FC2ブログ

Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたり。逗子 横浜 渋谷 宮崎台。一人でも多くの方に楽器の楽しさを知ってもらえるように奔走中!

【Gt.Uk】誰でもリズムがとれるようになる話⑩


最終回:まとめのお話

全9回に渡って連載してきた「誰でもリズムがとれるようになる話」がついに最終回です!
感動のフィナーレ。
何かのお役に立てていれば幸いです(^_^)
これまでの注意点をザッとまとめてみます。

•「1と2と3と4と」と足でオモテ拍とウラ拍を感じられるようにする。

•とにかくウラ拍の意識を持つ事が大事。

•足を踏んだらすぐに”ふわーっ”と足が上がってこないようにする。

•「と」のウラ拍の位置で足をビシッとあげる。

•一定のテンポをキープできるように最初はゆっくり弾く。

•口でリズムを言えるようにする。

•足を踏みながら口でリズムを言い、拍のどの位置に音が入るのかを意識する。

•技術的に難しいときは、全部開放弦等に置き換え、まずはちゃんとリズムを把握する。

•基本的に拍子記号の分子の数以上は足を踏まないようにする。
(4分の4拍子なら4つ、8分の6拍子なら6つ)


こんな感じでしょうか。
本当はまだ3連符、6連符、ハネと大事な要素が残っているのですが、
今回の連載ではとにかく『1と2と3と4と』と足でオモテ拍とウラ拍を感じるというのが
目的でしたので割愛させて頂きました。
3連符などは音のまとまりが奇数になり、
少し考え方も変わってくるので、
ごちゃごちゃにならないようにまた別の機会で説明していきたいと思います!

連載の後半では複雑なリズムが登場しました。
足を踏みながら口でリズムを言えるようにするというのが大きなポイントになりました。
よっぽど変なリズムでない限り、必ず拍に当てはまります。

速い曲でも最初はゆっくり「1と2と、、」とリズムを確認し、
それを段々速くしていけば理想のものになるはずです。
曲が速くなればなる程、ウラ拍の「と」の感覚は薄れていきますが、
リズムが崩れないように気を付けましょう!

リズムは1度疎かにしてしまうと中々直りにくいものです。
個人的に独学で一番難しいのはリズムなのかなと思っています。
取れているようで、ちゃんと取れていない人が残念ながらほとんどです。
独学では中々答え合わせがしにくい作業なのだと思います。
リズムは指先の技術と同じくらい大切な事です!
是非マスターしましょう!

今回はリズムの取り方だけを説明していきましたが、
本当はリズムが正確に理解できた後、”拍子感”というのが重要になってきます。
その辺りについてもまた機会があれば説明します!
それでは〜

描画



  1. 2016/01/10(日) 14:32:36|
  2. ■リズムがとれるようになるお話
  3. | コメント:2
<<【Gt.Uk】下手なコラムと毎日15分弾く体力 | ホーム | 【Gt.Uk】誰でもリズムがとれるようになる話⑨>>

コメント

楽しかったです。

10回にわたるリズムのお勉強、楽しかったです。
ありがとうございました!
ゲーム感覚でトライしました。
ついついリズムが乱れたり、揺れたりしてしまいがちですが、折々に復習して正確なリズムを身に付けたいです。
’拍子感’も楽しみにしています。(^^♪

  1. 2016/01/10(日) 20:00:55 |
  2. URL |
  3. Sandy #Zq.a93B6
  4. [ 編集 ]

Re: 楽しかったです。

いつもコメントありがとうございます!励みになります笑
リズムは中々うまく文章で伝えられず、もどかしかったです。
何かのお役に立てていれば嬉しいです!
  1. 2016/01/12(火) 11:59:06 |
  2. URL |
  3. 佐藤雅也 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する