FC2ブログ

Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたり。逗子 横浜 渋谷 宮崎台。一人でも多くの方に楽器の楽しさを知ってもらえるように奔走中!

【Gt.Uk】誰でもリズムがとれるようになる話⑩


最終回:まとめのお話

全9回に渡って連載してきた「誰でもリズムがとれるようになる話」がついに最終回です!
感動のフィナーレ。
何かのお役に立てていれば幸いです(^_^)
これまでの注意点をザッとまとめてみます。

•「1と2と3と4と」と足でオモテ拍とウラ拍を感じられるようにする。

•とにかくウラ拍の意識を持つ事が大事。

•足を踏んだらすぐに”ふわーっ”と足が上がってこないようにする。

•「と」のウラ拍の位置で足をビシッとあげる。

•一定のテンポをキープできるように最初はゆっくり弾く。

•口でリズムを言えるようにする。

•足を踏みながら口でリズムを言い、拍のどの位置に音が入るのかを意識する。

•技術的に難しいときは、全部開放弦等に置き換え、まずはちゃんとリズムを把握する。

•基本的に拍子記号の分子の数以上は足を踏まないようにする。
(4分の4拍子なら4つ、8分の6拍子なら6つ)


こんな感じでしょうか。
本当はまだ3連符、6連符、ハネと大事な要素が残っているのですが、
今回の連載ではとにかく『1と2と3と4と』と足でオモテ拍とウラ拍を感じるというのが
目的でしたので割愛させて頂きました。
3連符などは音のまとまりが奇数になり、
少し考え方も変わってくるので、
ごちゃごちゃにならないようにまた別の機会で説明していきたいと思います!

連載の後半では複雑なリズムが登場しました。
足を踏みながら口でリズムを言えるようにするというのが大きなポイントになりました。
よっぽど変なリズムでない限り、必ず拍に当てはまります。

速い曲でも最初はゆっくり「1と2と、、」とリズムを確認し、
それを段々速くしていけば理想のものになるはずです。
曲が速くなればなる程、ウラ拍の「と」の感覚は薄れていきますが、
リズムが崩れないように気を付けましょう!

リズムは1度疎かにしてしまうと中々直りにくいものです。
個人的に独学で一番難しいのはリズムだと思っています。
取れているようで、ちゃんと取れていない人が残念ながらほとんどです。
独学では中々答え合わせがしにくい作業なのだと思います。
リズムは指先の技術と同じくらい大切な事です!
是非マスターしましょう!

今回はリズムの取り方だけを説明していきましたが、
本当はリズムが正確に理解できた後、”拍子感”というのが重要になってきます。
その辺りについてもまた機会があれば説明します!
それでは〜

描画



  1. 2016/01/10(日) 14:32:36|
  2. ■リズムがとれるようになるお話
  3. | コメント:2

【Gt.Uk】誰でもリズムがとれるようになる話⑨


第9回目:複雑なリズムは口で言えるように!

さて、今回は16分音符にタイがついていたりする、
複雑なリズムを攻略していきます!
一見難しそうですが、基本的には今までと何も変わりません。
足でリズムとるのは当然ですが、
ここからは特に口(くち)でリズムが言えないと絶対に弾けませんので
その辺りの事に気を付けてみてください!
早速譜例を見てみましょう〜
ギターもウクレレも1弦の開放弦で弾いてみてください。

リズム⑨

いかかでしょうか。
結構大変な事になっています(°_°)
正直、クラシックギターでは難しいリズムというのはあまり出てこないのですが、
ポピュラー系になるとこの手のリズムはわんさかでてきます。
ポイントは『1と2と3と4と』と足でオモテとウラ拍を感じながら、
口でリズムが言えるようになる事です。
ここまで細かいリズムは足だけでは中々正確にとれないです。
口で言えないリズムは理解できていないとも言えますので、是非がんばりましょう!

■解説
①ンタンタ、ターター、ンタンタ、タタンタ
4拍目のリズムは本来”タタータ”と言葉で表すリズムなのですが、
”タタタ”だと4拍目のウラ拍の位置に””の伸ばし棒がきてしまい、
若干ルーズになりかねないので、こういう場合僕は便宜的に””で置き換えます。
もちろん音としては伸ばさないとダメですよ!

②タータタ、ターンタ、タ、ターーー
このリズムはアロハ•エ•コモマイを参考にしました。
3拍目がポイントです。ンタンタというリズムは良く出てきます。
足を踏んで上げている部分に音が無いので、
慣れないとリズムが取りにくいのですが、””を入れる事によってその辺りの事は軽減されます。
ちなみに2拍目はウラ拍が休符になっていますので余裕があれば”ン”の位置で消音するとバッチリです。

③ター(ン)タ、ーカタカ、ター(ン)タ、ーカタタ
16分音符のシンコペーションが入ってます。
最初は弾くタイミングが難しいかも知れませんが、がんばりましょう!
ちなみに、”ー”の伸ばし棒の部分を便宜的に”ン”に置き換えても良いと思います。
例:ター(ン)タ、ンカタカ、ター(ン)タ、ンカタカ

④ター(ン)タ、ータータ、ター(ン)タ、ータータ
こちらはアンダーザシーのリズムを参考にしています。
③同様、シンコペーションの部分を”ン”に置き換えても良いでしょう。
例:ター(ン)タ、ンタータ、ター(ン)タ、ンタータ

足を踏んだり上げたりする部分に音が入っていなくても、
このように言葉で置き換える事でタイミングはかなり取りやすくなると思います。
とにかく、どんなリズムでも口で言えるクセをつけておきましょう!
次回は感動の最終回、まとめです!





  1. 2016/01/09(土) 01:41:46|
  2. ■リズムがとれるようになるお話
  3. | コメント:0

【Gt.Uk】誰でもリズムがとれるようになる話⑧


第8回:付点8分音符のリズム

前回の”足を踏んで2つの音を入れ、上げた時にも2つ音をいれる”という
16音符のリズムの取り方は慣れましたでしょうか?!
今回紹介する付点8分音符も基本的には16分音符の処理と同じになりますので、
曖昧な方は今一度確認しておきましょう!

asi.jpg

ちなみに、、、
付点8分音符とは16分音符3つ分の長さになります

CCI00000_201601071812217b5.jpg

付点8分音符では、足があがった所に”ン”を入れて、
16分音符分のスキマを作って付点8分の長さを感じます。
言葉で表すと”ターンタ”となります。

CCI00001_2016010718135132b.jpg

■注意点
”ン”の位置は足があがった所に確実に入りますので、
曖昧にならないように気を付けましょう!
いつも言っていますが、”踏んだ後、足がすぐにふわーっと足が上がらない”ようにしましょう。

■実際に弾いてみる!
では実際に弾いてみましょう!
変な所で足を踏んだりしないように注意しましょう。
とにかく足でとったリズムの中に音を当てはめていくだけです!
シンプルに1弦開放弦で弾いてましょう!

名称未設定#4

■解説
①ターンタ、ターター、ターンタ、ターター
『メリーさんの羊』等で出てくるパターンです。
8分音符の箇所でリズム等が崩れないようにしましょう。

②ターー、ターンタ、ターター、ターンタ
今度は4分音符とのコンビネーションです。
最初の4分音符のウラ拍は音がありませんが、
拍の位置をしっかり足で感じましょう!

③ターンタ、ーーター、ターンター、ーーーー
タイで繋がったパターンです。
2拍目ウラは足が上がった所で弾きます。伸ばしている時にズレないように注意!

いかがだったでしょうか!?
付点8分のリズムは前回の16分音符の取り方に”ン”を入れる事で正確にとれます!
次回は複雑なリズムを紹介します。
とにかく『1と2と、、、』の基本が理解出来ていれば、
ほとんどのリズムはとれるようになるはずです!





  1. 2016/01/07(木) 18:41:59|
  2. ■リズムがとれるようになるお話
  3. | コメント:0

【Gt.Uk】誰でもリズムがとれるようになる話⑦


第7回:16分音符を極める!

前回までは、”足を踏んで上げる”という動作の中に
ひとつずつの音を入れましたが、
今回から登場する16分音符の場合は”踏んで2つ、上げて2つ”音をいれます!

asi.jpg

■タカタカ。
楽器を弾く前に、音が”2つずつ入る感覚”を掴みましょう!
まず、足で『1と2と3と4と』とリズムを取り、オモテ拍とウラ拍を感じます。
次に口で”タカタカ”と言います。
足を踏んだ時に最初の"タ"、あげた時に2つ目の"タ"がピタッと当てはまっている事を意識してください。
最初のがオモテ拍、二個目のがウラ拍です。

たかたか

■注意点
特にウラ拍の2個目の"タ"の位置がズレやすいので気をつけましょう。
踏んで2つの音が入りますので、
”踏んだらすぐにふわーっと足が上がらない”ように気をつけましょう。
足が速く上がりすぎたりして、ウラ拍の位置が曖昧にならない様に!

■実際に弾いてみる!
では実際に弾いてみましょう!
連載中、何度も言っていますが(しつこくてスミマセン、、)
とにかく”足の踏み方””ノリ”は変えないでください!
音の数だけ踏んだり、テンポを変えたり、、等。これはいけません!
あくまで足でとっているリズムの中に”音を当てはめていく”だけです!
がんばりましょう〜

名称未設定#3

■解説と注意点
①タカタカ、タカタカ、タータカ、タカター
8分音符とのコンビネーション。
後半の8分音符の所で足が早くあがらないように注意!

②タカタカ、ターター、タカタカ、ターター
同じく8分音符とのコンビネーションですが、
今度はウラ拍も8分になりました。
16分音符からの切り換えにうまく対応して、走らない様に気をつけましょう!

③タカタカ、ターー、ターー、タカタカ
4分音符とのコンビネーション。
スキマがますます長くなってます。
こちらも16分音符からの切り換えにうまく対応して、走らない様にに気をつけましょう!
4分音符のウラ拍はかなり意識してリズムをキープしましょう。
音が無くてもウラ拍を感じます!

④タカター、タータカ、タカタカ、ターー
まとめです!


いかがだったでしょうか。”踏んで2つ、上げて2つ。”
是非マスターしましょう!
ここまでくれば、三連符意外あとはこれらの応用になります!

次回は付点8分音符!まだまだ続きまーす(^_^;)

  1. 2015/12/17(木) 18:36:39|
  2. ■リズムがとれるようになるお話
  3. | コメント:0

【Gt.Uk】誰でもリズムがとれるようになる話⑥


第6回目:タイなんか怖くない。

冒頭から余談ですが、曲を聴く時にも
足を『1と2と3と4と』と踏みながら聴くと良いです!
ただ、曲選びに少し制限がありまして、、
あまりにも速い曲は”と”を感じてる余裕が無いので避けた方が良いです。
クラシック音楽などドラム系が入っていない音楽もリズムが一定ではない為、避けましょう。
また、3拍子や6/8拍子の曲も今の所避けておきましょう。
なんだか避けてばっかりになってしまった。。。
オススメは松田聖子の『赤いスイートピー』みたいなテンポの4/4拍子の曲です。

さて、今回はタイを含んだフレーズについてです!

■タイとは
同じ音程を弧線でつないだ箇所を”タイ”と読んでいます。

名称未設定#1

弧線で結ばれた後ろの音は弾かずに伸ばしたままにします。
この際、ウラ拍にアクセントが付くので、
その事を”シンコペーション”と言ったりしますが
今回の連載ではこの辺りの説明は割愛します。
とにかく”弾いた音が伸びて、弧線で結ばれた後ろの音は弾かないんだなあ”と思っておいてください!

■実際に弾いてみる
それでは弾いてみましょう!
音を鳴らさない箇所もしっかり足でリズムを刻み、一定のテンポをキープしましょう。
タイで繋がった”オモテ拍”の部分はもちろんですが、
これまでどおり4分音符のスキマの”ウラ拍”にも今一度、注意を払いましょう!
前回同様、ギターの場合は1弦開放のミ、
ウクレレの場合は1弦開放のラで弾きます!

名称未設定#2

足でしっかりオモテ拍(踏む)とウラ拍(あげる)を刻み、その中にちゃんと音が入っていますでしょうか。

①は、タイで伸ばしてるスキマが長いので、スキマが短くならない様に注意しましょう。
②は、タイで伸ばした後のウラ拍に音が入ります。ちゃんと足が上がった所で入る様に気を付けましょう!
③は、①②の応用編です。前半はウラ拍に音を続けて入れるのでズレない様に気を付けましょう。


この辺りまで来るとウラ拍に音が入る感覚も、
だいぶ身に付いてきたのではないでしょうか?!
さて、次回は16分音符の譜例を紹介します!



  1. 2015/12/09(水) 23:42:55|
  2. ■リズムがとれるようになるお話
  3. | コメント:0

【Gt.Uk】誰でもリズムがとれるようになる話⑤


第5回目:付点4分音符が出てきても大丈夫。

この連載、実は結構続くのです。。。
今回で5回目!どうか末永くお付き合いください。

連載全体を通して言える事は、
とにかく足のカウントを常に一定で
『1と2と3と4と』と刻み、
”必要な場所に音を入れていく感覚”を見につけましょう!
という事です。

では本題へ〜

■付点4分音符
4分音符に点が付くと(つまり付点4分音符)、
元の長さの1.5倍になります。
4/4拍子の場合であれば1.5拍分になります。
ちなみに1.5倍がイマイチ、ピンとこない場合は
”元の長さ+半分の長さ”という認識でもOKです。

CCI00000_20151208011517223.jpg

■付点4分音符が混ざった譜例
では実際に弾いていきましょう!
今回もリズムをとる練習が目的なので、
左手の音はシンプルにしておきましょう。
前回同様、ギターの場合は1弦開放のミ、
ウクレレの場合は1弦開放のラ等が良いでしょう。
(譜例では便宜上、ミの音を使用しています。)

では足で「1と2と3と4と」とカウントをとりながら以下の譜例を弾いてみましょう。
しつこい様ですが、とにかく足のあげる位置に気を付けてください!
足を踏んだ後、ふわーっとなんとなく上がってこない様にしましょう。
あくまで”踏んで、あげる”という2つの動作です!

5plus.jpg


■口でリズムを言う。”ン”を入れる。
いかがだったでしょうか。
付点4分音符が入る事によって、
音を出さない部分が長くなります。
そのスキマが長くなればなるほど、
リズムをキープしにくくなります。

なので今回のパターンのように”オモテ拍に音がない場合”は
伸ばしている部分にを入れて数えるのがオススメです。

5plus_20151208012331d5f.jpg

こうする事により、中継ポイントが明確になりリズムが安定します。
このを入れて数える作業は今後も良く出てきますので、
こちらも癖をつけておきましょう
ちなみに上記の様に”タ”や”ン”を使って
リズムを口で言えるようにするのは凄く大事です!
一般的に、”口で言えないリズムは弾けない”と言われています。
この先、リズムが複雑になると必ず必要になってくる表現ですので、
今のうちに練習しておきましょう!

次回は”タイ”を使ったパターンについてです。

  1. 2015/12/07(月) 23:54:04|
  2. ■リズムがとれるようになるお話
  3. | コメント:0

【Gt.Uk】誰でもリズムがとれるようになる話④


第4回目:4分音符と8分音符を行き来する

前回の足をあげた所(ウラ拍)で音を入れる感覚は
慣れましたでしょうか?
今回は4分音符と8分音符が混ざった譜例で、
ウラ拍の意識をより強固なものにしていきましょう!

■4分音符から8分音符へ
下記の譜例は4拍子でド〜ソを折り返しています。

ドソ

ポイントは2回目が8分音符になっている事です!
前回同様、足を「1と2と3と4と」と踏みながら弾いてみましょう。
4分音符から8分音符に切り替わる際のスキマはワザと作っています。
次への心の準備をしてください。
くれぐれも足は止めないように!

■注意点
どうでしたか?上手く弾けましたでしょうか。

4分音符と8分音符で大きくテンポが変わったりしていませんか?
足の踏み方が途中で変わったりしていませんか?
8分音符になった途端、踏む数が増えていませんか?
”ノリ”を変えずにスムーズに行き来できていますか?
4分音符のスキマのウラ拍はちゃんと感じられていますか?

同じメロディーのリズムを変えているので
正確に足が踏めているかがチェックしやすいかと思います。

■応用編
さて、今度は開放弦を使って様々なリズムを弾いてみましょう!
出てくるのは4分音符と8分音符だけです。
5線譜では便宜上、”ミ”の音を使用しています
ギターの場合は1弦開放の”ミ”になります。
ウクレレの場合は1限開放の”ラ”に直して弾いてみると良いかも知れません。

譜例3つ

上記の譜例の音の出る場所に赤丸をしたのが以下になります。
参考にしてみてください。
譜例3つ2

如何だったでしょうか。
ポイントは”ノリ”を変えずに一定の足の踏み方で弾き通すことです。
一定の足の中で、必要なタイミングで音を出していくだけです。
音に足を合わせようとせずに、足に音を合わせましょう!
止まったり、踏みすぎたりなどしないようにも注意しましょう。

■まとめ
実際の曲でわからないリズムが出てきたときは、
上記の様にフレーズの下に「1と2と3と4と」と書いてしまうのが良いです!

次回は付点4分音符が混じったパターンを紹介します
段々複雑になります!

  1. 2015/12/04(金) 23:14:19|
  2. ■リズムがとれるようになるお話
  3. | コメント:0

【Gt.Uk】誰でもリズムがとれるようになる話③


第3回目:足をあげた所で音を弾く!

4分音符と4分音符のスキマ(ウラ拍)は
感じられるようになってきましたでしょうか。
今回の連載では「1と2と3と4と、、、」という
足の踏み方とカウントが基本となっていますので、
まだ馴染んでいない方は
今一度ゆっくり確認してみてください!

描画3


■8分音符の譜例
前回同様にシンプルに4拍子でドレミファソラシドを使います。

8.jpg

今回は8分音符のフレーズになっています!
上記の譜例はウラ拍にも音が入り、
1拍に2つずつ音を弾く事になります。
ドド、レレ、ミミ、、、と言った感じです。

■足が上がった所で音を弾く
足でリズムをカウントしながら音を出していくのですが、
慣れないうちはどうしても
”音を弾く所で足を踏みたく”なってしまいます。
これは人間の構造上、ある程度は仕方が無いのですが、
リズムをマスターする上ではそんな事、言ってられません!笑
足を上げた所で音を弾くというのが今回の最大のポイントです。
オモテ拍で踏んで、ウラ拍であげる。
そして、その両方の位置で音を弾きます。
是非足があがった所で音を入れる感覚を掴みましょう!

音の数だけ足を踏まないようにしましょう!

名称未設定#2

■実際に弾いてみましょう!
基本的には前回と同じ作業になります。
「1と2と3と4と」と口でカウントを良い、
足をそれに合わせます。
数字の所で踏み、”と”で鋭く足をあげます。
次に足のリズムをキープしつつ譜例を弾いていきます。
何度も言いますが、今回のポイントは足が上がった所で音を弾く事です!
この感覚を意識して譜例を弾いてください。

88_20151203015729d62.jpg


どうでしょうか。
オモテ拍で弾く時とはちょっと違う感覚がわかりましたでしょうか?!

足の上がる位置(ウラ拍)に音がしっかりと弾けていますか?
音の数だけ足を踏んでいませんか?
足のリズムはちゃんとキープできていますか?
色々と気を付けてみてください!

ちなみに拍子の拍の数以外、足を踏まないのはリズムの原則です。
(拍子記号の分子の数)
今回の譜例だと4回以上踏まないように気を付けましょう!

■まとめ
今まで気にした事の無い方にとっては、
足をあげた所に音を入れる感覚は
中々、不思議なものに感じたかも知れませんが、
この先、色々なリズムを理解して弾く上で必須な作業ですので、
焦らずゆっくり練習してみてください!

次回は4分音符と8分音符のコンビネーションについてです!




  1. 2015/12/02(水) 23:42:59|
  2. ■リズムがとれるようになるお話
  3. | コメント:0
次のページ