FC2ブログ

Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたり。逗子 横浜 渋谷 宮崎台。一人でも多くの方に楽器の楽しさを知ってもらえるように奔走中!

【Gt.Uk】付箋箇所の選別で”うっかり”を無くす

2018.2.20
バイオリンとの鎌倉Cafeライブまで1週間を切り、練習も佳境^_^;

本の制作と並行なので、
中々時間が足りないのですが、
そんな時に有効なのが付箋を使った練習です。

付箋を楽譜の苦手なところに貼っていきます。

FullSizeRender_20180220105023dda.jpg
(練習中の楽譜)

それで、この付箋の箇所をピックアップして練習すると効率が良い.......

と、ここまでは割と良くある方法!

実はこの付箋を貼る作業、
苦手レベルの選別が大事です!



単純に難しい所にだけ貼るのではなく、もう少し敷居を下げます。

僕は、その日の最初に弾いてミス、もしくは勘違いした所にも率先して貼るようにしています。

ようするに”うっかり”箇所ですね。

それを踏まえると、付箋を貼るべき苦手レベルは以下の3段階。


■レベル3 
今の技術では弾くのが困難。
■レベル2 
ミスはあるけど、打率5割以上。
■レベル1 
わかっているし、弾けるけど”うっかり”ミスしちゃう。
ˉ ( ・◡ु‹ ) ˄


このレベル1までを貼るようにしています!



レベル1の箇所は弾き直すと、割とすぐ弾けてしまう箇所です。

その為「あー、たまたまミスしたんだな」と思ってスルーしてしまうのですが、これが意外と危険です。

自分ではわかったつもりでも、
パッと弾いてミスが出た箇所は本番でも何かやってしまう可能性があります。

曲をまとめて練習する時間がない時にこの付箋の箇所のみをさらうのが付箋練習です。

貼り付け箇所の選別が甘いと、
本番で意外な箇所の”うっかり”のミスが多発してしまいます。

まあ、それでも想定外のミスは出てしまうのですが、、、^_^;



ちはみに付箋練習では、
普通に弾ける所は何回やっても弾けると信じて弾きません。

昔、数学の試験の時、
冒頭の1、2問に簡単な足し算が出てきたりした経験ありませんか?

敢えて、その足し算に備えて試験勉強はしないですよね。
そんなイメージです!



おすすめの付箋はクリアのフィルムタイプです!

クリアですと付箋したままも練習できますし、
そのままコピーすると色によっては”トーン”みたいになります。

全く写らなくなる色もあります。

ぼくは100円ショップ(キャンドゥ)の付箋をいつも大量買いしています。

棚からごっそり無くなってたら、
僕がやってきたのだと思ってください。
FullSizeRender_20180220105025887.jpg
外見も中々オシャレでしょ?笑


付箋練習は、レッスンに通ってる方の練習方法としても最適です!

是非あの手この手で、
練習楽しんでください^_^


img0201.jpg


  1. 2018/02/20(火) 11:10:28|
  2. ■レッスン覚書(ギター,ウクレレ)
  3. | コメント:0
<<【新刊】手タレになる。 | ホーム | 【Gt,Uk】付点のリズム。次の音にくっつける。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する