Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたりしています。逗子 横浜 渋谷。Tipsタイトルの【Gt】マークはギター向け、【Uk】マークはウクレレ向けになります!

楽器の選び方④〜クラシックギター編〜


急に自室に”南米っぽさ”が欲しくなり、
コンシンネという少し大きめの観葉植物を購入しました。
しかし、すでに葉が黄色くなってきている事に驚きを隠せません。

さて、今回はクラシックギター編です!

【値段】
最初はいくらくらいの物を買えば良いのか迷いますよね。
安いのであれば1、2万円からでもありますが、
やはり長く使えて音も良いものを。と、なると
入門器で大体6、7万円くらいが目安になってきます。
その後、買い替えたいなと思った人には国産の手工ギターで30〜40万円くらいのものを勧めています。
さらにその上を!となりますと、国産の100万円くらいの最高級品か、
輸入品の200万円前後の楽器になります。

【木の種類】
表面板には大きく分けて松と杉があります!
最初は杉を勧められる事が多いと思います。
理由としては鳴らしやすいからです。
また、松は少し予算を出さないと買えない場合が多いです。
なので6、7万円だと無条件で杉になってしまうかもしれません。

買い替えの時には個人的に松をお勧めしていますが、
杉の音色が好きな場合は杉でも良いと思います!
ちなみに僕の使用しているロバート•ラックは杉です。

参考までに材質の違いをざっと並べると以下のようなります。(本当にざっとです)

......音色に変化がつけやすい/音が抜ける/経年で音の成長が楽しめる
......音が大きい/音に温かみがある/松と比べると音抜けが悪い/音の成長はあまり無い

【塗装】
ギターには仕上げにニスが塗られています。
最初に買う時は塗装など気にしなくて良いのですが、
買い替えの時は少し気にした方が良いです。
おすすめはセラック塗装です。
弾いてみるとわかるのですが、セラック塗装だと塗りが薄いので
木の音色が充分に響きます。
デメリットとして、塗装の”もろさ”があげられます。、
それでも、やっぱりセラック塗装が良いですね!
一般的に高級楽器に使われているのですが、
30万円〜40万円ほどの国産手工ギターでもセラック塗装のものはありますので探してみてください!
ちなみに僕のロバートラックは残念ながらラッカー系です(;^_^
ラッカー系の良さは丈夫さと音に艶が生まれます。


少し長くなったのでクラシックギター編は2回に分けたいと思います!
次回は具体的なオススメ入門楽器と試奏の注意点などです!

CCI00001_20150812191301366.jpg

  1. 2015/08/11(火) 23:02:35|
  2. ■クラシックギター全般
  3. | コメント:0
<<楽器の選び方⑤〜クラシックギター編 後編〜 | ホーム | 楽器の選び方③〜ウクレレ編〜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する