Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたりしています。逗子 横浜 渋谷。Tipsタイトルの【Gt】マークはギター向け、【Uk】マークはウクレレ向けになります!

【Lesson9 前編】ウクレレがグングン上手くなる動画、譜例付きブログ


こちらの連載は
「定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本」
と連動した動画付き練習ブログとなっています。
本誌の課題曲を上手く弾く為に、
または課題曲で使用されるメインテクニックをよりわかりやすく身につける為に
少しでもお役に立てれば幸いです!




【Lesson9 前編】空ストロークをマスターする!

本誌Lesson9では
シンコペーションのストローク
課題曲「カントリーロード」で紹介しました。

前編ではシンコペーション時の、
空ストローク
ニュアンスを感じる
練習をしましょう。

空ストロークとは
右手ストロークの腕の動き(振り)を保ちつつも、
わざと弦に当てないこと
を言います。

自然と空ストロークができるようになると
様々なリズムに対応できますし、
ストロークのノリも良く聞こえますよ!

それでは練習譜例を見てみましょう!

基本的なコツは本書にも掲載していますので、
そちらを参照してください!




■練習譜例

renshuu9.jpg


PDFダウンロードはこちら

譜例では
右手の振りを一定に保ちながら
アップ、ダウンの空ストロークが入れられるか

をチェックします。

最初に、
8分音符のオルタネイト(ダウンアップの交互)を1小節弾いた後、
アップの空ストロークを意識してダウンストロークを弾きます。
その後、
再び8分音符のオルタネイトを1小節弾いた後、
今度は、
ダウンの空ストロークを入れてアップストロークのみを弾きます。

ちなみに、
4小節目はわかりやすさを優先して
オモテ拍を休符で書きましたが、
わざわざ音を止める必要はありません。

ストローク記号のカッコ書き部分が
空ストロークになります。

ルールが少しややこしいので、
動画でよく動きを確認してみましょう!




■動画



テンポはフリーでOK!
左手はGコードを押さえています。




■注意点

・最初はわざとらしく大げさに空ストロークを意識してみましょう!
 右手の振りが常に一定になっているか気を付けましょう!




いかがだったでしょうか。
空ストロークの感じは掴めましたでしょうか。
カントリーロードの弾き語りに、
活かしてみてください。
次回後編は
シンコペーションと空ストロークを更に強化します!

ぜひ練習がんばってください(^-^)/


200.jpg

amazonページ

  1. 2016/09/05(月) 09:58:45|
  2. 【番外編】定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本
  3. | コメント:0
<<【Lesson9 後編】ウクレレがグングン上手くなる動画、譜例付きブログ | ホーム | 【Lesson8後編】ウクレレがグングン上手くなる動画、譜例付きブログ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する