Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたりしています。逗子 横浜 渋谷。Tipsタイトルの【Gt】マークはギター向け、【Uk】マークはウクレレ向けになります!

【Lesson8後編】ウクレレがグングン上手くなる動画、譜例付きブログ


こちらの連載は
「定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本」
と連動した動画付き練習ブログとなっています。
本誌の課題曲を上手く弾く為に、
または課題曲で使用されるメインテクニックをよりわかりやすく身につける為に
少しでもお役に立てれば幸いです!




【Lesson8 後編】セーハの特訓!

本誌Lesson8では
小セーハと大セーハ
課題曲「The Rose」で紹介しました。

今回は後編としまして、
セーハについて
解説したいと思います。

セーハとは指一本で、
4本の弦を同時に押さえる事を言います。

セーハはとても大事なテクニックです。
ウクレレを弾く上で避けては通れないのですが、
同時に苦手な人が多いのも
このテクニックの特徴です(^^;

ここではセーハが上手になる為の
指の運動を紹介してみたいと思います。
基本的なコツを試しても、
セーハコードがうまくいかない人は
是非試してみてください。

基本的なコツは本書にも掲載していますので、
そちらを参照してください!

それでは譜例を見てみましょう!




■練習譜例

renshuu8_2.jpg

PDFダウンロードはこちら

今回は2つの練習譜例を弾きます。

■NO.1 セーハで力を加える必要のある弦を意識する練習

セーハはパッと見、
全ての弦に力を加えないといけないように思われますが、
ほとんどの場合が、
人差し指以外の指と組み合わせて押さえる事が多いです。

例えばBmコードであれば1弦から、

Bm(2,2,2,4)(人人人薬)

という押さえになります。
この時、
セーハで鳴らす必要があるのは1〜3弦
になります。
なので弦全てに力を加えてセーハするというよりは
1〜3弦を意識して力を加えればいいわけです。
No.1ではその辺りの力加減を練習します。
無駄な力をなくし、的確なセーハを目指します。

■NO.2 指の開きを強化する。

セーハ単体では音が鳴るのに、
他の指を足すとセーハが浮いてしまって音が出なくなる。
という場合も結構あります。
これは各指がしっかり1本1本開いていないのが原因です。
指が開いていないと、
セーハ以外の指にセーハが引っ張られて、
浮いてしまいます。
NO.2の譜例でその辺りを改善します。

それでは動画で動きを確認してみましょう!




■動画



テンポはフリーでOK!
譜例の複縦線ごとに休憩をいれています。
焦らずに練習ポイントを
しっかり踏まえて弾きましょう。




■注意点

NO.1→力を加えるべき弦のみに力を加えるイメージで弾きましょう。どの弦を弾いているのか強く意識するのが大切です。セーハの指は決して反らないように!

NO.2→人、中、薬、小指が全て押弦したのを見て、次の弦に移りましょう。




いかがだったでしょうか。
人差し指の何処に力を加えるかが、
自由に意識できるようになると、
最小限の力でセーハができます!
時代は省エネ。がんばりましょう!

NO.2の譜例は慣れたら、
1〜5フレットで行うと
更に指の開きが鍛えられます。

セーハは少し時間のかかるテクニックですので、無理せず気長に。。

ぜひ練習がんばってください(^-^)/


200.jpg

amazonページ

  1. 2016/08/30(火) 15:25:27|
  2. 【番外編】定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本
  3. | コメント:1
<<【Lesson9 前編】ウクレレがグングン上手くなる動画、譜例付きブログ | ホーム | 【Lesson8前編】ウクレレがグングン上手くなる動画、譜例付きブログ>>

コメント

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!

ネックを前に出すフォーム、
指の腹よりやや側面で押さえる等の基本に関しては、
本書の方で説明をいれていますので、
ここでは説明を省いています。
ご理解いただければと思います。

ちなみに動画では右斜めから撮影してる為か、
平行に構えているように見えるかもしれません。

もし、この件に関して長くなりそうでしたら、
メールにてご連絡いただけると助かります。
よろしくお願いいたします!
  1. 2016/08/31(水) 18:43:42 |
  2. URL |
  3. 佐藤雅也 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する