Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたりしています。逗子 横浜 渋谷。Tipsタイトルの【Gt】マークはギター向け、【Uk】マークはウクレレ向けになります!

曲を弾く前に判別しておくこと。

2017.10.2
新しい曲に取り組む際、
弾く前にいくつかの事をチェックしておくだけで
曲の表現力や理解力がグッと変わります。
今回4つほど、ご紹介したいと思います^_^
ちなみにソロギターやソロウクレレなどを想定した内容となっています。



①何拍子なのか。
意外と気にしていない方が多いですが、
拍子なしでは音楽は作れません!
拍子によってアクセントのサイクルや、
リズムの取り方が違うのですごく大事。

②歌モノ(バラード系)なのかリズムもの(ダンス系)なのか。
大体の曲はこのどちらかに属します。
クラシックの場合は曲のタイトルと時代で判別することができます。
元々ボーカルが入ってるポピュラー系は少しややこしいのですが、
歌が入っていてもリズムものの場合があります。
また、途中のサビ等から属性が変わる曲もあります。
判断には少し慣れが必要かもしれません。

③ジャンルは何か。
あまりジャンルに縛られるのもよくありませんが、
曲によっては明確に分かれているのも事実。
ブルース、ボサノバ、ジャズなど、
明確にジャンルが分けられそうな場合は必ず意識しておきます。
曲そのもののノリや、アクセント、弾き方が変わってきますのですごく大事です!

④アウフタクトなのか。
アウフタクト始まりかどうかで、フレーズのまとめ方が変わってきます。
アウフタクト前は少し弱くするとフレーズが自然に聞こえる事が多いです!
ほんのちょっとの事ですがガラッと変わります。



いかがだったでしょうか。
これらの判別は楽器を持っていなくてもできる作業ですので、
是非色々な曲でチェックしてみてください。
練習がんばってください^_^

img008.jpg




  1. 2017/10/02(月) 12:12:55|
  2. ■レッスン覚書(ギター,ウクレレ)
  3. | コメント:0
| ホーム | 【12月1日】逗子教会ギターコンサート>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する