Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたりしています。逗子 横浜 渋谷。Tipsタイトルの【Gt】マークはギター向け、【Uk】マークはウクレレ向けになります!

【Gt.Uk】誰でもリズムがとれるようになる話⑤


第5回目:付点4分音符が出てきても大丈夫。

この連載、実は結構続くのです。。。
今回で5回目!どうか末永くお付き合いください。

連載全体を通して言える事は、
とにかく足のカウントを常に一定で
『1と2と3と4と』と刻み、
”必要な場所に音を入れていく感覚”を見につけましょう!
という事です。

では本題へ〜

■付点4分音符
4分音符に点が付くと(つまり付点4分音符)、
元の長さの1.5倍になります。
4/4拍子の場合であれば1.5拍分になります。
ちなみに1.5倍がイマイチ、ピンとこない場合は
”元の長さ+半分の長さ”という認識でもOKです。
僕は数学が苦手で、
ある時期まで1.5倍というニュアンスがよくわかってなかったです(;^_^)

CCI00000_20151208011517223.jpg

■付点4分音符が混ざった譜例
では実際に弾いていきましょう!
今回もリズムをとる練習が目的なので、
左手の音はシンプルにしておきましょう。
前回同様、ギターの場合は1弦開放のミ、
ウクレレの場合は1弦開放のラ等が良いでしょう。
(ここでは便宜上、譜例ではミの音を使用しています。)

では足で「1と2と3と4と」とカウントをとりながら以下の譜例を弾いてみましょう。
しつこい様ですが、とにかく足のあげる位置に気を付けてください!
足を踏んだ後、ふわーっとなんとなく上がってこない様にしましょう。
あくまで”踏んで、あげる”という2つの動作です!

5plus.jpg


■口でリズムを言う。”ン”を入れる。
いかがだったでしょうか。
付点4分音符が入る事によって、
音を出さない部分が長くなります。
そのスキマが長くなればなるほど、
リズムをキープしにくくなります。

なので今回のパターンのように”オモテ拍に音がない場合”は
伸ばしている部分にを入れて数えるのがオススメです。

5plus_20151208012331d5f.jpg

こうする事により、中継ポイントが明確になりリズムが安定します。
このを入れて数える作業は今後も良く出てきますので、
こちらも癖をつけておきましょう
ちなみに上記の様に”タ”や”ン”を使って
リズムを口で言えるようにするのは凄く大事です!
一般的に、”口で言えないリズムは弾けない”と言われています。
この先、リズムが複雑になると必ず必要になってくる表現ですので、
今のうちに練習しておきましょう!

次回は”タイ”を使ったパターンについてです。

  1. 2015/12/07(月) 23:54:04|
  2. ■レッスン覚書(ギター,ウクレレ)
  3. | コメント:0
<<【Gt.Uk】誰でもリズムがとれるようになる話⑥ | ホーム | 【Gt.Uk】誰でもリズムがとれるようになる話④>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する