FC2ブログ

Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたり。逗子 横浜 渋谷 宮崎台。一人でも多くの方に楽器の楽しさを知ってもらえるように奔走中!

【Gt.Uk】本番に備える。後編

2018.8.14

前回の続き、”本番に向けた備え”になります。

僕の体験、失敗の経験を踏まえて箇条書きでいくつかご紹介します!



④ちゃんと食事する
あまり関係ないように思われるかもしれませんが、意外と大事です!

空腹だと、なんだか手がふわふわしませんか?

人によっては少し震えたりもします。

楽器演奏は結構細かい作業なので、この辺のちょっとした異変が演奏の出来を左右します。

演奏前は何か食べてからの方がいいです!

オススメはバナナとかゼリー飲料みたいなものです。

僕は本番前、必ずバナナあんぱんを食べます笑

時々、共演者の方に「あんぱんを食べる人、久しぶりに見た」と驚かれます。

演奏後の打ち上げを見越して、空腹にしてると思わぬ結果になってしまうかもしれません。

少し食べてから臨みましょう!

にしても打ち上げのビールは本当に美味しいです。



⑤録音、録画
もうこれは当たり前ですね!

練習で録音をしないまま、人前で弾くことはありえません。

ただ、録音する一番の目的は相手にどういう風に聞こえてるかを知る事です。

”どう思われてるんだろう、どう聞こえているんだろう”

という不安な気持ちは緊張の原因になります。

録音して自分の演奏がどういう風に聞こえるか知っておくと緊張も和らぎます!

人によっては「意外とミスってわからないじゃん!」と思うかもしれませんし、

「思っていたのと違う(. .)」と思うかもしれません。

どちらにせよ、自分の演奏の聞こえ方を知っておきましょう。

あとはある程度の開き直りも大事です!



⑥ミスは気にしない、開き直る!
先ほどの話に少しつながりますが、自分の演奏がどういうものか知ったら、あとは開き直ります笑

本番はミスを気にしない方が絶対いいです。

もちろん注意して弾くことは大事ですが、普段と違う意識を持つことは危険です。

たとえば家で10回中、9回くらいノーミスで弾けていて普段の練習から「ノーミス、ノーミス...」と頭の中で反芻しているのなら、本番もその意識で臨んだ方がいいと思います。

そうではなく、家で10回に1回ノーミスで弾けたとして、その1回を本番で意識して出そうとするのは少し無理があります。

本番の時だけ「ノーミス、ノーミス」と気にし始めるとパニックになってしまいます(* *)

なので本番はミスを気にしません!

特に偶発的な弦のビリつきなどは無視しましょう。

その方がきっとのびのび弾けますよ!



⑦暗譜は入念に。
もし暗譜して弾くのであれば、暗譜は入念にしておきましょう!

僕個人の感覚だと、緊張するしないの大半はこの暗譜の精度にかかっています笑

暗譜の話はそれだけで膨大な量になってしまいますので、過去の記事を載せておきます(^ ^)
少しでも参考になれば幸いです!

暗譜のお話
暗譜1
暗譜2



いかがだったでしょうか。

人前で演奏した後の爽快感や達成感は日常では中々味わえないですよね。

ある意味やみつきになってしまいます。

逆に本番で失敗して、「もう2度と弾きたくない!」と思っても、
不思議なことに数日後には「またやろう!」と思えてきます。

楽器演奏とは自分の可能性を信じて、理想に少しでも近づけるように日々自分を磨き上げていくゲームの様なものなのかもしれません。

ありがとうございました^_^

描画



  1. 2018/08/14(火) 10:40:26|
  2. ■レッスン覚書(ギター,ウクレレ)
  3. | コメント:0
<<映画と演奏⑧『フォー・ザ・ボーイズ』より"In My Life" | ホーム | 【Gt.Uk】本番に備える。前編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する