Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたりしています。逗子 横浜 渋谷。Tipsタイトルの【Gt】マークはギター向け、【Uk】マークはウクレレ向けになります!

【Lesson9 後編】ウクレレがグングン上手くなる動画、譜例付きブログ


こちらの連載は
「定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本」
と連動した動画付き練習ブログとなっています。
本誌の課題曲を上手く弾く為に、
または課題曲で使用されるメインテクニックをよりわかりやすく身につける為に
少しでもお役に立てれば幸いです!




【Lesson9 後編】様々なリズムを自由に行き来する!

本誌Lesson9では
シンコペーションのストローク
課題曲「カントリーロード」で紹介しました。

本書、カントリーロードのストロークリズムは
一つのパターンだけを繰り返します。
ここでは少し発展させて、
シンコペーションのリズムも含めて、
8ビートのリズムを
自由に行き来できるか
確認してみましょう!

前編で学んだ空ストロークの感覚
非常に重要になってきますので
ぜひチャレンジしてみてください!

それでは練習譜例を見てみましょう!





■練習譜例

renshuu9_2.jpg

PDFダウンロードはこちら

譜例では右手の振りを一定に保ちながら
アップ、ダウンの空ストロークを入れて
各リズムを弾いていきます。

最初は確認のため各段ごとに
休憩を入れて弾いて、
しっかりリズムを確認しましょう。
慣れましたら4つのリズムを繋げて弾きます。
この時、メトロノームを必ず使用しましょう
これが自由にできたら、
8ビートストロークはバッチリ!

ちなみにストロークのアップダウンは、
8分音符のオルタネイトを基本として
そこから不要な部分を抜いていく考えです。
本書のP.46にも記載していますので、
参照してみてください。

前回同様、
ストローク記号のカッコ書き部分は
空ストロークになります。

動画でよく動きを確認してみましょう!




■動画



左手はGコードを押さえています。
テンポは120で弾いていますが、
最初は遅くからスタートしましょう!
各段ごとを2回ずつ弾いて、
繋げたものを2回弾いています。




■注意点

・右手の振りを一定に保ったまま各リズムに対応できていますでしょうか?
・メトロノームを使用してテンポが乱れないように気をつけましょう!




いかがだったでしょうか。
無理なく自由に行き来できましたでしょうか。
慣れたらカントリーロードのストロークリズムを
セクションごとに変えて弾いてみるのも
おもしろいかと思います。
リズムを変えるヒントは
本書コラムP.62も参考にしてみてください。

ぜひ練習がんばってください(^-^)/


200.jpg

amazonページ

  1. 2016/09/07(水) 09:08:07|
  2. 【番外編】定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本
  3. | コメント:0
<<【Lesson10前編】ウクレレがグングン上手くなる動画、譜例付きブログ | ホーム | 【Lesson9 前編】ウクレレがグングン上手くなる動画、譜例付きブログ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する