FC2ブログ

Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたり。逗子 横浜 渋谷 宮崎台。一人でも多くの方に楽器の楽しさを知ってもらえるように奔走中!

三歩進んで二歩下がらない。

2017.08.20
前回記憶の話をしましたが、その関連をもうひとつ。

時々、レッスンで一緒に音取りをしてなんとなく弾けるようになったのに、
家での復習をサボってしまい、
また次のレッスンで前回と同じ作業をされるというシーンがあります。

これはちょっともったいないですよね。。。
3歩進んで2歩下がってしまっています。

今回は2歩下がらないようにするお話。



新曲に取り組む時、とりあえずの目標として
”曲全体をゆっくり一定のテンポで通して弾けるようにする”
というのがあります。
(気にされてなかった方は、気にされる事をおすすめします^_^)

一度全体を通して弾けるようにしておくと、
曲全体がイメージできるので記憶にも残りやすく、
そのあとの練習もかなりスムーズになります。

逆に全体を通せてないと、
断片的にしか曲が入ってこないので、
曲をイメージしにくいので記憶に残りづらく、忘れやすい状態です。
つまり2歩下がってしまいやすい状態です。

なので、
”曲全体をゆっくり一定のテンポで通して弾けるようにする”までは
集中して毎日練習しましょう!

「ああ、また毎日練習しろか。」と、
耳にタコだと思いますが
今回は数値化して解説してみます。



ゆっくり、曲全体を一定のテンポで弾けるようになる事を50とします。
1回の練習をプラス10として、
1日練習を空けるとマイナス5とします。

■毎日練習を続ければ、、、
10+10+10+10+10で5日間で50になります。

■1日置きに練習すると、、、
10-5+10-5...となり、20日間要する事になります。
恐ろしい!

実際は毎日練習していても、
次の日には、ある程度忘れてしまいます。

逆にサボったからといって毎回必ずマイナス5になる事もないので、
完全に上記の通りというわけではないのですが、
後者の練習方法が損しているのは事実です。



一定のテンポで通せるようになったら、
曲の枠組みがイメージできるようになるので、
多少サボっても大きく忘れる事はなくなると思います。
(半歩ぐらいは下がりますけどね)

新曲に取り組むときは、
一定のテンポで通せるようになるまでが勝負!!
そこまでは必死です笑

練習がんばってください^_^

img001.jpg





  1. 2017/08/20(日) 15:23:41|
  2. ■レッスン覚書(ギター,ウクレレ)
  3. | コメント:0
<<曲の最後から弾く練習。 | ホーム | 映画と演奏③『ナイトクローラー』より"エストレリータ">>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する