Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたりしています。逗子 横浜 渋谷。Tipsタイトルの【Gt】マークはギター向け、【Uk】マークはウクレレ向けになります!

【レッスンを上手に受けるコツ③】共通の認識

■2017.7.17
専門用語を知る、使うというのがここまでのお話でした。
3回目は共通の認識についてです。
レッスンをする側、受ける側に
共通の認識があると色々と事がスムーズに運びます。

大きく二つの共通認識があります。
①言葉の共通認識
②レッスンそのものに対する共通認識



①に関しては、
ある程度専門用語を知って、使うというだけでOKかと思います。
もちろん慣れてきてからで大丈夫です!
(最初は専門用語を使わずに、できるだけわかりやすく説明します!)

この時、言葉の間違った解釈に気をつけましょう。

例えば、よくあるのが”テンポ””リズム”という言葉の解釈です。

■テンポは速度の事です。メトロノームで表示される数値。
■リズムとは4分音符や8分音符などで構成されている流れ。

というのが一般的な解釈です。

時々「リズムを落とし弾かないとなあ」と
おっしゃる方がいますが、これは間違いですね。

こういう方はリズムは速度の事だと思い込んでいますので、
「リズムをしっかりとりましょう〜」と
さらっと言ってしまうと、
「一定の速度で弾けってことかな」と
勘違いされてしまうかもしれません。

わからない事や、何か思ってる意味と違う?と
感じた場合は、じゃんじゃん質問してスッキリしておきましょう!
言葉の意味をスッキリさせてくおくと、
理解力もグンと増しますよ。



②は簡単に言うと、
講師側がレッスンにおいて大事にしている事を知るという事です。

僕の場合はリズムを最重要視しています。
(曲や、受講される方のレベルにもよりますが、、、)

教則本などを進めている場合、
基本的には多少ミスがあっても、
正確にリズムが取れていればOKとしています。

最初は楽器に対する慣れも必要なので、
ミスに関してはあまり気にしていません。
ある程度のミスは時間が解決してくれますし、他の曲でも学べます。

しかし、
リズムは初期段階でルーズにするとそのままズルズルいってしまいます。
(僕もそうでした^_^;)
指は動くけどリズムが読めないなんていう事になりかねません。
なので、リズムを最重要視しています。

これを最初のレッスンで伝えておけば、
受講される方は
「とりあえず、楽譜に書かれたリズムは正確に出そう」と
思って取り組んできてくれるのでレッスンがスムーズに運びます。

この認識がお互いうまくいっていないと、
生徒さん:「なんかリズムばっか注意される、、、」
講師:「リズムが取れないことには中々先に進められないんだよなあ」
となってしまいます。

基本的にはこちらで、
「最初はとにかくリズムを正確に取ることに集中しましょうね!」とか
「この曲では◯◯のテクニックを学びましょう〜」など提示します。

もし途中で、
「何が大事なんだっけ」と思ったら、
講師に質問して共通の認識を再構築するといいかもしれません^_^

中級上級者の方で、
「〇〇を学びたい、知りたい!」や
「こういうやり方でレッスンを進めてほしい」という要望があれば、
レッスンの最初に伝えておきましょう!
お互いの認識のズレがなくなり、
ストレスなく受講できると思います!


3回に渡って、
何だか細かい事を言ってきましたが、
少しでもみなさんのレッスンが楽しいものとなれば幸いです。
僕も楽しんでもらえるように日々試行錯誤して、
良いものが提供できるようがんばります^_^

FullSizeRender_20170717133536c90.jpg




  1. 2017/07/17(月) 13:58:17|
  2. ■レッスン覚書(ギター,ウクレレ)
  3. | コメント:0

カフェライブと海の家BGM


先週の土曜日、日曜日と
続けて演奏をしてきました^_^

土曜日は
鎌倉長谷のCafe Luontoにて
バイオリンのみおさんと。
20170715171124931.jpeg


この企画は今回で2回目。

twitterに練習動画を連投してた甲斐もあって、
無事に終えることができました。
一例↓
■リベルタンゴ
■エルチョクロ

Cafe Luontoでは
いつも素敵なお客さんに囲まれて
演奏できるので嬉しいです!

また、今回もいろんな方と
お話できて楽しかったです。
とても弾きやすかったです。

曲目は南米、スペインものを中心に弾きました。
ソロは
アンダルーサ、アルハンブラの想い出、鐘の響きを弾きました。
鐘の響きはアレンジを加えて初の演奏。
なかなかよさそうです。
そのうちYouTubeにアップします!
2017071517112527b.jpeg
(当日のケーキセット)



日曜日はガラっと変わって、
逗子海岸の海の家で
ウェディングパーティーのBGMをウクレレで弾きました。
20170715171126ed2.jpeg
(会場)

BGMだとお客さんとの交流が
乏しいのでちょっと寂しいですね^_^;

若い人が多かったので、
Marron5やBruno Marsをアレンジして弾きました。
こちらも、近いうちYouTubeにアップします。

にしても、
海で弾くAloha OeやHawaiian weding songは最高でした!
20170715171127d6e.jpeg



  1. 2017/07/15(土) 17:09:59|
  2. ■日常
  3. | コメント:0

【レッスンを上手に受けるコツ②】言葉を揃える。


前回は専門用語についての記事でした。
今回は、その派生的なお話^_^

みなさん、楽譜の横ラインを何と言いますか?
時々、生徒さんで"行"と言う方がいます。

正式には"段"です。
空の五線譜も"12段用"等と書かれて、
販売されていますよね。

レッスンでは
講師と用語の使い方を合わせておくと、
お互い勘違いがなくなりやりとりがスムーズ
になりますよ!

今回の、"段"か"行"かは、
どちらでもなんとなく伝わるのですが、
このように自分なりに言い換えられてしまう用語は
少し注意が必要です。

グループレッスンなど大人数で受講される場合、
意外と足かせになってしまいます^_^;

例えば、
「三段目から弾きましょう〜」と言われ、
「ん、段?ああ、行のことか。ええっと3行目、、」となると
理解するまでにワンクッションあります。
そうなると、
慌てて弾き始める事になってしまうかもしれません。

レストランに行って
「ライスですか、パンですか」と聞かれ、
「ごはんで」と言って
「えっと、ライスでよろしいでしょうか。」
となると、
ちょっとチグハグした感じになりますよね。

講師と共通の言葉を使用するようにしておくと、
『えっと、、』から先は省けます。



前回の"1かっこ"や、今回の"段"のように、
専門用語というと少し大袈裟かもしれないけど一応専門用語。という
位置付けの、隠れ専門用語は
教則本に説明されていなかったりしますので、
あまり馴染みがないかもしれません。
実際にレッスンで耳にしないと、
わからない事も多いかと思います。

気づいた時に、
少しずつ修正していければいいかと思います^_^
最初は専門用語を使うのが
なんだか恥ずかしく感じるかもしれませんが、
気にせず使っていきましょう!

次回は共通の認識についてです!

20170713170427028.jpeg





  1. 2017/07/13(木) 10:13:55|
  2. ■レッスン覚書(ギター,ウクレレ)
  3. | コメント:0

【レッスンを上手に受けるコツ①】専門用語


レッスン中に"1カッコ"、"2カッコ"と言われたら、
何のことだかわかりますか?

正解はリピート記号の事です。

20170711173403343.jpeg
正しくは
1番かっこ、2番かっこ と言います。

そんなの常識だよ!という方もいるかもしれませんが、
実はこれが意外と伝わらないことが多いんです。

専門用語をある程度把握しておく事と、
レッスン中のやりとりがとてもスムーズになるので便利です。


同じようにレッスン中によく登場する用語に、
セクションというものがあります。

↓四角で囲ったアルファベットの事です。
201707111734017f1.jpeg
「Cセクションから弾いてみましょ〜」なんて言われたりします。


さらにもう一つ。
アウフタクトというのも大事な用語です。
「Aセクション前のアウフタクトから弾きましょ〜」
なんて言われたりするかもしれません。
これはちょっと難しいですね。
(実際のレッスンではもっと噛み砕いて説明してもらえると思いますが、
一応知っておくと便利です。)


個人レッスンでは質問しやすいと思うのですが、
グループやセミナーなど少し質問しにくい環境の時には、
「ん、どこだ?」なんて思っているうちに、
みんなが弾き始めてしまうこともあります。

そうならない為にも、
これらの専門用語を是非知っておきましょう!
登場した時に、少しずつ覚えていければ大丈夫です^_^

FullSizeRender_20170711175727e9d.jpg

  1. 2017/07/11(火) 17:51:55|
  2. ■レッスン覚書(ギター,ウクレレ)
  3. | コメント:0