Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたりしています。逗子 横浜 渋谷。Tipsタイトルの【Gt】マークはギター向け、【Uk】マークはウクレレ向けになります!

【ウクレレ】左手のフォーム①


20日の「-ukulele-」の発売記念ライブに向けて必死に練習しています!
なので、久しぶりにウクレレ関連のTipsを書いてみたいと思います!

ウクレレを弾く際の左手フォームですが、大きく分けて2種類あります。
大雑把に言って、”人差し指付け根付近をネックに付けるか、付けないか”です。
koko.jpg
本によってはウクレレポイントと言われたりしています。
(渡辺 直則 著:気軽に楽しく始めよう! いつでもどこでも ウクレレ弾こうよ はいぱ~
常に付けるのが正しいという事は無く、押さえる場所やコードによって”付いたり、付かなかったり”します。
この辺の細かい推察は次回以降に書きたいと思います。

今回はローコード(0〜3フレット付近のコード)演奏時についてです!
ローコードを弾く時に限っては基本的に左手人差し指の付け根をネックに付けるべきだと思っています!
C-F-G7というコード進行を例に良い例と悪い例を比べてみましょう。
【良い例】
Cok.jpg
Fok.jpg
G7ok.jpg
”◯”の部分がネック〜ヘッド付近についています。
その事によって第1関節が指板に対して垂直気味で押さえられます。
フォームもほとんど変わっていないのがわかりますでしょうか?エコです。
では次に悪い例を。

【悪い例】
Cx.jpg
Fx.jpg
G7x.jpg
わざとらしく空けてみました。
まず、もの凄く不安定です。楽器がグラグラしてスムーズなコードチェンジが期待できません。
指もカーブ気味に押さえてしまっていて隣の弦に触れそうです。
触れないように手の甲を少し前に出し、より不安定になっています。


演奏フォームに”絶対”という事は無いのですが、
今の所、僕には人差し指の付け根辺りで支えないメリットが見えません。。。

ちなみに後者のフォームは女性にもの凄く多いです!
脳の作りが影響しているのかもしれません。
あと男の人でも、爪が長めの人など後者のフォームになっている事が多いです。

よく「第1関節が曲がらない!」という方がいますが、
悪い方のフォームになってしまっている事が原因とも考えられます
”第1関節を垂直気味にして押さえる事”と”人差し指付近を付ける事”は
結構密接な関係性を持っています。
曲がらないから付かないのか、
付かないから曲がらないのか。。。
鶏と卵みたいですが。

さて、次回は左手のフォームについてもう少し発展させてみたいと思います!

ちらし(ドラッグされました)


  1. 2015/09/16(水) 10:08:54|
  2. ■ウクレレ全般
  3. | コメント:0
<<【ウクレレ】左手のフォーム② | ホーム | 特典CD,編集>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する