FC2ブログ

Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたり。逗子 横浜 渋谷 宮崎台。一人でも多くの方に楽器の楽しさを知ってもらえるように奔走中!

【Gt.】フェレールのタンゴno.3/小品名曲シリーズ#10

2020.4.5
お米と味道楽さえあれば、究極なんとかなるんじゃないかなと思ってます。




■フェレールの『タンゴNo.3』
さて、久しぶりの小品名曲シリーズ。
今回はJ,フェレールの『タンゴNo.3』を弾きました!

ホセ.フェレール(1835-1916)はスペインの作曲家、ギタリスト。

初級〜中級者向けで、舞曲系の作品がよく知られています。




■4つのタンゴ
フェレールにはこの他にも有名なタンゴが3つあり、それらを全てまとめて『4つのタンゴ』として知られています。

この『4つのタンゴ』は、それぞれ作品番号の異なるタンゴを便宜的にまとめたもののようです。

このまとめ方が世界共通なのかは、ちょっとわかりませんが以下の楽譜に収録されています。





■技術的なポイント
付点と3連符のリズムの弾きわけが大事です。

あと、装飾音も華やかに弾きたいですね。

順序立ててギターを学んできて『タンゴNo.3』に辿り着いた人は、もしかしたら重音の装飾音自体が初めてかも知れません。

装飾音によってリズムが崩れないようにしましょう^_^




■余談
なんと、フェレールと同じ名前のワインがあります!

ギター仲間が集まる場に、ひとつネタとして購入するのも面白いかも知れません。



どんな味がするのか、気になる...




最後までありがとうございました^_^

これまでの『小品名曲シリーズ』はコチラ!

何かの参考になれば幸いです!


  1. 2020/04/05(日) 23:41:45|
  2. 【Gt】小品名曲シリーズ
  3. | コメント:1

【Gt.】鐘の響き(ショーロ)【動画】

2020.4.2
コーヒーをドリップする際のペーパーフィルターは折って使用する事を最近知りました。奥が深すぎます、コーヒー。
11.png


鐘の響き(ショーロ)

久しぶりに、ギターの動画をアップしました!!

今回はJ.ペルナンブーコ(1883-1947)の『鐘の響き(ショーロ)』という曲です。



J.ペルナンブーコ

作曲家のJ.ペルナンブーコはブラジルのギタリストでショーロの名手でもありました。

クラシックギターのレパートリーとしては、この『鐘の響き』が抜きん出て有名です。

むしろ、この『鐘の響き』以外はあまり知られていない印象です。(日本だけかな?)

ペルナンブーコの他の曲という事では、ギタリストの大萩康二さんが『グラウナ』という曲を2001年にレコーディングされていたりします。


『グラウナ』も南米感たっぷりで、カッコいいです^_^


ショーロ

『鐘の響き』はショーロというブラジル音楽の形式で作られています。
(※詳しい事はwikipediaを是非)

この曲はA-Bの二部形式です。

スタートの(A)セクションがDメジャーキーで、後半の(B)セクションがGメジャーキー(下属調)になっています。


アレンジ

本来、ショーロはアドリブ(即興)を入れて弾かれる事が多い音楽です。

YouTubeを見てると名手がたくさんいてビックリします。

そんな中『鐘の響き』は即興では無く、しっかりと細部まで楽譜に書き起こされているので、クラシック系のギタリストがブラジル音楽に触れる為のとても良い材料です。
(出版社によって微妙な音の差異はありますが。)

今回、僕は一般的に流通している楽譜を参考にしながらも、ショーロの特徴である即興的な音を加えてアレンジしました!

是非、その辺りも楽しんでいただけたら嬉しいです。

元の譜面は以下の楽譜に収録されています^_^





最後までありがとうございました!

久しぶりのギター動画となりましたが、細く長く続けていきますので見守っていただけたら嬉しいです。

感想も是非^_^



  1. 2020/04/02(木) 18:35:08|
  2. ■クラシックギター全般
  3. | コメント:0

【Gt.】ラ・パロマ(鳩)【動画】

2020.1.1
あけましておめでとうございます!!
昨年のクリスマス付近からスパークリングワイン日本酒のスパイラルが続き、元日も朝から日本酒です。
もう社会復帰できないかも。
今年もどうぞよろしくお願いいたします^_^


ラ・パロマ

飲み続けていながらも、新年早々ギターで1曲撮影しました!!

F.タレガ編曲の、ラ・パロマ(La Paloma)という曲です^_^





パロマとは、スペイン語での意味です。
(※ちなみに”La”は冠詞です。)

は平和の象徴ですので、新年にピッタリなんじゃないかなと思いセレクトしました。

よく晴れた元日の朝に外で弾いたら気持ちいいだろうなと思いつつも、寒すぎて決してそんな日は訪れないと諦めています。

ちなみに平和の象徴というのは、どうやら旧約聖書に基づいているらしく、それに因んで昨年の逗子教会コンサートでも初めて弾きました。

スク947


イラディエル作曲

ギター用に編曲したのはF.タレガですが、もともとの作曲家はS.イラディエルです。

イラディエルはスペイン出身ですが、とりわけハバネラ(キューバの民族舞曲)というジャンルの作曲家として有名です。

イラディエルのハバネラにビゼーが影響され、自作曲のカルメンにハバネラのリズムを用いました^_^


変更点

F.タレガの編曲した楽譜を参考に弾きましたが、所々変更しました。

★主な変更点
・イントロを加える。
・前半に繰り返しを増やす。
・一部、装飾音を増やす。
・装飾音はバイオリンで演奏されているニュアンスに。


最近、南米系の曲に少し手を加えるのにハマってます^_^




最後までありがとうございました!

久しぶりのギター動画となりましたが、細く長く続けていきますので見守っていただけたら嬉しいです。

感想も是非^_^



  1. 2020/01/01(水) 19:49:58|
  2. ■クラシックギター全般
  3. | コメント:0

【満員御礼!】逗子教会ギターコンサートvol.5

2019.12.10

逗子教会クラシックギターコンサートvol.5が大盛況で無事終了しました!

お越しいただい皆様、本当にありがとうございました!
IMG_0386.jpg


今年は120名!のお客様に逗子教会 × クラシックギター(生音)の組み合わせを聴いてもらえて幸せでした。

逗子教会は生音で弾く(聴く)には本当に丁度いい規模で、お客様にも満足して帰っていただけました^_^

空間があれ以上広いと音が届かず、かといって狭くなると距離感の問題で弾きにくくなったりします。

逗子教会は本当にギターにピッタリ!という感じです。

アンケートもたくさん書いていただきありがとうございます!

なんと9割以上戻ってきました^_^
IMG_2078.jpg

もちろん全て読ませていただきました!

めちゃめちゃ参考になります。

差し入れもたくさんいただき、本当にありがとうございます!

今、我が家はお菓子とお酒で溢れかえっていて幸せです。


誕生日

当日は僕の誕生日ということもあり、コンサートのタイトルを『BIRTH』としました。

誕生日を意識して、チラシやプログラムのデザインに鳩(鳥)を飛ばしてもらいました笑
IMG_0395.jpg

IMG_0398.jpg


当日のプログラム

誕生日なので、当初自分の"これまで"を振り返ったプログラムにしようかなとも思ったのですが、振り返るよりも前に進みたいなと思い、今後自分がやっていきたいスタイルに関わる曲目を半分選びました。

今後自分が取り入れたいスタイルは主に2つ。

1,外で弾く
2,即興的な部分を取り入れる

この2つの要素を含んだ曲でプログラムの半分を構成しました。

残り半分は、やはり教会で弾くという意味をもたせて、教会に関わりがありそうな曲を選びました。

それで完成したプログラムは以下のような感じ。
■第一部<教会によせて>
1.大聖堂(A.バリオス)
2.ラ・パロマ(S.イラディエル)
3.アメリアの遺言(カタルーニャ民謡)
4.聖母の御子(カタルーニャ民謡)
5.蘇州夜曲(服部 良一)
6.禁じられた遊び(A.ルビーラ)
7.カヴァティーナ(S.マイヤーズ)
8.エレジー(J.K.メルツ)

■第二部<これから>
9.サンバースト(A.ヨーク)
10.無垢なる夏(佐藤 雅也)
11.鐘の響き(J.ペルナンブーコ)(自編)
12.フリア・フロリダ(A.バリオス)
13.コユンババ(C.ドメニコーニ)



作曲

今回、初めてプログラムに自作曲を組み込んでみました。

プログラム内のno.10『無垢なる夏』というのがそれです。

といっても、演奏中は偽名を使って僕が作った事がわからないようにしました^_^;

その方が変な先入観なく聴けるんじゃないかなと思って。

プログラムが終わった後のアンコール時にネタバラシ。

本当はネタバラシ後、YouTubeで聴けるようになっていると最高の演出だったんですが、残念ながら動画撮影が間に合いませんでした、、、、スミマセン。

アンケートにも僕が作った事を知った上で、もう一回聞きたかったと言われました。

まったくその通りだなと反省。


動画

当日の動画の抜粋をTwitterFaceBookにあげていく予定です!

1曲まるまるをYouTubeにアップするのではなく、教会や演奏の雰囲気が味わえる断片をちょこちょこアップしていきますのでチェックしていただけたら嬉しいです^_^


今後

今後は先ほど挙げた、

1,外で弾く
2,即興的な部分を取り入れる

という2つの要素を積極的に取り入れていて、

"生活と密着した音楽や演奏"を追求していきたいと考えています。

さらに、今回の『無垢なる夏』のように自作曲も増やしていきたいと思っています!

勉強することがたくさんあって楽しみです^_^

もちろん、来年も逗子教会コンサートを開催する予定です!

逗子教会はいわばホームで、みんなが温かく見守って応援してくれて本当に感謝です。

それに甘んじることなく、挑戦し続けて、来年また少しでも成長した姿を見てもらいたいと思っています。

お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました!


IMG_2050.jpg



  1. 2019/12/10(火) 13:57:13|
  2. ■クラシックギター全般
  3. | コメント:2

【3日前】逗子教会は5丁目です!

2019.12.3
逗子教会コンサートの練習に集中していて、すっかり色々と更新が滞ってしまいました。いけませんね。^_^;

僕はちゃんと元気に生きてます。

(シングルタスク脳なので、大きい案件があるとどうしても他の作業が偏ってしまうのが悩み。)

ウクレレ関係の更新、いつも楽しみにしてくださってる方、ありがとうございます!

コンサートが終わるまで、もう少しお待ち下さい!スミマセン

チケットもおかげ様で順調で、安心して演奏できそうです。

本当にありがとうございます!


逗子5丁目、新逗子から30秒!

さて、いよいよ3日後にせまった逗子教会コンサートですが、
毎年100人に1人が別の教会に出向いてしまいます。

というのも、逗子には"逗子教会"という名前の教会が2つあるんです。

スクリー855


僕がコンサートをやらせていただく逗子教会の正式名称は、
『日本キリスト教団 逗子教会』です。

住所は、
〒249-0006
逗子市逗子5丁目12-15

『5丁目』です!

京急を使って、新逗子駅の南口で降りていただければ30秒で到着します!

(逆に近すぎて、信じてもらえないとHPで牧師さんも嘆いてます笑)

迷わずご来場される事を祈っています^_^

今年は当日券もありますので是非!

1206.jpg

ご予約はコチラ!


  1. 2019/12/03(火) 16:23:11|
  2. ■クラシックギター全般
  3. | コメント:0
次のページ