FC2ブログ

Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたり。逗子 横浜 渋谷 宮崎台。一人でも多くの方に楽器の楽しさを知ってもらえるように奔走中!

【Uk】右手親指の研究①”クレッシェンド弾き”

2017.12.22

ソロウクレレでは1曲の半分以上を右手の親指を使って弾きます。
それこそ親指だけで弾けるアレンジも数多くあります!
今回はシンプルだけど、とっても大事な親指の弾き方についてです^_^
ちなみに僕の本では”親指ピッキング”と呼んでいます。



メロディを含んだ和音を親指で弾くときは、
クレッシェンド(だんだん大きく)するような気持ちで弾くと、
メロディをはっきりさせながらも柔らかい音色で弾くことができます!

例えば譜例①の和音を親指で弾くとします。
(1弦3フレットがメロディだと思ってください。)
basic.jpg



4弦から1弦に向かって親指で弾くのですが、
下図のように弾き始めの4弦側はやさしく弾き
弾き終わりのの1弦でクッと少し力を入れます。
good.jpg


こうすることで柔らかい音を出しつつも、
メロディを浮きだたせて弾く事ができます。



これとは逆に、よく見かけるのは、
下図のように最初が強く、
終わりが弱くなってしまっている弾き方です。
bad.jpg

このように、4弦側が強いとノイズが鳴りやすく、音が雑に聞こえます。
加えて、1弦側が弱いのでメロディが浮きだってきません。



一般的には、
弾き始めに力を入れすぎてしまっている方が多いように感じます。
思っているよりも弱く弾いて大丈夫です!

何回か弾いて、ぜひニュアンスを掴んでみてください。
簡単な曲なのに綺麗に上手に聞こえる演奏は
この辺りにヒントがあったりします。

1曲の半分以上を親指ピッキングが占めているわけですから、
マスターすれば半分以上がレベルアップする事になります!

次回は動かし方についてです^_^

img013.jpg

つづき
  1. 2017/12/22(金) 01:22:11|
  2. ■ウクレレ全般
  3. | コメント:0
<<【楽譜付】ウクレレで聖母の御子 | ホーム | 【Gt.Uk】左手の指を削る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する