Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたりしています。逗子 横浜 渋谷。Tipsタイトルの【Gt】マークはギター向け、【Uk】マークはウクレレ向けになります!

【Lesson11】ウクレレがグングン上手くなる動画、譜例付きブログ


こちらの連載は
「定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本」
と連動した動画付き練習ブログとなっています。
本誌の課題曲を上手く弾く為に、
または課題曲で使用されるメインテクニックをよりわかりやすく身につける為に
少しでもお役に立てれば幸いです!




【Lesson11】セーハコードを上手に平行移動!

本誌Lesson11では
コードの平行移動
課題曲「アメイジング・グレイス」で紹介しました。
アメイジンググレイスでは
後半、転調することによって、
平行移動の基本的な仕組みを学びました。

ここではもう少し、
技術的な面にスポットを当て、
連続した平行移動
練習をしてみたいと思います。

このような動きは、
ジャカソロ等でよく登場しますので
できるようにしておくと何かと便利です!

それでは練習譜例を見てみましょう!




■練習譜例

renshuu11.jpg

PDFダウンロードはこちら

平行移動を多く含んだ譜例となっています。
同じ形を横にズラすのですが、
指がバタついて平行移動しないように
気をつけましょう。

ポイントはコードの形をキープしたまま、
形全体が弦の上を滑るように移動させます。
イメージとしてはスケートなどで、
氷の上を滑っている感じ。

フッと力を抜いて移動
して、
目的のフレットに来たら
クッと力を入れます!

今回は動きが非常に重要ですので、
NGパターンも動画で紹介しています。

自分の動きと見比べて、
NGになっていないか確認しながら
ゆっくり練習してみてください。

それでは動画で動きを確認してみます!




■動画



テンポはフリーでOK!

ゆっくりと指の動きに注意しながら、
譜例を弾きましょう。
右手は親指ピッキングで弾きます。

ちなみに、
(3,3,4,5)や(1,1,2,3)のコードは
ジョイントで押さえる事も多いのですが、
今回はアメイジンググレイスで登場したように、
4弦までセーハした形で押さえます。

(5354)と(3132)はセーハではありませんが
そのまま平行移動が可能です!
”□7”のコード。
よく登場します!




■注意点

・移動する際に指が指板からは慣れすぎていませんか?コードの形をそのままズラしましょう!
・横移動の際にスライド音がなるべくならないようにしましょう!




いかがだったでしょうか。
譜例が弾ければ、
平行移動はバッチリかと思います!

セーハやジョイントをしながらの平行移動は
結構苦手な方が多いので
たくさん練習して周りに差を付けましょう!

平行移動の仕組み(座学的な部分)は
コードを覚える上でも、
とても大切ですので、
本書でもう1度確認しておきましょう!
開放弦を含んだものもあります。

ぜひ練習がんばってください(^-^)/


200.jpg

amazonページ

  1. 2016/09/15(木) 13:09:17|
  2. 【番外編】定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本
  3. | コメント:0
<<【Lesson12】ウクレレがグングン上手くなる動画、譜例付きブログ | ホーム | 【Lesson10後編】ウクレレがグングン上手くなる動画、譜例付きブログ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する