FC2ブログ

Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたり。逗子 横浜 渋谷 宮崎台。一人でも多くの方に楽器の楽しさを知ってもらえるように奔走中!

【Lesson4】ウクレレがグングン上手くなる動画、譜例付きブログ


こちらの連載は
「定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本」
と連動した動画付き練習ブログとなっています。
本誌の課題曲を上手く弾く為に、
または課題曲で使用されるメインテクニックをよりわかりやすく身につける為に
少しでもお役に立てれば幸いです!




【Lesson4】足でリズムを取りながら弾く!

本誌Lesson4では
リズムの上手な取り方
課題曲「春(ヴィヴァルディ)」で紹介しました。

『1と2と、、』と
足でリズムをとりながら弾けるようになるには
少し段階を踏んであげると良いです。
こまかく分けて、
以下のような順序になります。

0.足で「1と、2と」とリズムが取れる

1.リズムをちゃんと、理屈でわかっている。
(ここはウラ拍だ。ここはタイで繋がっているから弾かないんだ。とか)

2.口でリズムが言える
(ターンタ、ターターなど。)

3.口でリズムを言いながら、足が踏める。


4.弾きたいフレーズを開放弦にして、足でリズムを取りながら弾く。

5.足でリズムを取りながら、実際にフレーズを弾く。

全てできますでしょうか?
今回は4番の方法
練習してみたいと思います!
それでは譜例を見てみましょう!




■練習譜例

renshu4.jpg

PDFダウンロードはこちら

上記譜例は
課題曲『春』で登場する
全ての種類のリズムを
1弦開放弦だけで弾けるように
置き換えたものです。

このように、
リズムに自信が無い場合、
まずは左手の負担をなくして、
リズムだけに集中して
練習できるようにしましょう!

これらの譜例を
足でリズムをとりながら
弾いていきます。
では動画で確認してみましょう!




■動画


本誌楽譜に記載されている、
足の踏み方の↓↑や
リズムの口(くち)での表記等も
是非参考にしてみてください!




■注意点
・足がちゃんとウラ拍であがっているか。
・口でリズムが言えるか。




いかがだったでしょうか。
リズムは1度おざなりにしてしまうと、
この先ずっとモヤモヤした感じで
なんとなくカンで弾く事になってしまいます(´・_・`)
ウクレレを弾く上で
音を出す以上に重要な事ですので
是非がんばりましょう!

慣れたら左手を加えて、
本編の「春」
ぜひ挑戦してみてください(^-^)/
格段に弾きやすくなってるはずです!

200.jpg

amazonページ




■おまけ
以前こちらのブログ内で
連載したリズムの取り方についてです。

『誰でもリズムが取れるようになる話』

全9回とちょっと長めですが、
よろしければ合わせてご覧下さい。

それでは!


  1. 2016/08/16(火) 17:00:23|
  2. 【番外編】定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本
  3. | コメント:0
<<【Lesson5】ウクレレがグングン上手くなる動画、譜例付きブログ | ホーム | 【Lesson3】ウクレレがグングン上手くなる動画、譜例付きブログ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する