FC2ブログ

Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたり。逗子 横浜 渋谷 宮崎台。一人でも多くの方に楽器の楽しさを知ってもらえるように奔走中!

【番外編】2-07 リベルタンゴ

2019.1.31

お久しぶりです!
前回のジャカソロ番外編から、だいぶ空いてしまった...

今回はリクエストをいただいたリベルタンゴを解説しました!


【番外編】ジャカソロを誰でも弾けるようになる本
2-07 リベルタンゴ


今回のリベルタンゴも長尺となっています。スミマセン!
(YouTube内、概要欄の分数をクリックしていただくと、各セクションにジャンプできます^_^)

次回からはもう少しコンパクトにまとめます!
(と、前回も言ってました^_^;)



■主な内容

リベルタンゴでは初めてサム・アップ・ストロークが登場しました!

本誌ではP.78-79の解説ページにも詳細が掲載されていますが、
動画でさらにわかりやすく解説していますので参考になれば幸いです^_^

動画最後の”おまけ”でも取り上げていますが、
サム・アップ・ストロークを導入するのが難しく感じる場合、
まずは好きなコードを1つ抜き出してサム・アップ・ストロークだけを練習してみて下さい。

その練習と並行して、曲の中では普通のストローク(人差し指)で読譜していきます。

その後、少しずつサム・アップ・ストロークを導入していきましょう!

サム・アップ・ストロークの練習と、曲の読譜を分けて考えるのがポイントです^_^



▫️これまでの再生リストはコチラ!

▫️ブログ内のメニューからもまとめてご覧いただけます!コチラ!

楽しんでいただけたら幸いです!





現状、本誌連動した番外編の動画連載がありあます↓

□連載中!!
【番外編】ジャカソロを誰でも弾けるようになる本
解説でわかるソロウクレレ

・解説でわかるソロウクレレ2


□連載終了

【番外編】定番曲を弾きながらウクレレがグングンうまくなる本

お手持ちの本で是非楽しんでいただけたら嬉しいです。

購入していただいた本のアフターフォローをめちゃめちゃする著者を目指します。

それでは!



  1. 2019/01/31(木) 13:30:52|
  2. 【番外編】ジャカソロを誰でも弾けるようになる本
  3. | コメント:0

12,800円(amazon価格)のウクレレ【AQUA-002】②

2019.1.28
前回の続き^_^

今回は実際の演奏でAQUA-002の気になる音をチェックしていきます!




■弦

弦を交換する前と、交換した後の2種類を弾き比べました。

交換前はアクイラのスーパーナイルガット。
IMG_9765.jpg


安いウクレレによくある謎弦ではないです笑

交換後はアストリアスの黒弦です。




■演奏曲
音色のバランスや弦の差がわかりやすいように、雰囲気の違う3曲をダイジェストで弾きました^_^

①アロハオエ
②主よ人の望みの喜びを
③クレイジーG


各曲、以下のような趣旨でセレクトしました!

①でウクレレの基本的なバランス
②で単音の響き
③コード弾きのバランス




■動画

それでは早速どうぞ^_^



はじめに 0:00
付属の弦で3曲 1:19
アストリアスのブラックナイロン 3:23
おわり 5:20



■感想
いかがだったでしょうか?!

今回は弦交換しなくても良いかなと思いました。

ブラックナイロンの方が音色にキレが出たのですが、
音の伸びがイマイチな感じで弾きにくくなりました。

にしても1万円ちょっとで、このレベルのウクレレが手に入るのがビックリですね。

サイズやネックの握りを考慮すると、入門者の方というよりは2本目のウクレレとしてオススメしたいですね。

ケースも可愛い。
558358416.jpg
僕はこのケースでハワイに行きました笑



余談ですが、
最近さらにワンランク上のDCTというメーカーのDUT-150Kという20,000円ほどのウクレレを購入しました!



Twitterで一つ動画をあげましたが、こちらもすごく良いですよ^_^




近いうちに紹介します!

最後までありがとうございました〜


  1. 2019/01/28(月) 10:05:51|
  2. ■楽器、機材、道具
  3. | コメント:0

12,800円(amazon価格)のウクレレ【AQUA-002】①

2019.1.27

去年の9月にハワイ旅行に持っていったウクレレ、
AQUA-002について徹底解説していきたいと思います^_^

amazonだと大体12,000円強で購入できるウクレレです。


なので、値段的には入門用クラスでしょうか。

でもこれが中々良いんです!



僕は外で乱暴に弾ける、気兼ねなく弾けるアウトドア用ウクレレとして購入しました。

(今は渋谷教室の備品として活躍してくれてます)

まずはハワイの炎天下で演奏した当時のTwitterをご覧ください↓










どうですか?
僕の浮かれ具合はさて置き、結構ちゃんと鳴ってますよね!

以前、このブログでも取り上げた1,500円のフライングタイガーウクレレとは比べ物にならないくらい実用的です。笑

それではスペックを見ていきましょう^_^



■ボディ
まずサイズはコンサートサイズです。
IMG_0458.jpg

ただ一般的なコンサートサイズより、お尻部分が結構膨らんでいます。

ベルシェイプとまではいかないですが、手が小さい人にはちょっと注意が必要かも。

その代わり、この膨らみのおかげで音量は良くなります!

表面板も横裏もマホガニーです。
IMG_0462.jpg

IMG_0464.jpg

もちろん合板ですが、マホガニー特有の優しい音がします^_^



■ブリッジ
ブリッジはローズウッド
IMG_0463.jpg

弦を直接ブリッジに結ぶタイプなのが嬉しい。



■ネック
ネックはマホガニーです。

IMG_0467.jpg

フライングタイガーALLプラスチックだったので、
木がふんだんに使われているだけでも感激です。

安いウクレレを触ってて思ったのですが、往々にしてネックが太いです!

このネックの”かまぼこ具合”を調整するのって難しいのかな。

3万円付近のウクレレと比較して結構気になります。

初心者にはちょっとオススメしにくくなるポイントです^_^;



■指板
指板はローズウッドです。
IMG_0460.jpg

実はこのウクレレで僕が一番気に入ってるのが、この指板。

指板にうっすら木目のムラがあるの見えますか?

その木目のムラが、海岸から見た朝焼けの景色っぽく見えませんか?

見えますよね?

この際、夕焼けでもいいんですが見えますよね?!笑

ちなみにネックジョイントは14フレットです。

オクターブチューニングは許容範囲です。



■ヘッド
ヘッドも洒落てて、なんとAQUAの彫刻入り!
IMG_0459.jpg

ペグはしっかりギアペグ。この辺りも嬉しいスペック。
IMG_0465.jpg



■まとめr
フライングタイガーと比べると、かなりウクレレしてます。

なので、おもしろさに欠けるのが少し寂しいところですが、
次回動画で音の検証をしていきたいと思います!

さらに弦も張り替えて、ポテンシャルをガンガン引き出していきたいと思います!

つづきはコチラ!!

最後までありがとうございました^_^
  1. 2019/01/27(日) 20:39:06|
  2. ■楽器、機材、道具
  3. | コメント:0