FC2ブログ

Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたり。逗子 横浜 渋谷 宮崎台。一人でも多くの方に楽器の楽しさを知ってもらえるように奔走中!

週末ギタリストへの道 その④


長い本を数回に分けて読んでいて登場人物が増えてくると
「あれ、この人前に出てきたっけ?」となったりしませんか?
僕はわりと良くあります。特に海外作品。
ちなみに以前、ブックオフでアガサクリスティの「そして誰もいなくなった」を購入したのですが
登場人物欄の数人に小さく、”X(バツ)印”が付けられていたのには愕然としました。
まあ、おかげさまで読み始める前から登場人物の精査ができましたが。

本題へ。

【譜読みは効率よく!スキマ時間をうまく利用する。】
新しい曲に取り組む時、譜読み(音拾い)はなるべく一定期間集中して早めに終わらせたいものです。
だらだらしていると最後の方まで来た時に、最初を忘れていたりとなかなか頭に入ってきません。

簡単な曲であれば何となく最初からポツポツ弾いていれば覚えられたり、最後まで音出しができると思います。
しかし、曲が難しく長くなってきたり、忙しい人で平日は出勤前の15分とかしか余裕が無い場合は
譜読みのやり方を工夫しないと変に時間がかかってしまいます。
以下、箇条書きですが参考にしてみてください。

ーーーーーーーー
•平日15分くらいしか練習時間が無い場合は最初から最後まで弾こうとせずに細かく区切って(1日1段など)、
その区切った内容を徹底的に理解しましょう!読譜力がある方は1ページくらいやってもいいかもしれません。

•上記の理解したものは週末に見ても思い出せるように楽譜に徹底的にメモしましょう!難しい和音であればダイアグラムを書いておくなど。

•今、練習中の曲がCDなどであれば通勤通学で聞いて耳からも覚えましょう!
そして聞きながら練習中の注意点を思い出しましょう!CDのテンポが速ければ速度を落とすアプリもあります。
もしくは教室で先生に弾いてもらい録音しましょう!

•練習した所を記憶に定着させる為、通勤通学で少し楽譜を見て練習中に発見した注意点を思い出しましょう!
4〜8小節程度であればスマホのカメラで撮影したものでも良いかも知れません。

•時間がかかりそうな苦手フレーズはとにかく優先して暗譜しましょう!楽譜も出さずにTVCM中などのスキマ時間に弾けるようにしておくと何かと便利です。

•週末の時間があるときは繋げて弾いたり、最後まで弾いてみたりしましょう!

ーーーーーーーーー

1日1段なんて、、と思うかも知れませんが、何となく惰性で最初からちょっとずつ弾くより、
深く理解しながら1段ずつ足した方が効率はいいです!

音拾いが終わらない事には、落ち着いて技術練習にも移れないので音拾いはなるべく早く終わらせましょう!
通勤通学の時間を上手く利用するとグンと早くなりますよ。

それでは!
CCI00002_20150628122406fe2.jpg






  1. 2015/06/29(月) 12:47:16|
  2. ■クラシックギター全般
  3. | コメント:0
<<週末ギタリストへの道 最終回 | ホーム | 週末ギタリストへの道 その③>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する