Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたりしています。逗子 横浜 渋谷。Tipsタイトルの【Gt】マークはギター向け、【Uk】マークはウクレレ向けになります!

【Lesson17】ウクレレがグングン上手くなる動画、譜例付きブログ


こちらの連載は
「定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本」
と連動した動画付き練習ブログとなっています。
本誌の課題曲を上手く弾く為に、
または課題曲で使用されるメインテクニックをよりわかりやすく身につける為に
少しでもお役に立てれば幸いです!




【Lesson17】ハイポジションのメリット!

本誌Lesson17では
「ハイポジション」を使った演奏
課題曲「主よ人の望みの喜びを」で紹介しました。

課題曲では「ポジション」
という考えをもとに、
7、6、2ポジションをセーハして課題曲を弾きました。
ちなみにどのフレットをハイポジションと呼ぶかは
明確な線引きはありませんので、
「高い方のフレットの事なんだな。」くらいに
認識していただければOKです。

ちなみになかなか難しい課題曲のアレンジですが、
番外編ブログのLesson3の内容と合わせて、
練習すると指が動きやすくなるかと思います。
こちら
是非がんばってください!

ブログでは少し方向性を変えて、
座学的な部分にスポットを当ててみます。

まず、ハイポジションを利用できるようになると
大きく以下の4つのメリットが挙げられます。

①横移動を減らせる
②音が切れにくくなる
③市販の楽譜より最適な位置(フレット)が発見できる
④アレンジする時に役立つ



特にこの中の①②③は相互に関わっています。
例えば、
横移動が減らせると(①)、音が切れない(②)。
最適な位置が見つかると(③)、音が切れない(②)。

という事が言えます。

今回は上記のメリットについて、
譜例を交えて紹介してみたいと思います!
それでは譜例を見てみましょう!




■練習譜例

renshuu17_20161028001725f37.jpg

PDFダウンロードはこちら

譜例にはメリットがわかりやすくなるように
NGパターンも掲載しておきました。
是非弾き比べてみてください!

の譜例は2弦のハイポジションを利用して音階を弾いた譜例です。
2弦を利用する事でポジション移動が減り、音が切れなくなりました。
関連するメリット→①②
(ちなみに今回利用したハイポジションの位置は
本誌でも図版で紹介していますので、そちらも参照してみてください)

の譜例は2弦7フレットに変える事で、シの音が切れなくなりました。
ガイドフィンガーも使えるので横移動もスムーズです。
一見するとローポジションを使っているNGパターンの方が弾きやすそうなのですが、
音が切れますし意外とと弾きにくいです。
元の楽譜がこうなっていた場合はフレットの位置を変えてみるのも手です。
関連するメリット→②③

の譜例はシb音を2弦でとることによって、
セーハしたままメロディが弾けるようなります。
コード感が残せるのでソロウクレレ的にも良くなりました。
音も切れません。(NGパターンはかなり無理ありますが、、、^_^;)
関連するメリット→②④

それでは動画でも確認してみましょう!




■動画



NGパターンも弾いていますので、
是非弾き比べて違いを確認してみてください!




■注意点
・音の繋がりを意識して弾きましょう!




いかがだったでしょうか。

このように同じ音を違うフレットに変えるだけで
グッと弾きやすくなる事があります。
弾きにくいなと感じましたら、
少し違うフレットで探ってみるのも良いかと思います。
ちなみに、
1弦の音と同じ音を2弦でとる場合は
5フレット分、上昇した位置になります!

ぜひ練習がんばってください(^-^)/


200.jpg

amazonページ

  1. 2016/10/28(金) 01:19:59|
  2. 【番外編】定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本
  3. | コメント:0

【Lesson16】ウクレレがグングン上手くなる動画、譜例付きブログ


こちらの連載は
「定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本」
と連動した動画付き練習ブログとなっています。
本誌の課題曲を上手く弾く為に、
または課題曲で使用されるメインテクニックをよりわかりやすく身につける為に
少しでもお役に立てれば幸いです!




【Lesson16】メロディを強調したアルペジオを極める!

本誌Lesson16では
親指のアルペジオによるソロウクレレ
課題曲「ニューシネマパラダイス~愛のテーマ」で紹介しました。

課題曲ではほとんど同じメロディを
前半アルペジオ無し
後半にアルペジオ有りのアレンジて弾きました。

このように同じメロディで、
アルペジオの有無を比較した事で、
アルペジオの効果がより感じられたかと思います。

ここで気をつけたいのはアルペジオを加えた途端、
メロディがぼやけてしまう事です。
前半と同じように、
メロディが聞こえる演奏を目指しましょう!

メロディの音は強く、アルペジオの音は弱く弾く
が基本です。

ここでは、
メロディが際立ったアルペジオソロウクレレが
弾けるようになる為の、
アルペジオの強弱練習を紹介します。

それでは譜例を見てみましょう!




■練習譜例

renshuu16.jpg

PDFダウンロードはこちら

左手はGmコードを押さえます。
○で囲んだ部分をメロディと仮定します。
◯部分は強く弾き、それ以外は弱く弾きます。

最初から綺麗なバランスを取ろうとするのではなく、
少し汚くなってもよいので、
大げさにやることをお勧めします。

では動画で確認してみましょう!




■動画



テンポは88で弾いていますが、
最初はメトロノームを使わずに、
強く弾く場所をしっかり理解できてから
テンポに当てはめましょう。




■注意点
・赤マルの部分以外が強くなっていないか、
録音して確認しましょう!




いかがだったでしょうか。

練習中の曲で応用する際は、
今回の練習譜例や本誌の楽譜のように、
まず楽譜のメロディの位置を色で印をつけてしっかり把握する事が大切です。
頭ではわかっていても、
演奏の流れだと咄嗟に判断できない事がありますので、
必ず印をつけておきましょう。

ぜひ練習がんばってください(^-^)/


200.jpg

amazonページ

  1. 2016/10/13(木) 16:00:00|
  2. 【番外編】定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本
  3. | コメント:0

【Lesson15】ウクレレがグングン上手くなる動画、譜例付きブログ


こちらの連載は
「定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本」
と連動した動画付き練習ブログとなっています。
本誌の課題曲を上手く弾く為に、
または課題曲で使用されるメインテクニックをよりわかりやすく身につける為に
少しでもお役に立てれば幸いです!




【Lesson15】親指ストロークでシャン!

本誌Lesson15では
親指ストローク
課題曲「愛の喜び」で紹介しました。

親指ストロークは
人さし指ストロークとは違って
シャン!という優しい音がします。
一般的には、
しっとりした曲等で使用する事が多いです。

人差し指と親指でストロークの音色を
うまく弾き分けられるようになると、
曲の魅力をグッと引き出せるようになりますよ!

今回は動画の冒頭で
本書では紹介できなかった練習方法を
簡単にですが、説明してみました。
本書の注意点などと併せてご覧いただくと、
一層理解が増すのではないかと思います!
ぜひ参考にしてみてください。

それでは譜例を見てみましょう!




■練習譜例

renshuu15.jpg


PDFダウンロードはこちら

上記譜例は
課題曲『愛の挨拶』と同じキーを採用しています。
赤い枠の部分が親指ストロークの箇所になります。

単音でメロディを弾いたあと、
親指でコードストロークをします。
前回のLesson14の譜例と同様、
親指ピッキングと伴奏ストロークが
交互に登場しますので
シンプルにテクニックを
学びやすくなっているのではと思います。

それでは、親指ストロークの練習方法含めて、
動画で確認してみましょう!




■動画



親指ストロークは撫でるように!
手首は使わずにストロークしましょう!




■注意点
・シャン!と鳴っていますか?
親指が弦に深く当たりすぎてボロンボロンとならにように気をつけましょう!




いかがだったでしょうか。
親指ストロークを上手に弾ける方は中々少ないので、
マスターしておくと周りと差が付きます!
それに本当に音楽の表現の幅が広がります。

プロの方などはさりげなく随所に入れていたりします^_^
(人差し指のアップストロークでやったりも。。。)

ぜひ練習がんばってください(^-^)/


200.jpg

amazonページ

続きを読む
  1. 2016/10/04(火) 00:57:41|
  2. 【番外編】定番曲を弾きながらウクレレがグングン上手くなる本
  3. | コメント:0