Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたりしています。逗子 横浜 渋谷。Tipsタイトルの【Gt】マークはギター向け、【Uk】マークはウクレレ向けになります!

三歩進んで二歩下がらない。

2017.08.20
前回記憶の話をしましたが、その関連をもうひとつ。

時々、レッスンで一緒に音取りをしてなんとなく弾けるようになったのに、
家での復習をサボってしまい、
また次のレッスンで前回と同じ作業をされるというシーンがあります。

これはちょっともったいないですよね。。。
3歩進んで2歩下がってしまっています。

今回は2歩下がらないようにするお話。



新曲に取り組む時、とりあえずの目標として
”曲全体をゆっくり一定のテンポで通して弾けるようにする”
というのがあります。
(気にされてなかった方は、気にされる事をおすすめします^_^)

一度全体を通して弾けるようにしておくと、
曲全体がイメージできるので記憶にも残りやすく、
そのあとの練習もかなりスムーズになります。

逆に全体を通せてないと、
断片的にしか曲が入ってこないので、
曲をイメージしにくいので記憶に残りづらく、忘れやすい状態です。
つまり2歩下がってしまいやすい状態です。

なので、
”曲全体をゆっくり一定のテンポで通して弾けるようにする”までは
集中して毎日練習しましょう!

「ああ、また毎日練習しろか。」と、
耳にタコだと思いますが
今回は数値化して解説してみます。



ゆっくり、曲全体を一定のテンポで弾けるようになる事を50とします。
1回の練習をプラス10として、
1日練習を空けるとマイナス5とします。

■毎日練習を続ければ、、、
10+10+10+10+10で5日間で50になります。

■1日置きに練習すると、、、
10-5+10-5...となり、20日間要する事になります。
恐ろしい!

実際は毎日練習していても、
次の日には、ある程度忘れてしまいます。

逆にサボったからといって毎回必ずマイナス5になる事もないので、
完全に上記の通りというわけではないのですが、
後者の練習方法が損しているのは事実です。



一定のテンポで通せるようになったら、
曲の枠組みがイメージできるようになるので、
多少サボっても大きく忘れる事はなくなると思います。
(半歩ぐらいは下がりますけどね)

新曲に取り組むときは、
一定のテンポで通せるようになるまでが勝負!!
そこまでは必死です笑

練習がんばってください^_^

img001.jpg





  1. 2017/08/20(日) 15:23:41|
  2. ■レッスン覚書(ギター,ウクレレ)
  3. | コメント:0

覚えようとする練習

2017.8.14

みなさん暗記は得意ですか??

実は弾ける弾けないというのは簡単に言ってしまうと、
覚えているか覚えていないかです。

・次に出てくる音を覚えているか。
・曲のメロディを覚えているか。
・和音の形を覚えているか。
・和音を押さえる指を覚えているか。
・苦手なフレーズを攻略するポイントを覚えているか。

などなど。
全部記憶との勝負です。

もちろん、運動能力的な問題(速弾きや、新しいテクニックなど)は
記憶だけで弾けるようにはなりませんが、
それ以外の部分では、記憶に大きく左右されます。



「このフレーズ昨日は弾けたのになー」 

とか

「この和音、昨日押さえたはずなのに、どうだったっけ。」

ってなる事ありませんか?

本来、前の日に弾けたものは次の日も弾けるはずなんです。
弾けないのは覚えていないからですよね。

僕もたまに上記のような状況に陥ってしまうのですが、
なるべくそうならないような練習を心がけてます。

つまり、
ただなんとなく指を動かすような練習を繰り返すのではなく、
色々な事を覚えようと思って練習するように意識しています。



ちなみに覚える為には、
楽譜に直接”言葉で”メモしていきましょう!
次の日、そのメモを見て「あ、そうだった」と思い出せればOKです!

覚える作業も、慣れてくると
なんだかゲーム感覚で中々面白いです。

余談ですが、
ドラえもんの道具で暗記パンというのがありまして、、
てんとう虫コミックスの2巻です。
本当に余談でした。

練習がんばってください^_^

IMG_8143.jpg



続きを読む
  1. 2017/08/14(月) 20:25:15|
  2. ■レッスン覚書(ギター,ウクレレ)
  3. | コメント:0

【レッスンを上手に受けるコツ③】共通の認識

■2017.7.17
専門用語を知る、使うというのがここまでのお話でした。
3回目は共通の認識についてです。
レッスンをする側、受ける側に
共通の認識があると色々と事がスムーズに運びます。

大きく二つの共通認識があります。
①言葉の共通認識
②レッスンそのものに対する共通認識



①に関しては、
ある程度専門用語を知って、使うというだけでOKかと思います。
もちろん慣れてきてからで大丈夫です!
(最初は専門用語を使わずに、できるだけわかりやすく説明します!)

この時、言葉の間違った解釈に気をつけましょう。

例えば、よくあるのが”テンポ””リズム”という言葉の解釈です。

■テンポは速度の事です。メトロノームで表示される数値。
■リズムとは4分音符や8分音符などで構成されている流れ。

というのが一般的な解釈です。

時々「リズムを落とし弾かないとなあ」と
おっしゃる方がいますが、これは間違いですね。

こういう方はリズムは速度の事だと思い込んでいますので、
「リズムをしっかりとりましょう〜」と
さらっと言ってしまうと、
「一定の速度で弾けってことかな」と
勘違いされてしまうかもしれません。

わからない事や、何か思ってる意味と違う?と
感じた場合は、じゃんじゃん質問してスッキリしておきましょう!
言葉の意味をスッキリさせてくおくと、
理解力もグンと増しますよ。



②は簡単に言うと、
講師側がレッスンにおいて大事にしている事を知るという事です。

僕の場合はリズムを最重要視しています。
(曲や、受講される方のレベルにもよりますが、、、)

教則本などを進めている場合、
基本的には多少ミスがあっても、
正確にリズムが取れていればOKとしています。

最初は楽器に対する慣れも必要なので、
ミスに関してはあまり気にしていません。
ある程度のミスは時間が解決してくれますし、他の曲でも学べます。

しかし、
リズムは初期段階でルーズにするとそのままズルズルいってしまいます。
(僕もそうでした^_^;)
指は動くけどリズムが読めないなんていう事になりかねません。
なので、リズムを最重要視しています。

これを最初のレッスンで伝えておけば、
受講される方は
「とりあえず、楽譜に書かれたリズムは正確に出そう」と
思って取り組んできてくれるのでレッスンがスムーズに運びます。

この認識がお互いうまくいっていないと、
生徒さん:「なんかリズムばっか注意される、、、」
講師:「リズムが取れないことには中々先に進められないんだよなあ」
となってしまいます。

基本的にはこちらで、
「最初はとにかくリズムを正確に取ることに集中しましょうね!」とか
「この曲では◯◯のテクニックを学びましょう〜」など提示します。

もし途中で、
「何が大事なんだっけ」と思ったら、
講師に質問して共通の認識を再構築するといいかもしれません^_^

中級上級者の方で、
「〇〇を学びたい、知りたい!」や
「こういうやり方でレッスンを進めてほしい」という要望があれば、
レッスンの最初に伝えておきましょう!
お互いの認識のズレがなくなり、
ストレスなく受講できると思います!


3回に渡って、
何だか細かい事を言ってきましたが、
少しでもみなさんのレッスンが楽しいものとなれば幸いです。
僕も楽しんでもらえるように日々試行錯誤して、
良いものが提供できるようがんばります^_^

FullSizeRender_20170717133536c90.jpg




  1. 2017/07/17(月) 13:58:17|
  2. ■レッスン覚書(ギター,ウクレレ)
  3. | コメント:0

【レッスンを上手に受けるコツ②】言葉を揃える。


前回は専門用語についての記事でした。
今回は、その派生的なお話^_^

みなさん、楽譜の横ラインを何と言いますか?
時々、生徒さんで"行"と言う方がいます。

正式には"段"です。
空の五線譜も"12段用"等と書かれて、
販売されていますよね。

レッスンでは
講師と用語の使い方を合わせておくと、
お互い勘違いがなくなりやりとりがスムーズ
になりますよ!

今回の、"段"か"行"かは、
どちらでもなんとなく伝わるのですが、
このように自分なりに言い換えられてしまう用語は
少し注意が必要です。

グループレッスンなど大人数で受講される場合、
意外と足かせになってしまいます^_^;

例えば、
「三段目から弾きましょう〜」と言われ、
「ん、段?ああ、行のことか。ええっと3行目、、」となると
理解するまでにワンクッションあります。
そうなると、
慌てて弾き始める事になってしまうかもしれません。

レストランに行って
「ライスですか、パンですか」と聞かれ、
「ごはんで」と言って
「えっと、ライスでよろしいでしょうか。」
となると、
ちょっとチグハグした感じになりますよね。

講師と共通の言葉を使用するようにしておくと、
『えっと、、』から先は省けます。



前回の"1かっこ"や、今回の"段"のように、
専門用語というと少し大袈裟かもしれないけど一応専門用語。という
位置付けの、隠れ専門用語は
教則本に説明されていなかったりしますので、
あまり馴染みがないかもしれません。
実際にレッスンで耳にしないと、
わからない事も多いかと思います。

気づいた時に、
少しずつ修正していければいいかと思います^_^
最初は専門用語を使うのが
なんだか恥ずかしく感じるかもしれませんが、
気にせず使っていきましょう!

次回は共通の認識についてです!

20170713170427028.jpeg





  1. 2017/07/13(木) 10:13:55|
  2. ■レッスン覚書(ギター,ウクレレ)
  3. | コメント:0

【レッスンを上手に受けるコツ①】専門用語


レッスン中に"1カッコ"、"2カッコ"と言われたら、
何のことだかわかりますか?

正解はリピート記号の事です。

20170711173403343.jpeg
正しくは
1番かっこ、2番かっこ と言います。

そんなの常識だよ!という方もいるかもしれませんが、
実はこれが意外と伝わらないことが多いんです。

専門用語をある程度把握しておく事と、
レッスン中のやりとりがとてもスムーズになるので便利です。


同じようにレッスン中によく登場する用語に、
セクションというものがあります。

↓四角で囲ったアルファベットの事です。
201707111734017f1.jpeg
「Cセクションから弾いてみましょ〜」なんて言われたりします。


さらにもう一つ。
アウフタクトというのも大事な用語です。
「Aセクション前のアウフタクトから弾きましょ〜」
なんて言われたりするかもしれません。
これはちょっと難しいですね。
(実際のレッスンではもっと噛み砕いて説明してもらえると思いますが、
一応知っておくと便利です。)


個人レッスンでは質問しやすいと思うのですが、
グループやセミナーなど少し質問しにくい環境の時には、
「ん、どこだ?」なんて思っているうちに、
みんなが弾き始めてしまうこともあります。

そうならない為にも、
これらの専門用語を是非知っておきましょう!
登場した時に、少しずつ覚えていければ大丈夫です^_^

FullSizeRender_20170711175727e9d.jpg

  1. 2017/07/11(火) 17:51:55|
  2. ■レッスン覚書(ギター,ウクレレ)
  3. | コメント:0
次のページ