Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたりしています。逗子 横浜 渋谷。Tipsタイトルの【Gt】マークはギター向け、【Uk】マークはウクレレ向けになります!

カフェライブと海の家BGM


先週の土曜日、日曜日と
続けて演奏をしてきました^_^

土曜日は
鎌倉長谷のCafe Luontoにて
バイオリンのみおさんと。
20170715171124931.jpeg


この企画は今回で2回目。

twitterに練習動画を連投してた甲斐もあって、
無事に終えることができました。
一例↓
■リベルタンゴ
■エルチョクロ

Cafe Luontoでは
いつも素敵なお客さんに囲まれて
演奏できるので嬉しいです!

また、今回もいろんな方と
お話できて楽しかったです。
とても弾きやすかったです。

曲目は南米、スペインものを中心に弾きました。
ソロは
アンダルーサ、アルハンブラの想い出、鐘の響きを弾きました。
鐘の響きはアレンジを加えて初の演奏。
なかなかよさそうです。
そのうちYouTubeにアップします!
2017071517112527b.jpeg
(当日のケーキセット)



日曜日はガラっと変わって、
逗子海岸の海の家で
ウェディングパーティーのBGMをウクレレで弾きました。
20170715171126ed2.jpeg
(会場)

BGMだとお客さんとの交流が
乏しいのでちょっと寂しいですね^_^;

若い人が多かったので、
Marron5やBruno Marsをアレンジして弾きました。
こちらも、近いうちYouTubeにアップします。

にしても、
海で弾くAloha OeやHawaiian weding songは最高でした!
20170715171127d6e.jpeg



  1. 2017/07/15(土) 17:09:59|
  2. ■日常
  3. | コメント:0

【レッスンを上手に受けるコツ②】言葉を揃える。


前回は専門用語についての記事でした。
今回は、その派生的なお話^_^

みなさん、楽譜の横ラインを何と言いますか?
時々、生徒さんで"行"と言う方がいます。

正式には"段"です。
空の五線譜も"12段用"等と書かれて、
販売されていますよね。

レッスンでは
講師と用語の使い方を合わせておくと、
お互い勘違いがなくなりやりとりがスムーズ
になりますよ!

今回の、"段"か"行"かは、
どちらでもなんとなく伝わるのですが、
このように自分なりに言い換えられてしまう用語は
少し注意が必要です。

グループレッスンなど大人数で受講される場合、
意外と足かせになってしまいます^_^;

例えば、
「三段目から弾きましょう〜」と言われ、
「ん、段?ああ、行のことか。ええっと3行目、、」となると
理解するまでにワンクッションあります。
そうなると、
慌てて弾き始める事になってしまうかもしれません。

レストランに行って
「ライスですか、パンですか」と聞かれ、
「ごはんで」と言って
「えっと、ライスでよろしいでしょうか。」
となると、
ちょっとチグハグした感じになりますよね。

講師と共通の言葉を使用するようにしておくと、
『えっと、、』から先は省けます。



前回の"1かっこ"や、今回の"段"のように、
専門用語というと少し大袈裟かもしれないけど一応専門用語。という
位置付けの、隠れ専門用語は
教則本に説明されていなかったりしますので、
あまり馴染みがないかもしれません。
実際にレッスンで耳にしないと、
わからない事も多いかと思います。

気づいた時に、
少しずつ修正していければいいかと思います^_^
最初は専門用語を使うのが
なんだか恥ずかしく感じるかもしれませんが、
気にせず使っていきましょう!

次回は共通の認識についてです!

20170713170427028.jpeg





  1. 2017/07/13(木) 10:13:55|
  2. ■レッスン覚書(ギター,ウクレレ)
  3. | コメント:0

【レッスンを上手に受けるコツ①】専門用語


レッスン中に"1カッコ"、"2カッコ"と言われたら、
何のことだかわかりますか?

正解はリピート記号の事です。

20170711173403343.jpeg
正しくは
1番かっこ、2番かっこ と言います。

そんなの常識だよ!という方もいるかもしれませんが、
実はこれが意外と伝わらないことが多いんです。

専門用語をある程度把握しておく事と、
レッスン中のやりとりがとてもスムーズになるので便利です。


同じようにレッスン中によく登場する用語に、
セクションというものがあります。

↓四角で囲ったアルファベットの事です。
201707111734017f1.jpeg
「Cセクションから弾いてみましょ〜」なんて言われたりします。


さらにもう一つ。
アウフタクトというのも大事な用語です。
「Aセクション前のアウフタクトから弾きましょ〜」
なんて言われたりするかもしれません。
これはちょっと難しいですね。
(実際のレッスンではもっと噛み砕いて説明してもらえると思いますが、
一応知っておくと便利です。)


個人レッスンでは質問しやすいと思うのですが、
グループやセミナーなど少し質問しにくい環境の時には、
「ん、どこだ?」なんて思っているうちに、
みんなが弾き始めてしまうこともあります。

そうならない為にも、
これらの専門用語を是非知っておきましょう!
登場した時に、少しずつ覚えていければ大丈夫です^_^

FullSizeRender_20170711175727e9d.jpg

  1. 2017/07/11(火) 17:51:55|
  2. ■レッスン覚書(ギター,ウクレレ)
  3. | コメント:0

【ライブ】ヴァイオリンとギターの音楽 at 鎌倉


15781032_1289534237759956_5331665267896499154_n.jpg

鎌倉長谷にあるCafe Luontoさんにて
ヴァイオリンとギターのデュオで演奏いたします!
今年の2月に行った企画の第2弾になります。
ソロも弾きますので、よろしければ是非^_^
ご予約は直接カフェへ!



ヴァイオリンとギターの音楽 vol.2
■日時
7月8日(土)
15:30 開場 / 16:00開演
■料金
¥3,500(税込)※デザートセットを含む
■内容
ヴァイオリンの梅田みおさんとのデュオになります。
ギターソロ有り。ウクレレ無し。約20席。
コーヒーとお菓子付き。
■曲目
南米系の曲を中心に演奏します。
エストレリータ/チコチコ/コーヒールンバ/アマポーラ/The Rose
エルチョクロ/シェリト・リンド/オーバー・ザ・レインボウ/タイスの瞑想曲
アルハンブラの思い出*/スペイン舞曲 第5番アンダルーサ*
*印はギターソロになります。
■場所
鎌倉Cafe Luonto
〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷2-11-21
■アクセス
江ノ電長谷駅より徒歩5分。
長谷駅から目の前の通りを長谷寺、大仏さま方面へ。
長谷観音前の交差点を右折し、道路左側の1本目の路地を入ったところにお店があります。
■お申し込み
電話:0467-53-8417
mail:cafe_luonto@luonto.co.jp

配布用チラシ
  1. 2017/06/15(木) 16:33:37|
  2. ■クラシックギター全般
  3. | コメント:0

おとなの掟 ソロウクレレ




少し前になりますが、”おとなの掟”のソロウクレレの動画をアップしました!
この曲はドラマ「カルテット」の主題歌です。
椎名林檎が作曲して、
Doughnuts Holeという劇中の架空のグループが演奏するという設定になっています。

昔の椎名林檎の曲を彷彿させる、ダークな曲調です。
加えて、斎藤ネコさんによる弦楽アレンジが特徴的ですが、
これを無理矢理ソロウクレレでアレンジしてみました^_^;
久しぶりにLOW-Gチューニングで作ってみました。

ぜひ!

原曲はコチラ↓
61oSszSS500.jpg

  1. 2017/06/10(土) 13:42:09|
  2. ■ウクレレ全般
  3. | コメント:0

【重版感謝】個人レッスン会 at逗子


本日『定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本』の
重版記念、日頃の感謝を込めまして逗子にて無料個人レッスン会を開催しました。

20170604214517098.jpeg
(レッスン会場の様子)

地元逗子、横浜、都内近郊、そしてなんと群馬(!!)からも
合計7人の方にお越しいただき本当にありがとうございました。

Twitterを見て参加された方が多く、
普段Twitterのアイコンでしか見た事ない方と、
実際にお会いできたりと楽しかったです^_^

僕のYoutubeを見てくれてる方も来てくれて
「Youtubeと(顔が)すごく似てる」と言われ笑ってしまいました。
本人なので似てないとマズいです笑

レベルは本格的な曲を弾く方から、始めてまもない方まで様々でした。
皆様すごく熱心でとてもレッスンしやすかったです。



以下の2つについて多く質問がありました。
①ソロウクレレ2の再販について
②親指以外を使った弾き方


①に関しては本来今年の春に再販予定だったのですが、
現在1曲だけ著作権で揉めていて保留になっています。
ご迷惑おかけしてすみません^_^;

②は今後この辺りをわかりやすく体系化して本にしたいなあと思っています。
ライブ等で見るウクレレプレイヤーの弾き方と
自身の弾き方との差に関心があるのだと思います。
今後、どんどんこの疑問は増えてくると思います。



個人的な質問で
「あなたはギターとウクレレどっちがメインなのか」も多く聞かれました^_^;
この質問結構困ってしまうんですよね。。。
どっちも好きで、たまたま両方できて両方教えられるから、
両方やってるというニュアンスで捉えてもらえると嬉しいです笑

またいつかセミナーやライブ等でお会いできるのを楽しみにしております!
(ソロウクレレ2がもし再販されたら、またやろうかな笑)

ちなみに、今回参加された方が所感をブログに書いてくださっています。コチラ!

差し入れもたくさん本当にありがとうございました!!
初めてお会いしたにもかかわらず、、感謝です。
甘いもの大好きなので嬉しいです。

20170604214132da6.jpeg








  1. 2017/06/04(日) 23:24:47|
  2. ■ウクレレ全般
  3. | コメント:0

【Lesson30】ウクレレがグングン上手くなる動画、譜例付きブログ


こちらの連載は
「定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本」
と連動した動画付き練習ブログとなっています。
本誌の課題曲を上手く弾く為に、
または課題曲で使用されるメインテクニックをよりわかりやすく身につける為に
少しでもお役に立てれば幸いです!





【Lesson30】トレモロとトレモロストロークの練習のコツ!

本誌Lesson29では
トレモロトレモロストロークというテクニックを
「きらきら星」で紹介しました。

トレモロとは
メロディの音を連続で繰り返し弾き、
音がずっと伸びているかのように聴かせるテクニックです。

番外編ブログでは
主にトレモロのの練習を紹介したいと思います。
今回トレモロストロークについては譜例がありませんが、
動画でコツを簡単に解説していますので
そちらを是非参考にしてみてください!

トレモロは右手のpami動きを均等にするのが鉄則です。
よくあるNGパターンとして、
音が団子になってしまっているというのがあります。
どういう事かと言いますと、
まず上手なトレモロは以下のように音(各指)が均等に並んでいます。
p a m i p a m i

団子状態と言うのは以下になります。
pami   pami
このように音(各指)が変にまとまってしまい(団子状態)、
動作の合間に変なスキマができてしまっています。

もうひとつよくあるのは以下のパターン。
p ami  p ami
上記は親指と他三本の間にも、
変なスキマかできてしまっています。

いずれにしろこの変なスキマ
トレモロを上手に聞こえなくしてしまいます。
原因としましては、
右手の各指の独立していない事クセがある事が考えられます。
今回はこの各指のリズムのバランスを整える練習をご紹介します。

それでは練習譜例を見てみましょう!




■練習譜例

renshuu30.jpg

PDFダウンロードはこちら

譜例はCコードをトレモロで弾いています。
ここではワザと付点にして、
均等ではないトレモロを弾いています。
(動画では各譜例とも4回繰り返して弾いています。)

①と②で付点の位置が逆になっている事に気を付けてください。
このように2種類の付点にして、接近した音作る事で、
各指の瞬発力を鍛える事ができます。
これが各指のバランスにつながるという理屈です。
必ず2種類やるのがポイントです。
人間で言う所の腹筋と背筋でしょうか。
両方弾いて各指のクセを無くしてバランスを整えます。

①の譜例は
タータタータ、タータタータというリズム
②の譜例は
タタータター、タタータターというリズムになります。
特に②の付点は滅多に弾かないリズムなので、
慣れるまで大変かもしれません。。。

それでは動画で確認してみましょう!




■動画


テンポ♩=69で弾いています。
動画の後半では
トレモロストロークのコツ
トレモロの別のコツ
解説していますのでそちらも是非(^_^)




■注意点
・正確な付点になっていますでしょうか?録音して聴いてみましょう!




いかがだったでしょうか。
今回の付点練習、フルートやヴァイオリン等の
単旋律楽器の人にとっては当たり前の練習だそうです。
是非色々な練習に応用してみてください!
効果絶大です。

無理せず練習がんばってください(^_^)

200.jpg

amazonページ

  1. 2017/05/05(金) 15:01:17|
  2. 【番外編】定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ