FC2ブログ

Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたり。逗子 横浜 渋谷 宮崎台。一人でも多くの方に楽器の楽しさを知ってもらえるように奔走中!

映画と演奏⑩『時計仕掛けのオレンジ』より”ベートーヴェン第9の行進曲”

2018.12.31
第10回『時計仕掛けのオレンジ』より"交響曲第9番より行進曲"


久しぶりの映画更新です^_^
第10回目は『時計仕掛けのオレンジ』から"交響曲第9番より行進曲" を紹介します。



スタンリー・キュブリック監督の1972年の映画。

めちゃバイオレンス作品なので、ここで紹介するのをためらうのですが、
年末で第9を弾きたいので紹介しちゃいます笑

ブログを見てくれている方も「佐藤さん、時計仕掛けのオレンジ見ましたよ!」とは話し掛けにくい内容です。

鑑賞はあまりオススメしないです笑



【超あらすじ】
舞台は近未来のロンドン。

ベートーヴェンをこよなく愛する15歳のアレックスをリーダーとする少年4人組“ドルーグ”は、日々様々な暴力行為(ウルトラヴァイオレンス)を行い自身の欲求を晴らしていた。

ある日、強盗に出向いた先でアレックスは仲間の裏切りによって1人、殺人罪で逮捕されてしまう。

14年の刑期を言い渡されたアレックスは早期出所の為、暴力行為や今までの嗜好に嫌悪感を覚える”ルドヴィコ療法”の被験者に志願して出所する。

治療により”まとも”な人間として更生して出所したのだが、過去に起こした数々の暴挙の因果が彼を取り巻く....



【曲のシーン】
"交響曲第9番より行進曲"が最初にかかるのは映画の序盤、アレックスが1人でレコードショップに繰り出し女の子をナンパするシーンです。

スク57

ここで使われる第九はオーケストラではなく、ヴォコーダーと言われるシンセサイザーでアレンジされているものです。

YouTubeの参考音源はコチラ!

このアレンジが映画の世界観に非常にマッチしていて良いんです。

クラシックにデジタルをぶつけてきた事に痺れます。



【演奏】


ベートーベンの第9ですが、今回はあの有名な”歓喜の歌”ではなく”行進曲”です。

この曲は第4楽章の真ん中あたりに登場します。

僕は学生の頃、合唱で第九に参加した事があるのですが、その際初めてこの行進曲を聞いて一発で虜になりました。

というのも、この行進曲が登場するまで合唱隊は長時間(ほんとに長い!)待たされるのですが、この行進曲のキャッチーさが長時間待たされていた疲れを見事に癒してくれるんです。

まさに飴と鞭。

第九の飴と鞭作戦?により、合唱に参加する誰もがすっかりこの曲を好きになってしまうハズです。(多分)

いわば洗脳です。

原曲ではテノールの力強い歌唱とトライアングル入りのちょっとユニークなオケが特徴的な曲です。

今回は原曲のオーケストラではなく、映画のヴォコーダーによるアレンジの可愛さを意識してウクレレで弾いてみました^_^



【まとめ】
■ナッドサット言葉
『時計仕掛けのオレンジ』はとにかく色々と問題作です。

その一つがナッドサット言葉と呼ばれる作品独自の造語があります。

例えば「ガリバー痛がする」なんていうセリフが登場します。

これは「頭痛がする」という意味になるのですが、こんな感じの謎の造語がわんさか出てきます。

観た当時、学生だった僕はこのナッドサット言葉を友達と学校で言ったりして楽しんでいましたが、
今思えばかなりイタイですね笑

造語って、中二病の男子にはたまらないと思います。

■インテリア
この映画はすごくヴァイオレンス(R15)なので、社会人になってから見ると中々不愉快になると思います。

そんな方でも楽しめる方法が一つあります。

それは劇中に登場するインテリア

映画の舞台が近未来なので、劇中で使われているインテリアもそれに合わせてデザインしたと思うのですが、これが斬新でカッコイイんです。

33_201901011729243af.png

1972年の映画ですが使われているデザインは今見ても楽しいし、この映画に影響されて造られた商品もすごく多いように思います。

まあ、それでも鑑賞はオススメしないです笑

それでは^_^



これまでの連載↓
映画と演奏まとめ



  1. 2018/12/31(月) 17:40:29|
  2. ■映画と演奏season1
  3. | コメント:0
<<12,800円(amazon価格)のウクレレ【AQUA-002】① | ホーム | 解説でわかる!ソロウクレレ2 PART1-2「もろびとこぞりて」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する