Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたりしています。逗子 横浜 渋谷。Tipsタイトルの【Gt】マークはギター向け、【Uk】マークはウクレレ向けになります!

楽器の選び方②〜ギター、ウクレレ共通編〜


髪を切りに行きました。
髪を切りに行くと、ほぼ必ず「お休みの日は何をされているのですか?」と聞かれるのですが
あれが非常に苦手です。
ちなみに今、通ってる所はムダな会話を一切してこないので、とても気に入ってます。

さて楽器の選び方、共通編の2回目です。
今回はサブ的などうでも良いような事をまとめてみました。

【その日に買おうと思わない】
楽器選びは”出会い”です。
タイミング次第ではあまり気に入ったのに巡り会えないかもしれないです。
そういう時は後日出直しましょう。
「今日は買うんだ!」と決めて行かずに、
新しい楽器が欲しいと思ってから3ヶ月〜半年くらいは余裕を持った方が良いかも知れません。
行ったその日に無かった楽器でも、1ヶ月後に入荷したりもしますので。
じっくり考えて購入しましょう!

【交渉上手は得をする?!】
以前在籍していた生徒さんで関西の方がいらっしゃいました。
雑談の中で「ワテは、買い物する際、必ず値下げ交渉してますわ。がははは。」とおしゃっていて
「はあ、関西はそうなのか」と文化の違い?に驚きました。
それ以降、僕も感化されて可能な範囲で色々交渉してみるようにしたのですが、これが意外とうまくいくんです。
楽器の場合、値下げは無理でも弦をオマケでつけてもらったりとかは可能かも知れません!
言ってみる価値はあります。

【弾き込めば鳴るようになる?!】

楽器屋で悩んでいると、店員さんから色々なセールストークを浴びせられます。
もちろん的確なアドバイスもあるのですが、「買わせようとしているだけじゃ、、」と思ってしまう内容もあります。
その中で、たまに言われるのが「弾き込めば鳴るようになりますから」という文句。
これ、確かにその通りなのですが、いくら弾き込んでも2、3年で劇的に変わる事は多分無いです。
良くなったとしても数パーセント程です。
鳴る楽器は最初から鳴る事が多いですよ!

次回はウクレレ、ギターの各楽器ごとの選び方についてです!

CCI00001_20150809155329e74.jpg



  1. 2015/08/09(日) 16:13:46|
  2. ■レッスン覚書(ギター,ウクレレ)
  3. | コメント:0
<<楽器の選び方③〜ウクレレ編〜 | ホーム | 楽器の選び方①〜ギター、ウクレレ共通編〜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する