Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたりしています。逗子 横浜 渋谷。Tipsタイトルの【Gt】マークはギター向け、【Uk】マークはウクレレ向けになります!

【Lesson29】ウクレレがグングン上手くなる動画、譜例付きブログ


こちらの連載は
「定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本」
と連動した動画付き練習ブログとなっています。
本誌の課題曲を上手く弾く為に、
または課題曲で使用されるメインテクニックをよりわかりやすく身につける為に
少しでもお役に立てれば幸いです!




【Lesson29】ナチュラルハーモニクスと人工ハーモニクス

本誌Lesson29では
ナチュラルハーモニクス人工ハーモニクスというテクニックを
「ラヴィン・ユー」で紹介しました。

ハーモニクスとはフレットの真上の弦に軽く触れ、実音よりオクターブ高い音を出すテクニックの事です。
利用するとキラキラした感じになり、
幻想的だったり、優しい感じを演出できます!

ここでは主に人工ハーモニクスの練習を紹介したいと思います。
人工ハーモニクス
左手で押さえているフレットの12フレット高い部分を右手人差し指で触れ
ハーモニクスポイント人工的に作り、右手薬指で弾くというテクニックです。
んー難しいですね。。。
ラヴィン・ユーではイントロに使用しています。
本誌では写真付きで解説していますので是非参照してみてください^_^

人工ハーモニクス
左手で押さえているフレットと右手人差し指で触れる高いフレットの両方を
把握しないといけないのが難しい所です。
ここでは簡単なコツを、少しご紹介します。

①視線は右手に!
右手の方が複雑な事をやるので基本的に視線は右手に集中します。
逆を言うと左手は見ないでも押さえられるようにしておく必要があります。

②12フレット以降はローポジションと同じ感覚で
ウクレレの構造上、12フレットで丁度1オクターブ上になります。
つまり
12フレットは0フレットのオクターブ上
13フレットは1フレットのオクターブ上、、、
なので、
右手を見ながらもローポジションを弾いているような感覚で指板を見てあげるとよいです。
そうすると左手で押さえているフレットと連動しますので、
弾きやすくなります!

③ポジションマークをつける!
ご使用のウクレレが12フレットジョイントではない場合、
12フレットのネック側面にポジションマークをつける
場所が把握しやすくなります。
あとはお好みで15フレット等につけてもいいかもしれません。

以上のコツをふまえて、
練習譜例を弾いてみましょう!




■練習譜例

renshuu29.jpg

PDFダウンロードはこちら

譜例はドレミファソラシドを人工ハーモニクスで弾いた後、
7フレット、12フレットのナチュラルハーモニクスを鳴らします。

最初の人工ハーモニクスがメイン課題です。
先ほどのコツをふまえると、、
-------------------------------------
①視線は右手に。

②右手を見ながらも弾く時は
12フレット,14フレット,12フレット,13フレット,,,,と考えずに、
0フレット,2フレット,0フレット,1フレットと
ローポジションを弾いているつもりで
ハーモニクスポイントに触れる。

③適宜ポジションマークを。

-------------------------------------
という事になります(^^;

ちなみにハーモニクスは弾弦した後、
ハーモニクス・ポイントに触れていた指を軽く離します。
人工ハーモニクスの場合は右手人差し指を、
ナチュラルハーモニクスの場合は左手で触れていた指になります。
弾いた後に離すくらいで大丈夫です。

それでは動画で確認してみましょう!




■動画


ゆっくりフリーテンポで大丈夫ですので、
先ほどのコツをしっかり意識して弾きましょう!

動画後半でナチュラルハーモニクスのコツも解説しています^ ^




■注意点
・人工ハーモニクス・ポイントをアタマの中でローポジションに置き換えられていますか?




いかがだったでしょうか。
今回の奏法をマスターすると曲の表情が豊かになり、
飽きさせないで演奏ができるようになります。
練習がんばってください(^-^)/

200.jpg

amazonページ

  1. 2017/04/30(日) 11:16:42|
  2. 【番外編】定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本
  3. | コメント:0

【重版記念!!】無料個人レッスン会


2016年6月に発売した、
『定番曲を弾きながらウクレレがグングンうまくなる本弾き語りからソロウクレレまで 30曲で30種類のテクニックが身に付く』
この度2回目の重版となりました!
これを記念して今までの書籍をご購入いただいた方にお礼といたしまして、
6月4日(日)に逗子にて無料レッスン会
開催することとなりました^_^
限られた枠数ではございますが、是非ご参加ください!

lesson.jpg

チラシのダウンロードはこちら!

■日時
6月4日(日)12:20〜18:00
■応募資格
対象書籍(第何版でも構いません)をお持ちの方で、
現在佐藤雅也のレッスンを受講されていない方。(レベル不問)
■内容
お一人様30~40分(準備片付け含みます)
曲目などは書籍からご自由にお選びください(複数曲可)
事前にアンケートをお渡ししますのでご要望などありましたらご記入ください。
■場所
逗子文化プラザ 3階 練習室1
京浜急行「新逗子」駅より徒歩2分/ JR 「逗子」駅より徒歩5分
逗子市逗子4-2-10  電話 046-870-6622(代表)
アクセス
■応募方法
Mailにて直接ご連絡ください!空き枠のご案内をいたします。
こちら


皆様にお会いできるのを楽しみにしています^_^

  1. 2017/04/28(金) 10:18:36|
  2. ■ウクレレ全般
  3. | コメント:0

【Lesson28】ウクレレがグングン上手くなる動画、譜例付きブログ


こちらの連載は
「定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本」
と連動した動画付き練習ブログとなっています。
本誌の課題曲を上手く弾く為に、
または課題曲で使用されるメインテクニックをよりわかりやすく身につける為に
少しでもお役に立てれば幸いです!




【Lesson28】3本指アルペジオのソロウクレレ曲

本誌Lesson28では
3本指アルペジオジによるソロウクレレを「シューベルトの子守歌」で紹介しました。

今回のアルペジオでは親指は使いませんので、
4弦に乗せておきましょう。
基本的なフォームなど、
詳しい解説は本誌を参照してください^_^

番外編では、
3本指アルペジオのソロウクレレを上手に聞かせる為に必要な
各指の強弱の練習をしたいと思います!

それでは譜例の方を見てみましょう!




■練習譜例

renshuu28.jpg

PDFダウンロードはこちら

譜例は開放弦を3本指でアルペジオする譜例です。
ずべて同じフレーズですが、
強くする指がそれぞれ違いますので注意しましょう。
譜例内の赤マル部分が強くするポイントです。
その他の部分は弱めに弾きましょう!

各譜例は以下の通りです
①a(薬)指を強く
②m(中)指を強く
③i(人差し)指を強く
④a,m(薬、中)指を強く
⑤a,i(薬、人差し)指を強く
⑥m,i(中、人差し)指を強く


それでは動画で確認してみましょう!




■動画


前半に模範演奏、
後半に簡単な練習方法も解説しています。

動画ではメトロノームを鳴らしていますが、
練習ではテンポフリーで大丈夫です。
テンポよりもとにかく強弱に気をつけましょう!




■注意点
・赤丸の弦の指を強く弾くのはもちろんですが、
その他の弦を意識して弱く弾くことも大事です。
(強弱は比較なので




いかがだったでしょうか。
今回の奏法は、
コンサートサイズなどの少し大きめの楽器との相性が良いです。
逆に手の大きい男性が無理して小さい楽器で練習すると、
手を傷めたりしかねないので気をつけましょう!

強弱が修得できたかどうかは、
動画の後半でも説明している
”短く区切って交互練習”
がとても効果的です。ぜひ!

練習がんばってください(^-^)/

200.jpg

amazonページ

  1. 2017/04/24(月) 23:38:10|
  2. 【番外編】定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本
  3. | コメント:0

【Lesson27】ウクレレがグングン上手くなる動画、譜例付きブログ


こちらの連載は
「定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本」
と連動した動画付き練習ブログとなっています。
本誌の課題曲を上手く弾く為に、
または課題曲で使用されるメインテクニックをよりわかりやすく身につける為に
少しでもお役に立てれば幸いです!




【Lesson27】ジャカソロ!その2。特殊なテクニック。

本誌Lesson27では
特殊なテクニックを含んだジャカソロを「コーヒー・ルンバ」で紹介しました。

『コーヒー・ルンバ』のゆっくりバージョンはこちら!

コーヒールンバではこれまでに登場した
・ミュートストローク
・ブラッシング
・ハンマリング、プリング

というテクニックに加え、
新しくバトキン奏法ラスゲアードが登場しました。

バトキン
人差し指と親指の動きを組み合わせて素早い3連符のリズムを弾く奏法です。
ラスゲアード
小指から人差し指まで1本ずつ順番に開いていき、”ジャララッ”という音を鳴らすテクニックです。

どちらも派手なテクニックで、
ウケもすごくいいので是非修得してみましょう!

今回、番外編ブログではそれぞれのテクニックの練習方法をご紹介します。
詳しい技術的なやり方などは本誌を参照してください。

それでは譜例の方を見てみましょう!




■練習譜例

renshuu27.jpg

PDFダウンロードはこちら

譜例は最初の2段がバトキン奏法の練習、
残りの3段がラスゲアードの練習譜例となっています。
ちなみに譜例に記入されている小文字のアルファベットは右手の指記号です。
i→人差し指
m→中指
a→薬指
ch→小指

となります。
左手はブラッシングにして弾きましょう。

内容はゆっくり弾いたあと、素早いパターンを1回弾く。という
練習方法になっています。
1回を確実に成功させることで、正しい動きをスムーズに体に記憶させます。
ガムシャラに練習すると、どうしてもミスの記憶になっていしまうので注意しましょう。


バトキン①
ゆっくり弾いて動きを確認したあと、1度だけ素早く弾きます。

バトキン②
ゆっくり弾いて動きを確認したあと、2度素早く弾きます。①の譜例より瞬発力が必要になります。

ラスゲアード①
ゆっくり弾いて動きを確認したあと、8分音符のリズムでラスゲアード。走らないように注意しましょう。

ラスゲアード②
ゆっくり弾いて動きを確認したあと、16分音符のリズムでラスゲアード。

ラスゲアード③
ゆっくり弾いて動きを確認したあと、『コーヒー・ルンバ』で登場するリズムを弾きます。16分音符より速いです。

意外とゆっくり弾くことの方が、
誤魔化しがきかないので難しいかもしれません^_^;
(特にラスゲアード)

今回動画の後半に説明もありますので、
よろしければそちらも参考にしてみてください。

それでは動画で確認してみましょう!




■動画



段ごとに休憩を入れています。
譜例のリズムは便宜上、拍子をつけてメトローノームも鳴らしていますが、
ゆっくり→速いパターンを1,2回弾く。という
流れが守れていれば、慣れるまでテンポフリーでも大丈夫です。




■注意点
・正確なリズムを刻めているか注意しましょう。
バトキンは正確な三連になっているか。
ラスゲアードは譜例の通り8分音符→16分音符→半拍三連と
リズムが正確に細かくなっていってるか。




いかがだったでしょうか。
このように素早いパターンを正確に1度だけ弾いて、
成功体験を身につけることはテクニックの練習において非常に有効です。
一見すると、ひたすら弾いた方が良いように思えますが、
それだと意外とミスの練習になってしまっていることがありますので
注意が必要です。

加えて動画でも紹介していますが、
このようなテクニックは楽器を持っていない時に少し練習しておくと、
いざ楽器を持って練習した際に意外とスムーズに弾けたりします。
くれぐれも手を傷めない程度に、練習がんばってください(^-^)/


200.jpg

amazonページ

  1. 2017/04/15(土) 12:27:07|
  2. 【番外編】定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本
  3. | コメント:0

【Lesson26】ウクレレがグングン上手くなる動画、譜例付きブログ


こちらの連載は
「定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本」
と連動した動画付き練習ブログとなっています。
本誌の課題曲を上手く弾く為に、
または課題曲で使用されるメインテクニックをよりわかりやすく身につける為に
少しでもお役に立てれば幸いです!




【Lesson26】ジャカソロ!その1。

本誌Lesson26では
ジャカソロ「ジングル・ベル」で紹介しました。

ジャカソロとは
コードストロークとメロディが一体になっているソロウクレレ曲のことを言います。
曲の大半がストロークになりますので、
これまでのソロウクレレ曲より少し派手でにぎやかな印象になります。
番外編ではジャカソロの練習方法を紹介したいと思います!

ジングル・ベルのゆっくりver.はこちら!

ジャカソロもこれまでのソロウクレレ曲と同じで、
やはりメロディをしっかり意識することが大事です。
ジャカソロの場合はコードストロークの中にメロディが隠れているので、
ストロークの角度や強弱でメロディを浮き立たせます。


練習方法としてはまず1、2小節で短く区切ります。
次にメロディのみを親指で弾いて確認します。
そのあとジャカソロにして弾いてみます。
この時メロディのみで弾いていた時とメロディの聞こえ方に大きな差がないようにしましょう!

今回ブログでは上記の交互に弾く練習を譜例で紹介します。
それでは譜例の方を見てみましょう!




■練習譜例

renshuu26.jpg

PDFダウンロードはこちら

譜例は”かえるの合唱”になります。
最初にメロディのみを親指で2小節弾きます。
そのあとストロークにしてメロディを弾きます(ジャカソロ)。

ストロークはジングルベル本編でも登場した、
16分音符が混じったストロークです。
少し難しいので右手のダウンアップに気を付けましょう!

加えてストロークの幅で強弱をつけると曲全体が軽快になり聞きやすくなります。
16分音符等の細かい音符は
基本的にはストロークの幅を狭くして弱く弾きます。
16分音符のストロークは
強弱をかなり気にしないとベターッとしたジャカソロになってしまいます。

下図のように毎回4つの弦全てを弾こうと思わなくてOKです。
参考にしてみてください!

strum.jpg


それでは動画で確認してみましょう!




■動画


テンポはフリー。
段ごとに休憩を入れています。

最後におまけとして、
かえるの合唱のジャカソロを弾いてみました^_^
ジャカソロに慣れてくると、
題材がシンプルでも意外といい感じに聞かせられます。
本誌Lesson1の譜例を参考にして、
ご自身でアレンジしても面白いと思います!




■注意点
・1弦側のメロディが壊れていないか気を付けましょう!




いかがだったでしょうか。
このように短く区切って交互に弾く練習
は、
色々なジャカソロ曲で応用できますので是非試してみてください。
メロディを把握する良い練習になります。

ちなみに今回取り上げた、
かえるの合唱ジャカソロは子供にも教えやすく、
30分くらいで弾けるようになってしまう子もいます。
親子で遊んでみるのも良いかもしれません^_^

ぜひ練習がんばってください(^-^)/


200.jpg

amazonページ

  1. 2017/04/04(火) 07:36:20|
  2. 【番外編】定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本
  3. | コメント:0