Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたりしています。逗子 横浜 渋谷。Tipsタイトルの【Gt】マークはギター向け、【Uk】マークはウクレレ向けになります!

【Gt.Uk】誰でもリズムがとれるようになる話⑦


第7回:16分音符を極める!

前回までは、”足を踏んで上げる”という動作の中に
ひとつずつの音を入れましたが、
今回から登場する16分音符の場合は”踏んで2つ、上げて2つ”音をいれます!

asi.jpg

■タカタカ。
楽器を弾く前に、音が”2つずつ入る感覚”を掴みましょう!
まず、足で『1と2と3と4と』とリズムを取り、オモテ拍とウラ拍を感じます。
次に口で”タカタカ”と言います。
足を踏んだ時に最初の"タ"、あげた時に2つ目の"タ"がピタッと当てはまっている事を意識してください。
最初のがオモテ拍、二個目のがウラ拍です。

たかたか

■注意点
特にウラ拍の2個目の"タ"の位置がズレやすいので気をつけましょう。
踏んで2つの音が入りますので、
”踏んだらすぐにふわーっと足が上がらない”ように気をつけましょう。
足が速く上がりすぎたりして、ウラ拍の位置が曖昧にならない様に!

■実際に弾いてみる!
では実際に弾いてみましょう!
連載中、何度も言っていますが(しつこくてスミマセン、、)
とにかく”足の踏み方””ノリ”は変えないでください!
音の数だけ踏んだり、テンポを変えたり、、等。これはいけません!
あくまで足でとっているリズムの中に”音を当てはめていく”だけです!
がんばりましょう〜

名称未設定#3

■解説と注意点
①タカタカ、タカタカ、タータカ、タカター
8分音符とのコンビネーション。
後半の8分音符の所で足が早くあがらないように注意!

②タカタカ、ターター、タカタカ、ターター
同じく8分音符とのコンビネーションですが、
今度はウラ拍も8分になりました。
16分音符からの切り換えにうまく対応して、走らない様にに気をつけましょう!

③タカタカ、ターー、ターー、タカタカ
4分音符とのコンビネーション。
スキマがますます長くなってます。
こちらも16分音符からの切り換えにうまく対応して、走らない様にに気をつけましょう!
4分音符のウラ拍はかなり意識してリズムをキープしましょう。
音が無くてもウラ拍を感じます!

④タカター、タータカ、タカタカ、ターー
まとめです!


いかがだったでしょうか。”踏んで2つ、上げて2つ。”
是非マスターしましょう!
ここまでくれば、三連符意外あとはこれらの応用になります!

次回は付点8分音符!まだまだ続きまーす(^_^;)

  1. 2015/12/17(木) 18:36:39|
  2. ■レッスン覚書(ギター,ウクレレ)
  3. | コメント:0
<<【Gt.Uk】誰でもリズムがとれるようになる話⑧ | ホーム | ウクレレマガジンVol.14>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する