Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたりしています。逗子 横浜 渋谷。Tipsタイトルの【Gt】マークはギター向け、【Uk】マークはウクレレ向けになります!

ウクレレ用、機材。


9/20のレコ発にいらしていたお客さんに
当日の機材の事を聞かれたので、ここで紹介してみたいと思います!

僕がメインで使用しているカマカはFive-Oを搭載していますのでスピーカーから出す事が可能です。

以前はカマカにBOSSのGE-7をつなげるだけのシンプルセッティングでした。
シンプルで良かったのですが、
Ole'oで弾く場合、
コード弾き、メロディ弾き、ソロを弾く時などの場面ごとの
細かい音量が調整できないのが悩みでした。
そこで今回は機材周りを一新して挑みました。

ずーっと昔、バンドをやっていた時に購入したLINE6のXTがあるのを急に思い出し、
クローゼットから引っ張りだしてきました。
FullSizeRender-1_20151004000630268.jpg
それがこちら。10年くらい前の機材です。
アンプシュミレーターとキャビをOFFにして
プリアンプ代わりにして細かい音を”4種類”(メインの音、コード弾き用、ソロ用など。)作ります。

作った4種類の音はfbv express mkiiという純正別売りペダルを繋げて
場面ごとにスイッチを踏んで切り換えていきます!
FullSizeRender_201510040006379ce.jpg
それがこちら。
ライブ3日前に急遽購入しました、、、

繋げるとこんな感じです。
FullSizeRender-3.jpg
こういうバンドっぽい感じは久々なので、
発光ダイオードが光るだけでなんだか感激してしまいます。
かっこいい。
ペダルの4つのスイッチを踏む事でXTで作った音を切り換える事ができます。

ちなみにこのペダル、
ラインアウトをオフにしてチューニングできるのでかなり便利!
FullSizeRender-2.jpg
(チューナー部分)

おかげで荷物の重量が劇的に増しましたが、
音に関しては気持ちよく弾けました!
当分はこれでいこうかと思います。

小さい会場や音響が良い場所であれば何も繋げずに生音でもやるのですが、
少しでも音量に不安がありそうな会場の場合、
最近は率先してスピーカーを使うようにしています。
どんなに良い演奏しても聞こえなければ意味がありませんからね、、、
でも生音の方が弾きやすいし、良い音なのはたしかですが、、、

それでは!
  1. 2015/10/04(日) 00:33:51|
  2. ■楽器、機材、道具
  3. | コメント:0
<<何時間練習していますか? | ホーム | 【ウクレレ】TAB譜の読む順番>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する