FC2ブログ

Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたり。逗子 横浜 渋谷 宮崎台。一人でも多くの方に楽器の楽しさを知ってもらえるように奔走中!

【Gt】C.ヘンツェ 緑の木陰にて/小品名曲シリーズ#5

2019.3.16
3月になり、もうダウンコートはミスマッチな季節になりましたが、暖かいのは雰囲気だけでまだまだ全然寒くて困っています。


■C.ヘンツェの『緑の木陰にて』
今回の小品名曲シリーズはC.ヘンツェの『緑の木陰にて』を弾きました!


C.ヘンツェ(1872-1946)はドイツの作曲家です。

少し前に同じ作曲家のノクターン(夜想曲)という作品を弾きました。

C.ヘンツェはこの2曲が代表作です。

小品ながら非常にメロディアスで人気が高いです


■技術的なポイント
まずは2小節にまたぐフレーズのまとまりを表現する事が、1番大事かと思います!

その為には2小節間を、
少し弱めに弾き始めて、真ん中で盛り上げて、また少し弱く終える
という山型を意識しましょう^_^


■消音
『緑の木陰にて』は消音(ミュート)も中々やっかいです。

全てを表現しようとすると技術的に非常に困難になり、弾けなくなってしまいます。

ですので、あまり神経質になる必要は無いと思っています。

ただ、レッスンではAメロ、偶数小節の伴奏部分(ズチャ、ンチャ)の”ン”だけは必ず表現してもらっています^_^



最後までありがとうございました^_^

これまでの『小品名曲シリーズ』はコチラ!

何かの参考になれば幸いです!


  1. 2019/03/18(月) 08:59:03|
  2. 【Gt】小品名曲シリーズ
  3. | コメント:0
<<解説でわかる!ソロウクレレ2 PART4-8「UNDER THE SEA」 | ホーム | 【Gt】N.コストの舟歌/小品名曲シリーズ#4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する