FC2ブログ

Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたり。逗子 横浜 渋谷 宮崎台。一人でも多くの方に楽器の楽しさを知ってもらえるように奔走中!

青は記憶力を高める※諸説あります

2019.2.27

前回、フリクションの消せる蛍光マーカー(ソフトカラー)を紹介しました。
記事はコチラ!

メロディ→伴奏→ソロの3ステップ方式でソロウクレレを誰でも弾けるようになる本(CD2枚付) (リットーミュージック・ムック)』のコラムでも紹介していますが、3色ボールペンタイプもオススメです!


IMG_0834.jpg

当時のコラムでは「青は使わないですね(笑)」だなんて言っていますが、現在は青色をガシガシ使ってます!スミマセン...

やっと、青の重要性に気がつきました。

ピカソにも”青の時代”がありますし、フリーダ・カーロにも有名な”青の家”があります。

2019022712114048d.jpeg

今日はそんな青について。


■今では青が1軍
現在使用頻度ランキングは、

1.青
2.赤
3.黒

となっております!

というのも数年前TVで、「赤より青の方が記憶に残りやすい」と有識者の方がおしゃっていたのです。

その話を聞いてから、青が1軍に昇格しました(笑)

ただ、これに関しては諸説あるみたいです!

NAVERのまとめにもありました↓
https://matome.naver.jp/odai/2135734449687315301


■色の使い分け
もちろん、赤もよく使います!

赤は青よりインクが薄いので、楽譜の上に直接書いても元の楽譜が見えるのが強みです。

なので、書く内容によって使い分けてます。

→運指の修正、注意書き等
→音楽表現(クレッシェンド)など書き込み、楽譜の上に被る書き込み。

参考例↓
IMG_0836.jpg

でも実際は、ある程度直感に頼って使っていて、結構適当です。。。


■感覚は人それぞれ
色から受ける印象って、結局は人それぞれ。

青が癒しだ。とか、赤は目立つ。とかって、あんまりアテにならないですよね。

何れにしても、楽譜があまりカラフルになりすぎないように気を付けましょう!

学生時代、ノートをキレイに書くのが好きだった人は要注意です笑

それでは!

無題7



  1. 2019/02/27(水) 09:54:27|
  2. ■楽器、機材、道具
  3. | コメント:0

消せる蛍光ペン(フリクション)

2019.2.25

ソロウクレレのレッスンをしていると、メロディの位置がわかっていなまま練習している方が時々いらっしゃいます(´・_・`)

そういう方には、まずメロディの箇所にチェックを入れてもらう作業をやってもらいます!

そんな時、大活躍なのがフリクションの消せる蛍光ペン(ソフトカラー)です。↓

          

このペンで楽譜のメロディラインを塗っていきます!

IMG_0803.jpg

このペンの良い所は、
「あ、ここメロディじゃなかった!」と間違っても(他のフリクション同様)消せる点です。
(意外とやってしまうんですよね...)

蛍光ペンが消せるなんてなんか不思議な感じですが、消せるんです!すごいですよね。


■ソフトカラー
ちなみに、このペンは普通の色タイプと薄い色(ソフトカラー)タイプの2種類があります。

普通の色タイプだと下の楽譜が見えにくくなったり、
紙がふやけたりして破れる可能性があるかもしれないのでソフトカラータイプをオススメしています!

色はオレンジやピンクなどもあります^_^
(色によっては白黒コピーした時に、写らない色があります。)


■余談
ちなみに著書、『定番曲を弾きながらウクレレがグングンうまくなる本 弾き語りからソロウクレレまで 30曲で30種類のテクニックが身に付く(CD付) (リットーミュージック・ムック)』と
ジャカソロを誰でも弾けるようになる本 ウクレレの人気奏法を定番20曲でたっぷり解説しました! (CD付) (リットーミュージック・ムック)』ではソロウクレレのメロディ箇所に色を敷いてあります!

IMG_9301.jpg
(コレ、以前からの夢でした!編集者の方に大感謝。)


メロディ→伴奏→ソロの3ステップ方式でソロウクレレを誰でも弾けるようになる本(CD2枚付) (リットーミュージック・ムック)』では色を敷いていないのですが、メロディパートが掲載されています。

メロディパートと照らし合わせて、このペンでメロディを色付すると練習も1.5倍楽しくなります。


ソロウクレレを学ぶ方は、ぜひ1本手に入れてみてください!

最後までありがとうございました^_^

無題6-1




  1. 2019/02/25(月) 17:45:48|
  2. ■楽器、機材、道具
  3. | コメント:0

12,800円(amazon価格)のウクレレ【AQUA-002】②

2019.1.28
前回の続き^_^

今回は実際の演奏でAQUA-002の気になる音をチェックしていきます!




■弦

弦を交換する前と、交換した後の2種類を弾き比べました。

交換前はアクイラのスーパーナイルガット。
IMG_9765.jpg


安いウクレレによくある謎弦ではないです笑

交換後はアストリアスの黒弦です。




■演奏曲
音色のバランスや弦の差がわかりやすいように、雰囲気の違う3曲をダイジェストで弾きました^_^

①アロハオエ
②主よ人の望みの喜びを
③クレイジーG


各曲、以下のような趣旨でセレクトしました!

①でウクレレの基本的なバランス
②で単音の響き
③コード弾きのバランス




■動画

それでは早速どうぞ^_^



はじめに 0:00
付属の弦で3曲 1:19
アストリアスのブラックナイロン 3:23
おわり 5:20



■感想
いかがだったでしょうか?!

今回は弦交換しなくても良いかなと思いました。

ブラックナイロンの方が音色にキレが出たのですが、
音の伸びがイマイチな感じで弾きにくくなりました。

にしても1万円ちょっとで、このレベルのウクレレが手に入るのがビックリですね。

サイズやネックの握りを考慮すると、入門者の方というよりは2本目のウクレレとしてオススメしたいですね。

ケースも可愛い。
558358416.jpg
僕はこのケースでハワイに行きました笑



余談ですが、
最近さらにワンランク上のDCTというメーカーのDUT-150Kという20,000円ほどのウクレレを購入しました!



Twitterで一つ動画をあげましたが、こちらもすごく良いですよ^_^




近いうちに紹介します!

最後までありがとうございました〜


  1. 2019/01/28(月) 10:05:51|
  2. ■楽器、機材、道具
  3. | コメント:0

12,800円(amazon価格)のウクレレ【AQUA-002】①

2019.1.27

去年の9月にハワイ旅行に持っていったウクレレ、
AQUA-002について徹底解説していきたいと思います^_^

amazonだと大体12,000円強で購入できるウクレレです。


なので、値段的には入門用クラスでしょうか。

でもこれが中々良いんです!



僕は外で乱暴に弾ける、気兼ねなく弾けるアウトドア用ウクレレとして購入しました。

(今は渋谷教室の備品として活躍してくれてます)

まずはハワイの炎天下で演奏した当時のTwitterをご覧ください↓










どうですか?
僕の浮かれ具合はさて置き、結構ちゃんと鳴ってますよね!

以前、このブログでも取り上げた1,500円のフライングタイガーウクレレとは比べ物にならないくらい実用的です。笑

それではスペックを見ていきましょう^_^



■ボディ
まずサイズはコンサートサイズです。
IMG_0458.jpg

ただ一般的なコンサートサイズより、お尻部分が結構膨らんでいます。

ベルシェイプとまではいかないですが、手が小さい人にはちょっと注意が必要かも。

その代わり、この膨らみのおかげで音量は良くなります!

表面板も横裏もマホガニーです。
IMG_0462.jpg

IMG_0464.jpg

もちろん合板ですが、マホガニー特有の優しい音がします^_^



■ブリッジ
ブリッジはローズウッド
IMG_0463.jpg

弦を直接ブリッジに結ぶタイプなのが嬉しい。



■ネック
ネックはマホガニーです。

IMG_0467.jpg

フライングタイガーALLプラスチックだったので、
木がふんだんに使われているだけでも感激です。

安いウクレレを触ってて思ったのですが、往々にしてネックが太いです!

このネックの”かまぼこ具合”を調整するのって難しいのかな。

3万円付近のウクレレと比較して結構気になります。

初心者にはちょっとオススメしにくくなるポイントです^_^;



■指板
指板はローズウッドです。
IMG_0460.jpg

実はこのウクレレで僕が一番気に入ってるのが、この指板。

指板にうっすら木目のムラがあるの見えますか?

その木目のムラが、海岸から見た朝焼けの景色っぽく見えませんか?

見えますよね?

この際、夕焼けでもいいんですが見えますよね?!笑

ちなみにネックジョイントは14フレットです。

オクターブチューニングは許容範囲です。



■ヘッド
ヘッドも洒落てて、なんとAQUAの彫刻入り!
IMG_0459.jpg

ペグはしっかりギアペグ。この辺りも嬉しいスペック。
IMG_0465.jpg



■まとめr
フライングタイガーと比べると、かなりウクレレしてます。

なので、おもしろさに欠けるのが少し寂しいところですが、
次回動画で音の検証をしていきたいと思います!

さらに弦も張り替えて、ポテンシャルをガンガン引き出していきたいと思います!

つづきはコチラ!!

最後までありがとうございました^_^
  1. 2019/01/27(日) 20:39:06|
  2. ■楽器、機材、道具
  3. | コメント:0

1500円のフライングタイガー・ウクレレ②

2018.9.21
前回の続き^_^

今回は実際の演奏でフライングタイガー・ウクレレの気になる音をチェックしていきます!



■弦

弦を交換する前と、交換した後の2種類を弾き比べました。

交換前は白い柔らかい謎弦です笑

交換後はアストリアスの黒弦です。




■演奏曲
音色のバランスや弦の差がわかりやすいように、雰囲気の違う3曲をダイジェストで弾きました^_^

①アロハオエ
②主よ人の望みの喜びを
③クレイジーG


各曲、以下のような趣旨でセレクトしました!

①でウクレレの基本的なバランス
②で単音の響き
③コード弾きのバランス




■動画

それでは早速どうぞ^_^



はじめに 0:00
元の弦 0:42
アストリアス黒弦 2:58
おわりに 4:58



■感想
いかがだったでしょうか?!

ペグに不安が残るものの、弦を交換したら音色と音程が劇的に向上しました!

本格的な演奏向きではないですが、子供のおもちゃとしては充分かもしれません。

とにかく弦交換をオススメします!

プラスチックなので、その気になればお風呂やプールでも弾けちゃいます^_^

余談ですが、最近アウトドア用にAQUA-002という13,000yenほどのウクレレを購入しました。




Twitterではすでにガンガン演奏していますが、近いうちにこちらも紹介したいと思います!

今一番のお気に入りです。

最後までありがとうございました〜


  1. 2018/09/21(金) 10:55:49|
  2. ■楽器、機材、道具
  3. | コメント:0

1500円のフライングタイガー・ウクレレ①

2018.9.18

6月末にフライングタイガーで入手したウクレレについて^_^

1500yenの可能性を探ります!



フライングタイガーとはデンマーク発?の雑貨屋さんです^_^

何かとPOPなアイテムを扱っているお店。

229.png


たまたま立ち寄ったら、なんとウクレレを発見!

1500yenという事もあって思わず購入しました。

それがコチラ!
FullSizeRender-12.jpg


めちゃ可愛い。

この手のウクレレは、チューニングの精度にバラツキがあるだろうと考えて、数本を真剣に弾き比べて1番良さそうなのを選びました。
IMG_9718.jpg
※真剣に選定中


買った日にTwitterでかんたんな演奏動画をあげたのですが、ウクレレ好きの間ではとっくに話題になっていたようで、若干「お前もか」的な空気がありました笑

0559.png
※当時のTwitter動画。この時すでに泥酔^_^


もう今は9月でフライングタイガーウクレレのブームは過ぎ去ったと思われますが、
今日はこの謎のタイミングで、このウクレレの可能性を追求してみたいと思います!

では、まずはスペックを徹底検証!



■ボディ

ボディはプラスチックです。
FullSizeRender_201809131558016e7.jpg

(ボディはと言うか、すべてがプラスチックです)

パイナップルペイントがいい感じ!

サイズはソプラノ。

同厚も一般的な厚み。

ただし、表プラとサイドのバリが結構主張しています笑
FullSizeRender-2_201809131557599af.jpg


裏プラはルシアーのこだわりで木目加工になっています。
FullSizeRender-6.jpg



■ブリッジ

ブリッジもやはりプラスチックで、埋め込み式という新技術。
FullSizeRender-3_20180913155822c9c.jpg

弦は結べるタイプなので交換しやすいですね!



■ネック

裏プラと横プラが一体になったセットネックです。
FullSizeRender-4.jpg


ネックの後ろにはネジ穴が2つあってプレイヤー泣かせな設計。
FullSizeRender-7.jpg

人造人間ぽくてカッコいいんじゃないか。という意見もあります。

ちなみにネック厚みは極太です!



■指板

やはりプラスチックです。
FullSizeRender-5.jpg

フレットが銀色をしているので金属と思われるかもしれませんが、プラスチックを着色したものです。

細部までこだわったプラスチック度合い。

安いウクレレによくあるフレットのバリは全くありません!
FullSizeRender-10.jpg

というのも指板とフレットが一体型という、こちらも新技術。

ちなみにネックジョイントは13.5フレットです。

オクターブチューニングは付属の弦が柔かすぎて正確な判断が難しいのですが大体こんな感じ。

◯12フレットハーモニクス
FullSizeRender-8.jpg
◯12フレット実音
FullSizeRender-1_20180913155758c80.jpg

かなり注意して選んだのですが、、、うーむ。

弦交換で劇的な変化に期待します!



■ヘッド

オールプラスチックかと思っていたら、ペグでついに金属が登場!
FullSizeRender-9.jpg


生存者を発見した心境です。

ペグの精度は一応チューニング可能です。

ヘッドには今まで見た事ないスキマがあります。
FullSizeRender-11.jpg



果たしてこのスペックでどんな音が鳴るのでしょうか...

次回、このプラスチックウクレレで数曲弾いて検証します^_^

さらに弦も張り替えて、ポテンシャルをガンガン引き出していきたいと思います!

続きはコチラ!


  1. 2018/09/18(火) 20:50:40|
  2. ■楽器、機材、道具
  3. | コメント:0

ウクレレ用、機材。


9/20のレコ発にいらしていたお客さんに
当日の機材の事を聞かれたので、ここで紹介してみたいと思います!

僕がメインで使用しているカマカはFive-Oを搭載していますのでスピーカーから出す事が可能です。

以前はカマカにBOSSのGE-7をつなげるだけのシンプルセッティングでした。
シンプルで良かったのですが、
Ole'oで弾く場合、
コード弾き、メロディ弾き、ソロを弾く時などの場面ごとの
細かい音量が調整できないのが悩みでした。
そこで今回は機材周りを一新して挑みました。

ずーっと昔、バンドをやっていた時に購入したLINE6のXTがあるのを急に思い出し、
クローゼットから引っ張りだしてきました。
FullSizeRender-1_20151004000630268.jpg
それがこちら。10年くらい前の機材です。
アンプシュミレーターとキャビをOFFにして
プリアンプ代わりにして細かい音を”4種類”(メインの音、コード弾き用、ソロ用など。)作ります。

作った4種類の音はfbv express mkiiという純正別売りペダルを繋げて
場面ごとにスイッチを踏んで切り換えていきます!
FullSizeRender_201510040006379ce.jpg
それがこちら。
ライブ3日前に急遽購入しました、、、

繋げるとこんな感じです。
FullSizeRender-3.jpg
こういうバンドっぽい感じは久々なので、
発光ダイオードが光るだけでなんだか感激してしまいます。
かっこいい。
ペダルの4つのスイッチを踏む事でXTで作った音を切り換える事ができます。

ちなみにこのペダル、
ラインアウトをオフにしてチューニングできるのでかなり便利!
FullSizeRender-2.jpg
(チューナー部分)

おかげで荷物の重量が劇的に増しましたが、
音に関しては気持ちよく弾けました!
当分はこれでいこうかと思います。

小さい会場や音響が良い場所であれば何も繋げずに生音でもやるのですが、
少しでも音量に不安がありそうな会場の場合、
最近は率先してスピーカーを使うようにしています。
どんなに良い演奏しても聞こえなければ意味がありませんからね、、、
でも生音の方が弾きやすいし、良い音なのはたしかですが、、、

それでは!
  1. 2015/10/04(日) 00:33:51|
  2. ■楽器、機材、道具
  3. | コメント:0

パワーボール


昔、ジャッキー•チェンがインタビュアーに
「なぜ、ハリウッドスターみたいに筋肉を付けないのか?」と質問されていて
「ムダな筋肉を付けると動けなくなるから」みたいに答えていました。
なるほど、あの俊敏なアクションは絶妙な筋力を維持してこそ
可能なんだなあと感心した記憶があります。

今日はパワーボールを紹介します!
詳しい内容はこちら

201509040237304d7.jpg

どういう時に使うかと言うと、
主にギターの練習を長くサボってしまったときです(;^_^A
サボって衰えてしまった腕の筋力を戻す為に使用しています。
といっても長時間使用すると逆に演奏に支障を来しそうなので、
ほんの数分で大丈夫です。
数分やるだけで、久々の練習に於ける違和感がなくなるように感じます。

ギター演奏における筋肉の使い方については
「日常生活で使用する部分のみで弾くべきだ」という考え方もありますが(カルレバーロ奏法など)、
個人的な考えとしては、多少”ギター用”の筋肉が必要だと思っています。
決してムキムキになる必要は無いのですよ。
2、3時間の練習で疲れない程度の筋力です。
これは毎日弾いていれば自然と身に付くと思います。
是非毎日弾いて、強靭な持久力を身につけてください!

僕みたいに練習をサボってしまう人は、、、
パワーボールをご検討ください(^-^)/



  1. 2015/09/04(金) 18:08:22|
  2. ■楽器、機材、道具
  3. | コメント:0
次のページ