Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたりしています。逗子 横浜 渋谷。Tipsタイトルの【Gt】マークはギター向け、【Uk】マークはウクレレ向けになります!

先行発売イベント終了at 湘南T-SITE


18日に藤沢市辻堂にある湘南T-SITEにて
「-ukulele-」先行発売イベントを行ってきました!
img_concept01.jpg


オシャレ度200%の空間。
演奏をしたのは1号館のラウンジという場所。
FullSizeRender-1.jpg
このお店の仕組みはよくわからないのですが、
お店にある本を買わなくてもソファに座りながら読めるそうです。
しかも飲食可。たぶん。。。
立ち読みならず、座り読みですね!


FullSizeRender.jpg
爪を入念に研ぐ洋平氏。

DSC_0662.jpg
レジ横にCD類を置かせて頂きました。
この日、おすすめのハワイ本も紹介して欲しいと頼まれ、
小説数冊と自分の本を用意してもらいました。
小説に関してはMCで話せなかったので、このブログで近いうち紹介します!
ちなみに写真で見えているのは『まぼろしハワイ』と『ファミリーツリー』です。

DSC_0661.jpg
各ショップにオシャレ雑貨やオシャレ食品があり、
その中からハワイっぽいのを選んでCDと並べて置かせてもらいました。

ライブスタート!僕は半ズボンで挑みました。
DSC_0664.jpg
昼間の部はお子さん連れのお客さんも多く、
和やかな空気の中、演奏できて楽しかったです。
それにしても、こういう不特定多数の方が行き交う場所での
MCはまだまだ慣れません。いけませんね。。。

続いて夜の部
DSC_0670.jpg
ほぼ同じアングルの写真ですが笑
夜はデスクワークや勉強中のお客さんが多く、中々シビアな空気でした。
でもCDは夜の方が売れました!

わざわざ聴きにいらしてくださった方も
たまたま聞いてしまった人もありがとうございました!

次回は9/20、原宿ストロボカフェでの自主企画です!





  1. 2015/08/21(金) 17:30:57|
  2. ■Ole'o
  3. | コメント:0

『-ukulele-』販促物④PV


販促物シリーズ最終回はPVになります!
先月、山中湖に行き撮影してもらいました!
撮影の様子

いつもの第1、3金曜の動画アップにさきがけ今日から公開になりました!
是非よろしくお願いします!


  1. 2015/08/20(木) 16:27:06|
  2. ■Ole'o
  3. | コメント:0

『-ukulele-』販促物③レコ発チケット


原宿ストロボカフェにて9月20日(日)に行われる、
2nd CDレコ発用のチケットです!

201508172350114f2.jpg
(表)
可愛いデザイン。
そして紙質が良いです。クラフトっぽい感じです。

201508172350257e9.jpg
(裏)
地図も載っているので迷わずに会場までたどり着けます。


チケットをもぎるところに、
CDにも使われている挿絵が入っていてます。可愛いです。
半券は手元に残らないので、当日までよく見ておいてください!


2015年9月20日(日)は全員集合で何卒お願いします(*- -)(*_ _)ペコリ



  1. 2015/08/19(水) 12:15:09|
  2. ■Ole'o
  3. | コメント:0

『-ukulele-』販促物②ハガキサイズ


昨日に引き続き、販促物シリーズが続きます!
店頭用にハガキサイズのチラシも作ってもらいました。

201508172349239f4.jpg
(表)
わかりにくいですが、小さいんです。

20150817234939bb0.jpg
(裏)
こちらのチラシにはレコ発の情報は載っていません。
純粋にCDの宣伝のみ。

紙の厚みもハガキと同じで良い感じです!わかりにくいですが。
20150817234956c43.jpg
是非、入手してみてください!部屋の壁に飾って欲しいです。


ちなみに、チラシを置いてもらえるお店を募集しています!
BGMとしてCDをかけてくれるお店も募集しています!


明日も販促物シリーズです!


  1. 2015/08/18(火) 14:01:47|
  2. ■Ole'o
  3. | コメント:0

『-ukulele-』販促物①チラシ


8月28日(金)発売のOle'oのNEW CD 「-ukulele-」の販促物が出来上がってきました!

デザインはCDと同じでデザイナーの佐野さんにお願いしました。
素敵なチラシとなっています!

2015081723484905a.jpg
(表)
紙質も素晴らしいです!

201508172349078bd.jpg
(裏)
チラシには写真が入ります!
2人ともボーダーです。

CDと同時に是非手に入れてみてください!
明日の湘南T-SITEで配り始めます!

この間、CDジャケットの2種類のボーダーと
全く同じものをお店で見かけました。
買うべきか、やめておくべきか。。。
うーむ。


  1. 2015/08/18(火) 00:01:39|
  2. ■Ole'o
  3. | コメント:0

楽器の選び方⑤〜クラシックギター編 後編〜


僕が今使っている、ロバート・ラックは杉でラッカー塗装です。
当時は松でセラック塗装の楽器を探していたのですが、
購入したのは何故か正反対のラックでした(^_^;)
ただ、今まで弾いてきたどの楽器より遥かに弾きやすかったです!

さて、最終回になります!

【具体的なおすすめ楽器】
入門器としておすすめなのが小平(コダイラ)のAST-65です!
以前は松岡のM-70をおすすめしていたのですが、すべて中国生産へと切り替わってしまいました。
そのおかげで非常に安くなったのですが音も劣化しました。。。
なので、今は小平をおすすめしています。

30万以上のクラスの楽器はこれといったおすすめは無いです。
出会いです!
ちなみに、モノによってはこの値段でも工場の流れ作業だったりしますので気になる人は注意が必要です。
まあ、音がよければなんだって良いのですが。
このクラスはセラック塗装がおすすめ!
あと、このあたりの楽器はウクレレと違い納品が1年に数回なので同じ型番を弾き比べることはほぼできないです。


【試奏曲】
やはりバランス良く鳴らしたいところですね。
僕は単純なチェックをした後、
低音....ヴィラ•ロボスのプレリュードno.1の前半
高音....ラグリマ
を弾くようにしています。
あとは和音のバランスをチェックしたり、好きな曲を適当に弾いたりします。
試奏の時は毎回同じ曲を弾く事で差がわかりやすくなります!

【音色の変化】
ギターの場合、音色の変化も大事です。
タッチや、弾く場所など、どの程度で音色が変化するのかもチェックしておきましょう。

------------

5回に渡って楽器の選び方を簡単に書いてみました。
正直、全てを満たす楽器というのは中々難しいと思います(^_^;)
ただ、自分の中で楽器をチェックする時のルールを作って、
色々な楽器に触れていくと楽器の違いが結構わかってくるので、より良い楽器が選びやすくなるのではと思います。

そして、最終的に大事になってくるのは"弾きやすさ"です!
どんなに音が良くてもネック幅広で厚みがったりして弾きにくいと感じてしまうのならそれは自分に合っていない楽器です。
良い楽器が見つかるといいですね。

それでは!

bb.jpg

  1. 2015/08/16(日) 15:03:27|
  2. ■クラシックギター全般
  3. | コメント:0

楽器の選び方④〜クラシックギター編〜


急に自室に”南米っぽさ”が欲しくなり、
コンシンネという少し大きめの観葉植物を購入しました。
しかし、すでに葉が黄色くなってきている事に驚きを隠せません。

さて、今回はクラシックギター編です!

【値段】
最初はいくらくらいの物を買えば良いのか迷いますよね。
安いのであれば1、2万円からでもありますが、
やはり長く使えて音も良いものを。と、なると
入門器で大体6、7万円くらいが目安になってきます。
その後、買い替えたいなと思った人には国産の手工ギターで30〜40万円くらいのものを勧めています。
さらにその上を!となりますと、国産の100万円くらいの最高級品か、
輸入品の200万円前後の楽器になります。

【木の種類】
表面板には大きく分けて松と杉があります!
最初は杉を勧められる事が多いと思います。
理由としては鳴らしやすいからです。
また、松は少し予算を出さないと買えない場合が多いです。
なので6、7万円だと無条件で杉になってしまうかもしれません。

買い替えの時には個人的に松をお勧めしていますが、
杉の音色が好きな場合は杉でも良いと思います!
ちなみに僕の使用しているロバート•ラックは杉です。

参考までに材質の違いをざっと並べると以下のようなります。(本当にざっとです)

......音色に変化がつけやすい/音が抜ける/経年で音の成長が楽しめる
......音が大きい/音に温かみがある/松と比べると音抜けが悪い/音の成長はあまり無い

【塗装】
ギターには仕上げにニスが塗られています。
最初に買う時は塗装など気にしなくて良いのですが、
買い替えの時は少し気にした方が良いです。
おすすめはセラック塗装です。
弾いてみるとわかるのですが、セラック塗装だと塗りが薄いので
木の音色が充分に響きます。
デメリットとして、塗装の”もろさ”があげられます。、
それでも、やっぱりセラック塗装が良いですね!
一般的に高級楽器に使われているのですが、
30万円〜40万円ほどの国産手工ギターでもセラック塗装のものはありますので探してみてください!
ちなみに僕のロバートラックは残念ながらラッカー系です(;^_^
ラッカー系の良さは丈夫さと音に艶が生まれます。


少し長くなったのでクラシックギター編は2回に分けたいと思います!
次回は具体的なオススメ入門楽器と試奏の注意点などです!

CCI00001_20150812191301366.jpg

  1. 2015/08/11(火) 23:02:35|
  2. ■クラシックギター全般
  3. | コメント:0

楽器の選び方③〜ウクレレ編〜


8月18日(火)に湘南T-SITEで演奏しますので是非!
コチラ

さて、今回はウクレレ編です!

【値段】
長く使える入門器としては大体2、3万円のものを選びましょう!
あまり安いとオクターブチューニングが合わないので注意です。
もちろん1万円ちょっとでも楽器として使えるものはあります!
2本目としては10万円くらいでしょうか。
6万円くらいのものだと、ステップアップとしては中途半端な気がします。

【フレットの数】
ウクレレの場合、フレットの数がメーカーごとによってまちまちです。
ソロウクレレをやるなら12フレット以上あるものを選びましょう!

【サイズ】
サイズもたくさんあるのがウクレレの面白い所です。
特別な理由が無ければ、標準のソプラノサイズを選びましょう!
手が大きい人や、ギター経験者であればコンサートサイズも良いかもしれないです。
でも、必ずいつかソプラノは欲しくなると思います!

【木(素材)】
大きく分けてマホガニーとハワイアンコアがあります。
おすすめはハワイアンコアです!
合板になりますがハワイアンコアが買えるのが大体2、3万円の楽器からです。

【おすすめ楽器】
一般的なオススメはコチラ
Famous FS-5(約3万円)
国産で作りもわりと安定しています。

素材はハワイアンコアです。
合板なのですが、どことなくハワイっぽい音がします。

最近では他に安価で良いウクレレがでてきたり、
Fs-5でも悪い意味で結構個体差があるので、
気軽にFS-5をおすすめすることはあまり無くなってきました。
(追記2016.9.27)

2本目に少し良いのを、、という事でしたら
コアロハ KSM-02 (10万円くらい)
カマカ HF-1 (13〜4万円くらい)
この2つはハワイアンコアの単板です。ハワイ製です。

【同じものでも個体差がある】
上記の楽器は流通している”数が多い”のも勧める理由です。
同じ型番の楽器でも、やはり個体差はあります。
フェイマスのFS-5でさえ、国産で安定しているとはいえ、やはり1本1本結構違います。
先日生徒さんの楽器選びで、カマカのHF-1を3本弾き比べたのですが1本は音のつまりがありました。
こういう個体差はどんな楽器でもあります!
流通している数が多いと同じ型番で弾き比べて選べるので、より良い楽器に出会える可能性が高いです!

【試奏で弾く曲】
試奏する時は、タイプの違った曲を1曲ずつ弾くと良いです!
そうする事で、楽器の色々な面を見る事ができます。
僕はアロハオエ(ソロウクレレ)とクレイジーG(ジャカソロ)を数小節弾いています。

次回はクラシックギターについてです!

mitu.jpg








  1. 2015/08/10(月) 08:44:08|
  2. ■ウクレレ全般
  3. | コメント:0

楽器の選び方②〜ギター、ウクレレ共通編〜


髪を切りに行きました。
髪を切りに行くと、ほぼ必ず「お休みの日は何をされているのですか?」と聞かれるのですが
あれが非常に苦手です。
ちなみに今、通ってる所はムダな会話を一切してこないので、とても気に入ってます。

さて楽器の選び方、共通編の2回目です。
今回はサブ的などうでも良いような事をまとめてみました。

【その日に買おうと思わない】
楽器選びは”出会い”です。
タイミング次第ではあまり気に入ったのに巡り会えないかもしれないです。
そういう時は後日出直しましょう。
「今日は買うんだ!」と決めて行かずに、
新しい楽器が欲しいと思ってから3ヶ月〜半年くらいは余裕を持った方が良いかも知れません。
行ったその日に無かった楽器でも、1ヶ月後に入荷したりもしますので。
じっくり考えて購入しましょう!

【交渉上手は得をする?!】
以前在籍していた生徒さんで関西の方がいらっしゃいました。
雑談の中で「ワテは、買い物する際、必ず値下げ交渉してますわ。がははは。」とおしゃっていて
「はあ、関西はそうなのか」と文化の違い?に驚きました。
それ以降、僕も感化されて可能な範囲で色々交渉してみるようにしたのですが、これが意外とうまくいくんです。
楽器の場合、値下げは無理でも弦をオマケでつけてもらったりとかは可能かも知れません!
言ってみる価値はあります。

【弾き込めば鳴るようになる?!】

楽器屋で悩んでいると、店員さんから色々なセールストークを浴びせられます。
もちろん的確なアドバイスもあるのですが、「買わせようとしているだけじゃ、、」と思ってしまう内容もあります。
その中で、たまに言われるのが「弾き込めば鳴るようになりますから」という文句。
これ、確かにその通りなのですが、いくら弾き込んでも2、3年で劇的に変わる事は多分無いです。
良くなったとしても数パーセント程です。
鳴る楽器は最初から鳴る事が多いですよ!

次回はウクレレ、ギターの各楽器ごとの選び方についてです!

CCI00001_20150809155329e74.jpg



  1. 2015/08/09(日) 16:13:46|
  2. ■レッスン覚書(ギター,ウクレレ)
  3. | コメント:0

楽器の選び方①〜ギター、ウクレレ共通編〜


楽器は決して安い買い物ではないので慎重に買いたいものです!
楽器を選ぶ際、僕が個人的に気を付けているポイントを連載で書いてみたいと思います!
最初はギター、ウクレレ共通の基本的な事を、
後半はそれぞれの楽器特有の選び方について書く予定です。

基本的に自分で判断する自信が無い方は、判断できる人と一緒に買いに行った方が良いですよ!

【とりあえず全部のフレットを弾く】
結構大事です!
試奏と言うと、なんとなく楽器屋さんで腕前を披露するというイメージですが
曲だけでは判断できない部分がたくさんあります。
まずはフレットを全部弾いて、音のつまりが無いか確認しましょう!
ウクレレの場合、音のつまりが結構あります。残念ですが。

【オクターブチューニングを確認】
これも凄く大事です!
ウクレレもギターも12フレットのハーモニクスと実音に大きなズレが無いか確認しましょう!
たまーに変な楽器があります。
そういう楽器はいわゆるフレット音痴で”不良品”ですので避けましょう。残念ですが。

【毎回試奏する曲とフレーズを決めておく】

毎回、同じ曲で試奏しましょう!
同じ曲で比べると、楽器ごとの差がわかりやすいです。
なるべくフレットの端から端まで弾く曲が良いのですが、
中々そういう曲が無い時は少し長めのタイプの違うフレーズ(単音弾きとコード弾きなど)を用意しておくのも良いです。

【自分の楽器を持って行く】
できるだけ自分の楽器を持って行きましょう!
即、下取りに出せるようにする為ではありません(;^_^
実は楽器屋さんによっては音が良く響く環境だったりします。
「おー、いいなあ」と思って家に持ち帰ったら、意外と響かなかった。なんて言う事は時々耳にします。
今持っている楽器と同じ環境で弾き比べてみましょう!
ウクレレの場合、同じソプラノサイズもメーカーによってまちまちなので、
その辺の目安にもなります!


色々書きましたが、
あまり神経質になると買えなくなるので、ほどほどに!

フレットビネ






  1. 2015/08/08(土) 10:06:40|
  2. ■レッスン覚書(ギター,ウクレレ)
  3. | コメント:0
次のページ