肌で感じられた事は非常に大きい。

と思う。

そういえば、マドリードでパエリアを食べていなかった事を思い出す。

最後の晩餐はパエリアにしよう。

これで3都市のパエリアを制覇する。
IMG_1452.jpg

各都市のパエリアの特徴はこんな感じ。
(公式データなし、個人の感想)

マドリード→ちょっとべちゃべちゃ系。米やわらかい。
グラナダ→パサパサ系。米に芯が残っている。
セビージャ→一番バランスが取れた食感。味濃い。


もちろん食べたお店にもよるので、全く参考にならないと思う。

明日はついに帰国。

本当に密度の濃い8日間だった。

今日はしっかり寝て、飛行機内のテトリスに備えよう。


つづく






  1. 2019/05/08(水) 17:00:46|
  2. スペイン修行2019
  3. | コメント:0
<<⑨スペイン修行 | ホーム | ⑦スペイン修行>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する