Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたりしています。逗子 横浜 渋谷。Tipsタイトルの【Gt】マークはギター向け、【Uk】マークはウクレレ向けになります!

何時間練習していますか?


時々、「何時間練習していますか?」と聞かれる事があります。
実はこの質問ちょっと困ってしまうんですが、
一応、「普段は大体1、2時間です」と答えるようにしています。
聞いてくる方は、
「8時間くらい弾いてます」とか「食事の時以外ずっと弾いてます」といった、
ちょっと浮世離れした答えを期待して聞いてくるので、
なんだ1、2時間かよと結構がっかりされてしまいます。

学生の頃は”今日は**時間は弾く”という感じで
練習を”時間”で区切ってました。
それこそ1日中弾いてる事もありました。
ひたすら曲の最初から最後までを繰り返したり、
ひたすら部分練習をしたり。。。

でも何時間弾こうが練習の質がよくないと、あまり効果はないんですよね。

当たり前ですが、時間ではなく”練習の中身”を気にしないといけません。

僕は1回の練習の中で、どんな事でも良いので
”何か新しい発見”や”注意点”を必ず見つけるようにしています。

•良い運指が見つかった
•1段、暗譜できた
•弾けなかった理由がわかった などなど。

とにかく何でも良いので必ず新しい事を発見したいと思って練習するようにしています。
この小さな発見が積み重なって成長に繋がっていきます。

2時間ひたすら弾いただけの練習と、30分しか弾かなかったけど新しい事を発見した練習では
後者の方が充実しています。

時間にとらわれた練習は
筋肉を疲労させるだけの練習に陥りやすいです。
もちろん、ガムシャラに練習する時期も大事だとは思いますが、
ある程度経験を重ねてきたら、何か”発見”できた練習だったかどうかを気にしましょう!
今日1日の練習を振り返った時、学んだポイントが思い出せますか?

それでは!
img005.jpg



  1. 2015/10/06(火) 23:23:30|
  2. ■レッスン覚書(ギター,ウクレレ)
  3. | コメント:0
<<教会コンサート無事終了 | ホーム | ウクレレ用、機材。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する