FC2ブログ

Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたり。逗子 横浜 渋谷 宮崎台。一人でも多くの方に楽器の楽しさを知ってもらえるように奔走中!

【Gt.】フェレールのタンゴno.3/小品名曲シリーズ#10

2020.4.5
お米と味道楽さえあれば、究極なんとかなるんじゃないかなと思ってます。




■フェレールの『タンゴNo.3』
さて、久しぶりの小品名曲シリーズ。
今回はJ,フェレールの『タンゴNo.3』を弾きました!

ホセ.フェレール(1835-1916)はスペインの作曲家、ギタリスト。

初級〜中級者向けで、舞曲系の作品がよく知られています。




■4つのタンゴ
フェレールにはこの他にも有名なタンゴが3つあり、それらを全てまとめて『4つのタンゴ』として知られています。

この『4つのタンゴ』は、それぞれ作品番号の異なるタンゴを便宜的にまとめたもののようです。

このまとめ方が世界共通なのかは、ちょっとわかりませんが以下の楽譜に収録されています。





■技術的なポイント
付点と3連符のリズムの弾きわけが大事です。

あと、装飾音も華やかに弾きたいですね。

順序立ててギターを学んできて『タンゴNo.3』に辿り着いた人は、もしかしたら重音の装飾音自体が初めてかも知れません。

装飾音によってリズムが崩れないようにしましょう^_^




■余談
なんと、フェレールと同じ名前のワインがあります!

ギター仲間が集まる場に、ひとつネタとして購入するのも面白いかも知れません。



どんな味がするのか、気になる...




最後までありがとうございました^_^

これまでの『小品名曲シリーズ』はコチラ!

何かの参考になれば幸いです!


  1. 2020/04/05(日) 23:41:45|
  2. 【Gt】小品名曲シリーズ
  3. | コメント:0

【Gt.】鐘の響き(ショーロ)【動画】

2020.4.2
コーヒーをドリップする際のペーパーフィルターは折って使用する事を最近知りました。奥が深すぎます、コーヒー。
11.png


鐘の響き(ショーロ)

久しぶりに、ギターの動画をアップしました!!

今回はJ.ペルナンブーコ(1883-1947)の『鐘の響き(ショーロ)』という曲です。



J.ペルナンブーコ

作曲家のJ.ペルナンブーコはブラジルのギタリストでショーロの名手でもありました。

クラシックギターのレパートリーとしては、この『鐘の響き』が抜きん出て有名です。

むしろ、この『鐘の響き』以外はあまり知られていない印象です。(日本だけかな?)

ペルナンブーコの他の曲という事では、ギタリストの大萩康二さんが『グラウナ』という曲を2001年にレコーディングされていたりします。


『グラウナ』も南米感たっぷりで、カッコいいです^_^


ショーロ

『鐘の響き』はショーロというブラジル音楽の形式で作られています。
(※詳しい事はwikipediaを是非)

この曲はA-Bの二部形式です。

スタートの(A)セクションがDメジャーキーで、後半の(B)セクションがGメジャーキー(下属調)になっています。


アレンジ

本来、ショーロはアドリブ(即興)を入れて弾かれる事が多い音楽です。

YouTubeを見てると名手がたくさんいてビックリします。

そんな中『鐘の響き』は即興では無く、しっかりと細部まで楽譜に書き起こされているので、クラシック系のギタリストがブラジル音楽に触れる為のとても良い材料です。
(出版社によって微妙な音の差異はありますが。)

今回、僕は一般的に流通している楽譜を参考にしながらも、ショーロの特徴である即興的な音を加えてアレンジしました!

是非、その辺りも楽しんでいただけたら嬉しいです。

元の譜面は以下の楽譜に収録されています^_^





最後までありがとうございました!

久しぶりのギター動画となりましたが、細く長く続けていきますので見守っていただけたら嬉しいです。

感想も是非^_^



  1. 2020/04/02(木) 18:35:08|
  2. ■クラシックギター全般
  3. | コメント:0

解説でわかる!ソロウクレレPART4-1 コンドルは飛んで行く

2020.3.31
最近、コーヒー豆を挽くのにハマっています。
というのもオシャレなミルを購入したのです!
挽き方によって味が全然変わるので、日々勉強。
自宅レッスンの際、おっしゃっていただければお出しします^_^


さて、本企画は
『メロディ→伴奏→ソロの3ステップ方式でソロウクレレを誰でも弾けるようになる本』と連動した企画になります^_^

是非、本誌と合わせてお楽しみください!


※全くの初心者の方は、是非メロディのページだけで数曲弾く事をオススメします!

3ステップの良い所は、そういう使い方もできる点です^_^

それでは本題に!




■PART4-1「コンドルは飛んで行く」

(動画概要欄、コメント欄にて各項目の時間にスキップできます)




■今回のポイント
メロディとメロディの合間に人差し指で伴奏のストロークを加えたソロウクレレです。

余談ですが、本誌ではこのPART4を終えるとソロウクレレの基礎を一通り経験した事になります^_^

まだまだ細かいテクニックはたくさんありますが、PART4を終えれば、他書に移っても色々と成長が実感できる飲んじゃないかなと思っています。

がんばってください!



■ハーモニクス
曲の最後にはハーモニクスよ言われるテクニックが登場します。

動画でも解説していますが、以下にざっとコツを紹介します。

①フレットの鉄の棒が押弦する指の中心にくるようにする。
②弦が沈まないように、弦の表面に軽く触れる。
③右手はわりと強めに弾く。
④弾いた後、弦に触れていた指を離すと音が伸びる。(焦って離さなくても大丈夫)





※現状、本誌連動した番外編の動画連載が4つありあます↓
■連載中!!
【番外編】ジャカソロを誰でも弾けるようになる本
解説でわかる!ソロウクレレ

・解説でわかる!ソロウクレレ2

■連載終了
【番外編】定番曲を弾きながらウクレレがグングンうまくなる本


お手持ちの本で楽しんでいただけたら嬉しいです。

購入していただいた本のアフターフォローをめちゃめちゃする著者を目指します。

それでは!




  1. 2020/03/31(火) 13:25:42|
  2. 【番外編】解説で分かる!ソロウクレレ
  3. | コメント:0

解説でわかる!ソロウクレレPART3-2 スカボローフェア

2020.3.26
ついに2020年5月、新刊の『3ステップ・ソロギター』が発売されます!!
今回も解説など含め、力作となってます^_^
にしても”3ステップ”の本を作るのは、ものすごく労力を要します。。。


さて、本企画は
『メロディ→伴奏→ソロの3ステップ方式でソロウクレレを誰でも弾けるようになる本』と連動した企画になります^_^

是非、本誌と合わせてお楽しみください!


※全くの初心者の方は、是非メロディのページだけで数曲弾く事をオススメします!

3ステップの良い所は、そういう使い方もできる点です^_^

それでは本題に!




■PART3-2「スカボロー・フェア」

(動画概要欄、コメント欄にて各項目の時間にスキップできます)




■今回のポイント
今回は、なんといってもアルペジオ!

ソロウクレレの中ではメロディを含んだ和音を親指ピッキングした後に、その和音をアルペジオします。

メロディとアルペジオしている伴奏の音量差に気を付けましょう。

加えてコードページ(P.70)で登場した、”親指と人差し指を使用したアルペジオ”についても動画の最後で解説しています^_^




■ガイドフィンガー
この曲は他にもガイドフィンガーと呼ばれるテクニックの練習としても最適です。

このテクニックには以下のようなメリットがあります。

①メロディが途切れない
②次の和音が押さえやすくなる

ぜひ、取り入れてみて下さい!




※現状、本誌連動した番外編の動画連載が4つありあます↓
■連載中!!
【番外編】ジャカソロを誰でも弾けるようになる本
解説でわかる!ソロウクレレ

・解説でわかる!ソロウクレレ2

■連載終了
【番外編】定番曲を弾きながらウクレレがグングンうまくなる本


お手持ちの本で楽しんでいただけたら嬉しいです。

購入していただいた本のアフターフォローをめちゃめちゃする著者を目指します。

それでは!




  1. 2020/03/26(木) 10:42:17|
  2. 【番外編】解説で分かる!ソロウクレレ
  3. | コメント:0

解説でわかる!ソロウクレレPART2-3 ハッピー・バースデイ

2020.3.23
久しぶりの更新となりました^_^;
幸か不幸かコロナウイルス影響で3月は時間がたくさんできました。


さて、本企画は
『メロディ→伴奏→ソロの3ステップ方式でソロウクレレを誰でも弾けるようになる本』と連動した企画になります^_^

是非、本誌と合わせてお楽しみください!


※全くの初心者の方は、是非メロディのページだけで数曲弾く事をオススメします!

3ステップの良い所は、そういう使い方もできる点です^_^

それでは本題に!




■PART2-3「ハッピー・バースディ」

(動画概要欄、コメント欄にて各項目の時間にスキップできます)




■今回のポイント
PART2のまとめ的な曲になります。

セーハジョイント、難しいG7(5,3,5,4)を平行移動させたF7(3,1,3,2)といったトピックをシャッフルの中で演奏していきます^_^




■余談
動画の最後でも少し喋りましたが、3拍子という事を意識して弾けている方というのは意外と少ないように感じます。

拍子は曲のニュアンスを大きく左右しますので、ちょとずつこの辺りの事にも目を向けられるといいですね^_^




※現状、本誌連動した番外編の動画連載が4つありあます↓
■連載中!!
【番外編】ジャカソロを誰でも弾けるようになる本
解説でわかる!ソロウクレレ

・解説でわかる!ソロウクレレ2

■連載終了
【番外編】定番曲を弾きながらウクレレがグングンうまくなる本


お手持ちの本で楽しんでいただけたら嬉しいです。

購入していただいた本のアフターフォローをめちゃめちゃする著者を目指します。

それでは!




  1. 2020/03/23(月) 17:16:56|
  2. 【番外編】解説で分かる!ソロウクレレ
  3. | コメント:0

【Gt.】ラ・パロマ(鳩)【動画】

2020.1.1
あけましておめでとうございます!!
昨年のクリスマス付近からスパークリングワイン日本酒のスパイラルが続き、元日も朝から日本酒です。
もう社会復帰できないかも。
今年もどうぞよろしくお願いいたします^_^


ラ・パロマ

飲み続けていながらも、新年早々ギターで1曲撮影しました!!

F.タレガ編曲の、ラ・パロマ(La Paloma)という曲です^_^





パロマとは、スペイン語での意味です。
(※ちなみに”La”は冠詞です。)

は平和の象徴ですので、新年にピッタリなんじゃないかなと思いセレクトしました。

よく晴れた元日の朝に外で弾いたら気持ちいいだろうなと思いつつも、寒すぎて決してそんな日は訪れないと諦めています。

ちなみに平和の象徴というのは、どうやら旧約聖書に基づいているらしく、それに因んで昨年の逗子教会コンサートでも初めて弾きました。

スク947


イラディエル作曲

ギター用に編曲したのはF.タレガですが、もともとの作曲家はS.イラディエルです。

イラディエルはスペイン出身ですが、とりわけハバネラ(キューバの民族舞曲)というジャンルの作曲家として有名です。

イラディエルのハバネラにビゼーが影響され、自作曲のカルメンにハバネラのリズムを用いました^_^


変更点

F.タレガの編曲した楽譜を参考に弾きましたが、所々変更しました。

★主な変更点
・イントロを加える。
・前半に繰り返しを増やす。
・一部、装飾音を増やす。
・装飾音はバイオリンで演奏されているニュアンスに。


最近、南米系の曲に少し手を加えるのにハマってます^_^




最後までありがとうございました!

久しぶりのギター動画となりましたが、細く長く続けていきますので見守っていただけたら嬉しいです。

感想も是非^_^



  1. 2020/01/01(水) 19:49:58|
  2. ■クラシックギター全般
  3. | コメント:0

【無料楽譜】クリスマスの夜(カタルーニャ民謡)forウクレレ

2019.12.24
今年もギターのクリスマス曲をソロウクレレにアレンジしました^_^

今年で3回目となったクリスマス企画です!

ちなみに過去2回はコチラ^_^↓
①聖母の御子(カタルーニャ民謡)
②クリスマスの歌(A.バリオス)


動画

今年はカタルーニャ民謡の『クリスマスの夜(La Nit de Nadal)』という曲です。
(※出版社等によっては『凍った12月』というタイトルの場合もあります。)



M.リョベートがクラシックギターで弾けるように編曲した版が1番有名です。

今回のウクレレアレンジもリョベート版を参考にしました^_^
  
実際の民謡には、”キリストの降誕を喜ぶ意味合いの歌詞”が付いているのですが、僕はキリストをサンタに置き換え、クリスマスの夜にサンタを心待ちにしている子供の心情を表現した曲。として捉えています。

 
楽譜

1223.jpg12232.jpg
PDFダウンロードはコチラ!!
(※本曲は著作権切れ(PD)の為、自由にダウンロードしていただけます。)

今回も左手の運指をがんばって記入しました!(※この作業が地味に1番ツライです。)

セーハの箇所はカギカッコを記入してあります^_^

技術レベルは中級〜上級、テンポまで求めると上級かもしれません!


曲の構成
 
A→B→A'→B'の二部形式です。

可能であれば、BとB'セクションは速度を少し速めて弾くとワクワク感が出ます。(2拍子になる小節まで)

全体的に拍子がコロコロ変わりますが、今回はあまり深く気にせずTAB譜を追って弾いていただければ大丈夫です。
(※気にしなくて良い理由は長くなるので、ここでは割愛させて下さい^_^;)


似ててちょっと違う和音

この曲には、似てて微妙に違う和音がいくつか出てきます!

例えば、2小節目4小節目12小節目は基本同じフレーズなのですが、どれも微妙に和音が違うんです。

編曲する際、なるべく覚えやすくなるように同じ和音に統一してしまおうかなとも思ったのですが、
この微妙な和音の違いが、曲の印象を左右していると思い、原曲(リョベート版)通りに違う和音を採用しました。

僕の中では以下の感じで、それぞれの和音に違った心情があると思っています。

2小節目→「今日はクリスマス、やったあ!」
4小節目→「でもホントにサンタはウチに来てくれるかな。。。」
12小節目→「大丈夫、サンタはきっと来る!」

「サンタは本当に来てくれるのかな」という、楽しい一日だけど、ふと不安になってしまう子供心が見え隠れしているように思います。

是非、ゆっくりと和音の響きを確認しながら弾いてみて下さい


奏法
 
基本的には右手は親指(p)のみで弾けます。

ただし、BセクションとB'セクションの冒頭2小節は、親指だけだとちょっと忙しいので僕は12フレットを人差し指(I)で弾きました。

(ゆっくりのテンポを設定すれば、親指だけで問題なく弾けると思います!)

プリング(楽譜内pの記号)とハンマリング(楽譜内hの記号)も多く登場しますので、慌てずに^_^

A'セクションの1音目はスライド(楽譜内sの記号)です!


音楽用語

今回、かわいらしい曲調に反して色々と音楽用語が登場します。

登場する音楽用語を簡単に説明します^_^
①フェルマータ
bd468e13093c7e7072c09a43d998b789.jpg
一般的には”任意の長さに伸ばす”という意味ですが、この曲では丁度1拍分、伸ばすと上手にまとまります。

②meno mosso(メノモッソ)
"少し遅く"という意味です。ちなみにメノは”少なく”、モッソは”動き”。

③dolce(ドルチェ)
"甘く柔らかに"という意味です。やさしく弾きましょう。

④a tempo (ア・テンポ)
”元の速さで”という意味です。ここではA'セクションで少し遅くしたので、それを元に戻す為に記入してあります。

こう考えると、色々難しく感じるかもしれませんが、動画を参考にして”なんとなく雰囲気”で弾いていただければ大丈夫です!


最後に

毎年、Twitterなどで反応してくれて、本当にありがとうございます!

配布した曲を通年で弾いて下さる方もいて、本当に感謝です!!

そして、毎年配布が遅くてスミマセン!
(これでもアップロードは今年が最速....)

この企画は、クラシックギターもやっている自分にしかできないウクレレ用のプレゼント企画というコンセプトでスタートしました。

加えて、クラシックギターのクリスマス曲は良いメロディだけど、一般的な知名度が低い為、本に載せたくても載せられないので、これを機に知ってもらえるようにしたい!という願いも込められています。笑

年々、曲のレベルが上がってきて、遂に今年は音楽用語まで登場してしまいました^_^;

というのも実は、
クラシックギターで弾くオリジナルのクリスマス曲は意外と少なく、且つ著作権切れとなるとこれまでの3曲しか思いつきません笑

なので、レベルは意図的に上げているのではなく、否応無く上がっているんですね笑

3曲しか無いとなると、今年で最終回なのか?!

んー、最終回かどうかはわかりませんが、今年で”クラシックギターのクリスマス曲”というコンセプトは一旦完結します。

次はギターのオリジナル曲じゃなくても良いかなあ。と思ったり。

でも、本に掲載できるような有名クリスマス曲をアレンジするのは、この企画ではちょと違うと思うんです。

マニアックで良い曲をとなると、結構難しいですね。

うーむ。

1年、考えてみます!笑
(クリスマスに関係する世界の民謡を採取する旅にでも出ようかな)

もし、また来年もアレンジできたら、もうちょっとだけ早くアップします!たぶん笑

最後までありがとうございました^_^

よいクリスマスを!!


  1. 2019/12/24(火) 15:31:47|
  2. ■ウクレレ全般
  3. | コメント:0
次のページ