Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたりしています。逗子 横浜 渋谷。Tipsタイトルの【Gt】マークはギター向け、【Uk】マークはウクレレ向けになります!

【Lesson30】ウクレレがグングン上手くなる動画、譜例付きブログ


こちらの連載は
「定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本」
と連動した動画付き練習ブログとなっています。
本誌の課題曲を上手く弾く為に、
または課題曲で使用されるメインテクニックをよりわかりやすく身につける為に
少しでもお役に立てれば幸いです!





【Lesson30】トレモロとトレモロストロークの練習のコツ!

本誌Lesson29では
トレモロトレモロストロークというテクニックを
「きらきら星」で紹介しました。

トレモロとは
メロディの音を連続で繰り返し弾き、
音がずっと伸びているかのように聴かせるテクニックです。

番外編ブログでは
主にトレモロのの練習を紹介したいと思います。
今回トレモロストロークについては譜例がありませんが、
動画でコツを簡単に解説していますので
そちらを是非参考にしてみてください!

トレモロは右手のpami動きを均等にするのが鉄則です。
よくあるNGパターンとして、
音が団子になってしまっているというのがあります。
どういう事かと言いますと、
まず上手なトレモロは以下のように音(各指)が均等に並んでいます。
p a m i p a m i

団子状態と言うのは以下になります。
pami   pami
このように音(各指)が変にまとまってしまい(団子状態)、
動作の合間に変なスキマができてしまっています。

もうひとつよくあるのは以下のパターン。
p ami  p ami
上記は親指と他三本の間にも、
変なスキマかできてしまっています。

いずれにしろこの変なスキマ
トレモロを上手に聞こえなくしてしまいます。
原因としましては、
右手の各指の独立していない事クセがある事が考えられます。
今回はこの各指のリズムのバランスを整える練習をご紹介します。

それでは練習譜例を見てみましょう!




■練習譜例

renshuu30.jpg

PDFダウンロードはこちら

譜例はCコードをトレモロで弾いています。
ここではワザと付点にして、
均等ではないトレモロを弾いています。
(動画では各譜例とも4回繰り返して弾いています。)

①と②で付点の位置が逆になっている事に気を付けてください。
このように2種類の付点にして、接近した音作る事で、
各指の瞬発力を鍛える事ができます。
これが各指のバランスにつながるという理屈です。
必ず2種類やるのがポイントです。
人間で言う所の腹筋と背筋でしょうか。
両方弾いて各指のクセを無くしてバランスを整えます。

①の譜例は
タータタータ、タータタータというリズム
②の譜例は
タタータター、タタータターというリズムになります。
特に②の付点は滅多に弾かないリズムなので、
慣れるまで大変かもしれません。。。

それでは動画で確認してみましょう!




■動画


テンポ♩=69で弾いています。
動画の後半では
トレモロストロークのコツ
トレモロの別のコツ
解説していますのでそちらも是非(^_^)




■注意点
・正確な付点になっていますでしょうか?録音して聴いてみましょう!




いかがだったでしょうか。
今回の付点練習、フルートやヴァイオリン等の
単旋律楽器の人にとっては当たり前の練習だそうです。
是非色々な練習に応用してみてください!
効果絶大です。

無理せず練習がんばってください(^_^)

200.jpg

amazonページ

  1. 2017/05/05(金) 15:01:17|
  2. 【番外編】定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本
  3. | コメント:0