Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたりしています。逗子 横浜 渋谷。Tipsタイトルの【Gt】マークはギター向け、【Uk】マークはウクレレ向けになります!

【Lesson8前編】ウクレレがグングン上手くなる動画、譜例付きブログ


こちらの連載は
「定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本」
と連動した動画付き練習ブログとなっています。
本誌の課題曲を上手く弾く為に、
または課題曲で使用されるメインテクニックをよりわかりやすく身につける為に
少しでもお役に立てれば幸いです!




【Lesson8前編】小セーハ(ジョイント)の特訓!

本誌Lesson8では
小セーハと大セーハ
課題曲「The Rose」で紹介しました。

今回は前編としまして、
小セーハ(ジョイント)について
解説したいと思います。

小セーハとは指一本で、
2本の弦を同時に押さえる事を言い、
ジョイントとも言います。

ジョイントでは左手の指の
第1関節を反らせるのが
大事なポイントになります。

ここでは第1関節を
上手く反らせられているか
確認する為の譜例を紹介します。
それでは譜例を見てみましょう!




■練習譜例

lesson8前編

PDFダウンロードはこちら

ジョイントに必要な
第一関節の”反らし”を養います。
今回の譜例は少し練習の仕方が複雑です。
以下のルールに気を付けて弾いてみましょう!

譜例1段目は
2弦1フレットを人差し指で押さえた状態で弾きます。
1弦、1フレットの音は指を反らせて押さえます。
これがジョイントの動きになります。

同じ要領で、2段目は
4弦2フレットを人差し指で押さえた状態で弾きます。
3弦、2フレットの音は指を反らせて押さえます。

それでは動画で動きを確認してみましょう!




■動画



テンポはフリーでOK!
焦らずに練習ポイントを
しっかり踏まえて弾くのが大切です。




■注意点
・ジョイントにする時に手全体を動かさないようにしましょう。
 あくまで指の第一関節だけをペコペコさせる感じです。
・後半、和音になると開放弦の音が潰れやすいので気を付けましょう!




いかがだったでしょうか。
反らせる動きは慣れないと少し大変ですが、
身体のストレッチと同じで
毎日少しずつやると、段々反るようになってきます。
できるようにしておくと、
押弦の自由度が高くなるので便利です。
焦らず、気長にやってみましょう!

ぜひ練習がんばってください(^-^)/


200.jpg

amazonページ

  1. 2016/08/26(金) 10:40:33|
  2. 【番外編】定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本
  3. | コメント:0
<<【Lesson8後編】ウクレレがグングン上手くなる動画、譜例付きブログ | ホーム | 【Lesson7】ウクレレがグングン上手くなる動画、譜例付きブログ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する