FC2ブログ

Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたり。逗子 横浜 渋谷 宮崎台。一人でも多くの方に楽器の楽しさを知ってもらえるように奔走中!

【Gt.】サグレラスのマリア・ルイサ/小品名曲シリーズ#3

2019.2.28
なぜ、レストランのメニューは席の数に対して圧倒的に少ないのか気になって仕方ありません。

■サグレラスのマリア・ルイサ
今回の小品名曲シリーズはJ.S.サグレラスのマリア・ルイサ(マズルカ)を弾きました!


J.S.サグレラス(1879-1942)はアルゼンチンの作曲家です。

マリア・ルイサとは女性の名前です。

マズルカというポーランドの舞曲形式の中で流れる、エキゾチックな旋律がカッコいいです。


■技術的なポイント
低音のミュートや、シンコペーションのアクセントなど挙げればキリがない程、たくさんの技術ポイントがあります。

が、その中でも僕が生徒さんに特にアドバイスするのは伴奏部分の処理です。

伴奏をメロディより弱くするのは当然ですが、少しスタッカート気味に弾きます。

そうする事で、舞曲らしさが生まれます。

もう1点、12フレットE音のビブラートも必須です。

ビブラート等の本格的な表現力が必要になってくるのも、マリア・ルイサの特徴です^_^


■別バージョン
実は、マリア・ルイサにはもう一つ譜面があります。

日本では今回弾いた譜面が主流ですが、海外では別バージョンで弾かれていることが多いみたいです。

そのあたりも近いうちにご紹介できたらなと思います。

これがまたカッコイイんです!!



最後までありがとうございました^_^

これまでの『小品名曲シリーズ』はコチラ!

何かの参考になれば幸いです!





  1. 2019/02/28(木) 08:55:35|
  2. 【Gt】小品名曲シリーズ
  3. | コメント:0
<<ギターアンサンブル講座スタート!! | ホーム | 青は記憶力を高める※諸説あります>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する