Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたりしています。逗子 横浜 渋谷。Tipsタイトルの【Gt】マークはギター向け、【Uk】マークはウクレレ向けになります!

【Lesson1】ウクレレがグングン上手くなる動画、譜例付きブログ


こちらの連載は
「定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本」
と連動した動画付き練習ブログとなっています。
本誌の課題曲を上手く弾く為に、
または課題曲で使用されるメインテクニックをよりわかりやすく身につける為に
少しでもお役に立てれば幸いです!




【Lesson1】課題曲を短く区切って交互に弾く!

本誌Lesson1では
基本的なメロディの弾き方として
右手親指のアルアイレを紹介しています。
単音メロディと和音を含んだメロディの2パターンの弾き方を
「かえるの合唱」で学ぶのですが、
和音バージョンを弾くとどうしても
メロディが他の音に埋もれてしまいがちになってしまいます。

なので、2小節ずつ短く区切って
単音バージョンと和音バージョンを交互に弾き、
メロディが埋もれていないかチェックしながら練習してみましょう。
下の練習譜例を参考にしてみてください!




■練習譜例
練習譜例1

PDFダウンロードはこちら

こちらの練習譜例は
課題曲の「かえるの合唱」の各バージョンを
単純に2小節ずつ交互に繋げたものになります。




■動画
では動画で確認してみましょう。


ここでは譜例の各段ごと(4小節ごと)に
少し休憩を入れています。
ゆっくり確認しながら弾いていきましょう!




■注意点
・単音バージョンで弾いている時となるべく同じように、
 和音バージョンのメロディも鳴っていますか?

・メロディの鳴り方に大きな差がないか、
 しっかり耳で聞いてみましょう!




いかがだったでしょうか。
このように短く区切って交互に弾く事で
右手アルアイレでしっかりとメロディが弾けているか
比較がしやすくなったかと思います。

実はこの練習方法は
色んな場面で応用ができます!

例えばソロウクレレの際、
「なんかイマイチメロディが聞こえてこないなあ」
と思う事があれば、
上記のように
メロディだけを2小節弾いて、その後にソロウクレレで同じ2小節を弾く。
なんていう練習をすると、
どこでメロディが埋もれてしまっているのか
弱点が明確になるかと思います。
あくまで短く小節を区切るのがポイントです!
実際のレッスンでも
やってもらう事が結構あります。
ちなみに、、、
前書「3ステップウクレレ」では
全曲メロディだけのページがありますので、
そういった活用もしていただけます!(;^_^A(宣伝)

ぜひ練習がんばってください!(^-^)/

200.jpg




  1. 2016/08/13(土) 10:14:38|
  2. 【番外編】定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本
  3. | コメント:0
<<【Lesson2】ウクレレがグングン上手くなる動画、譜例付きブログ | ホーム | 真夏のウクレレセミナー!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する