FC2ブログ

Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたり。逗子 横浜 渋谷 宮崎台。一人でも多くの方に楽器の楽しさを知ってもらえるように奔走中!

映画と演奏⑤『Be Cool』より"宇宙のファンタジー"

2017.09.12
第5回『Be Cool』より"宇宙のファンタジー"


第5回目は『Be Cool』から
Earth Wind & Fireの”宇宙のファンタジー”を紹介します。

51MFNSYF5NL.jpg

この映画はパルプフィクションでおなじみのユマ・サーマンとジョン・トラボルタの
共演によるアクションコメディ。



【超あらすじ】
映画プロデューサーとして成功した元ギャングのチリ・パーマー(ジョン・トラボルタ)。
インディレーベルの友人からリンダ・ムーンという新人歌手を
一緒に売り出そうと誘われるも、突如友人がマフィアに殺されてしまう。
遺志を継ぐべく、友人の妻イーディ(ユマ・サーマン)とリンダのプロデュースに加わる事に。
しかし、業界の悪徳プロデューサーやギャング、ロシアンマフィア等が
様々な理由からチリのプロデュースの邪魔をする。
そんな中、リンダはエアロスミスのスティーブン・タイラーに才能を認められ、
エアロスミスのライブに出演する事に、、、、



【曲のシーン】
映画の冒頭でいきなり流れます。
この映画は全体的にバカっぽいB級感が満載なのですが、
それを”宇宙のファンタジー”で印象付けます。

Earth自体が派手な衣装とノリノリのファンクというダサさとの紙一重なんですが、
その辺りがこの映画にピッタリです。
ここで”宇宙のファンタジー”をBGMにジョン・トラボルタが
「続編だぜ?俺は嫌だったけど映画会社に説得させられた」という
台詞を言います。

スクリーンショ46

これはこの『BeCool』自体が『ゲットショーティ』という映画の続編なので、
それに合わせたジョークですね。
そんな感じで随所に笑えるような、笑えないようなネタが満載なんです。



【演奏】

正式タイトルは”Fantasy”なのですが、邦題は”宇宙のファンタジー”。
ファンタジーだけで収まらないところがなんとも邦題らしいです。
アル・マッケイ(Gt)のカッティングを意識して、
今回はウクレレのジャカソロ風アレンジ。



【好きなシーン】
敵の事務所のボディガードとして登場するエリオットというキャラがいるのですが、
脇役ながら最後の最後まで映画を盛り上げてくれます。

スクリーンショット 2014

俳優になりたい夢を持ったちょっと頭の悪いボディガードです。
こういう憎めない敵キャラ結構好きなんですよね。
夢を逆手に散々チリ・パーマーの口車に乗せられて利用されるのですが、
彼が最後どうなるのか見ものです。

あとスティーブン・タイラーが本人役で登場してるのもおもしろいです。
ライブシーンもあり、ストーリーの後半で結構重要な役です。
他にもセルジオ・メンデスやジーン・シモンズなども一瞬登場したりします。
そう考えると、内容とは反対にメンツはA級ですね。



【おまけ】
どことなくパルプフィクションに似てるなあと思いました。
二人のダンスシーンもありますしね。
しかし、今回のジョン・トラボルタは無敵です。
銃を向けられても全く動じません。
そして、ユマ・サーマンはやはりおかっぱ頭の方がいいです。はい。

  1. 2017/09/12(火) 01:07:27|
  2. ■映画と演奏season1
  3. | コメント:0
<<捨てる練習! | ホーム | 【UK.】長い音符で横移動!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する