FC2ブログ

Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたり。逗子 横浜 渋谷 宮崎台。一人でも多くの方に楽器の楽しさを知ってもらえるように奔走中!

【楽譜付き】ウクレレでクリスマスの歌(バリオス)

2018.12.25

今年もクラシックギターで有名なクリスマスキャロルをウクレレ用にアレンジしました!

(ちなみに昨年は『聖母の御子』でした。楽譜等はコチラ!)

今年の曲はパラグアイの作曲家A.バリオス.マンゴレ『クリスマスの歌』です。



難易度的には中ー上級くらいでしょうか。

昨年の『聖母の御子』よりは難しいと思います^_^;



□バリオスと曲のタイトル
バリオスは現地でお札の顔に使用されていたりと有名人です。

ギターでもかなりの数の作品があります。

今回の『クリスマスの歌』はスペイン語で"Villancico de Navidad"というタイトル。

Villancicoは歌(キャロル)、Navidadはクリスマスという意味です。

ちなみにスペイン語でメリークリスマス!は¡Feliz Navidad!と言います。

先日の逗子教会のコンサートプレゼントしたCDのタイトルにもなっています^_^

IMG_0539.jpg



□構成
構成は全部で四つとなっていて、以下の進行になります。

Ⓐ→Ⓑ→Ⓒ→Ⓓ→Ⓑ→Ending

Ⓓセクションは転調してマイナー(短調)になります。

このマイナーセクションがクリスマスキャロルではちょっと珍しく、数多くのクリスマスキャロルと大きく一線を画す内容となっています。

そしてこのマイナー部分のおかげで、曲にストーリー性が生まれています。



□ストーリー
こちらの『クリスマスの歌』『聖母の御子』と違い、原曲に歌詞が付いていません。

加えて、作曲の意図も詳しく明らかにされていないので、この曲にどういった意味合いがあるのかは推測になってしまいます。

一般的には”キリストの誕生に対する喜び””大きな運命を背負って生きる事への憂い”(Ⓓセクション)が感じ取れるように思います。

ただ、全部で4つのセクションに構成されてている本曲は、映画のようにストーリーを立てやすい内容となっています。

主観になってしまいますが、自分なりのストーリーを組み立てて弾くのもおもしろいと思います。

ちなみに僕はこの曲を聴くと映画『スモーク』を思い出します。





□楽譜

この曲はすでに著作権切れですので、アレンジした楽譜をダウンロードできます!

PDFダウンロードはコチラ!!

僕の教則本同様、運指やセーハマークなども付けました!

(運指を打ち込む作業が地味にもの凄くツラかったです笑)

もちろんメロディにも色をつけています!(薄い青)

ぜひ、楽しんでみてください^_^

1225.jpg 12251.jpg 12252.jpg




□後記
「いやいやいや、25日に配布されても練習できないやん!」

と思われた方。

全くの正論です。

ホントすみません!!

練習が間に合わない方はメロディだけ楽しんだり、一部分だけ弾いたり、あとは来年用にお見知りおきいただければ幸いです^^;

去年の『聖母の御子』も嬉しい事に、今年の方がたくさん弾いていただいてます!

(こちらも配布したのはクリスマス・イブ(24日)だったので-_-)

来年この企画やるときはもう少し早めを心がけたいと思います!笑

どうか怒らないで^_^;

ちなみに僕がYouTubeにアップロードした他のバリオス作品は以下です。(クラシックギター演奏)

・フリア フロリダ

・最後のトレモロ

・大聖堂


こちらもご覧頂けたら嬉しいです!

それでは、よいクリスマスを!
(僕は、めちゃ飲んでます!)


  1. 2018/12/25(火) 02:07:36|
  2. ■ウクレレ全般
  3. | コメント:0
<<解説でわかる!ソロウクレレ2 スタート!PART1-1「ちょうちょう」 | ホーム | 解説でわかる!ソロウクレレPART1-4「きよしこの夜」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する