Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたりしています。逗子 横浜 渋谷。Tipsタイトルの【Gt】マークはギター向け、【Uk】マークはウクレレ向けになります!

【Lesson14】ウクレレがグングン上手くなる動画、譜例付きブログ


こちらの連載は
「定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本」
と連動した動画付き練習ブログとなっています。
本誌の課題曲を上手く弾く為に、
または課題曲で使用されるメインテクニックをよりわかりやすく身につける為に
少しでもお役に立てれば幸いです!




【Lesson14】親指ピッキングと人差し指ストロークの切り替えをマスターする!

本誌Lesson14では
ソロウクレレに人差し指ストロークを加えたテクニックを
課題曲「真珠貝の歌」で紹介しました。

メロディが伸びている合間に
人差し指ストロークでコード伴奏を入れるのですが、
この時、右手の奏法の切り替えが重要になってきます。

奏法を切り替える際、
親指ピッキングする直前で
すかさず人、中、薬、小指をボディ側面に添えます。

このタイミングがうまくないと、
曲のノリも少し悪くなってしまいます。

本書では楽譜内にCという記号で、
その部分を示しています。

特にストラップをつけて演奏している方は
あまり意識しなくても楽器が安定していますので、
意外と指を添える基本が、
おろそかになっている場合があります。
ぜひ確認してみましょう!

練習譜例を紹介する前に、
課題曲ではどんなタイミングで
切り替えているのかわかりやすくする為に、
真珠貝の歌のスローバージョンの動画
載せておきましたので、
右手の動きに着目して練習の参考にしてみてください!



いかがでしょうか。
それではこれらを踏まえた上で、
練習譜例を見てみましょう!




■練習譜例

renshuu14.jpg

PDFダウンロードはこちら

上記譜例の四角い枠部分は
人差し指ストロークになります。
親指伴奏の直前でボディ側面に指を添えて弾きましょう。

このようにシンプルに
親指ピッキングと人差し指ストロークを交互に弾く事で、
右手奏法の切り替えが学びやすくなるかと思います。

では動画で確認してみましょう!




■動画



テンポはフリーで弾いています。
指を添えるタイミングに気をつけましょう!




■注意点

・奏法の切り替えが、ぎごちなくなっていないか注意しましょう。




いかがだったでしょうか。
ソロウクレレでは
さまざまな奏法の切り替えが必要になってきます。
うまくいかない場合はゆっくり冷静に考え、
奏法の基本を振り返ってみると、
フォームの差などヒントが見つかるかもしれません。

ぜひ練習がんばってください(^-^)/


200.jpg

amazonページ

  1. 2016/09/30(金) 17:04:06|
  2. 【番外編】定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本
  3. | コメント:0
<<【Lesson15】ウクレレがグングン上手くなる動画、譜例付きブログ | ホーム | 【Lesson13】ウクレレがグングン上手くなる動画、譜例付きブログ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する