Blog「ギターもウクレレも」

クラシックギターとウクレレを演奏したり教えたりしています。逗子 横浜 渋谷。Tipsタイトルの【Gt】マークはギター向け、【Uk】マークはウクレレ向けになります!

カフェライブと海の家BGM


先週の土曜日、日曜日と
続けて演奏をしてきました^_^

土曜日は
鎌倉長谷のCafe Luontoにて
バイオリンのみおさんと。
20170715171124931.jpeg


この企画は今回で2回目。

twitterに練習動画を連投してた甲斐もあって、
無事に終えることができました。
一例↓
■リベルタンゴ
■エルチョクロ

Cafe Luontoでは
いつも素敵なお客さんに囲まれて
演奏できるので嬉しいです!

また、今回もいろんな方と
お話できて楽しかったです。
とても弾きやすかったです。

曲目は南米、スペインものを中心に弾きました。
ソロは
アンダルーサ、アルハンブラの想い出、鐘の響きを弾きました。
鐘の響きはアレンジを加えて初の演奏。
なかなかよさそうです。
そのうちYouTubeにアップします!
2017071517112527b.jpeg
(当日のケーキセット)



日曜日はガラっと変わって、
逗子海岸の海の家で
ウェディングパーティーのBGMをウクレレで弾きました。
20170715171126ed2.jpeg
(会場)

BGMだとお客さんとの交流が
乏しいのでちょっと寂しいですね^_^;

若い人が多かったので、
Marron5やBruno Marsをアレンジして弾きました。
こちらも、近いうちYouTubeにアップします。

にしても、
海で弾くAloha OeやHawaiian weding songは最高でした!
20170715171127d6e.jpeg



  1. 2017/07/15(土) 17:09:59|
  2. ■日常
  3. | コメント:0

ウクレレ本製作中


現在新しいウクレレ本を製作中です!
発売は来月末を予定しているのですが、追い込み作業でひーひーしています。
あんなに時間があったのにどうしてこんな事に。。。

ざっくりとした内容としましてはウクレレの基本テクニックや小技を
退屈な練習譜例やエチュードではなく、知っている曲で学ぼうよ!という企画です。
曲と目的のテクニックが連動しています。
おもしろいので発売決まりましたら是非〜

image1.jpg

  1. 2016/05/20(金) 18:24:09|
  2. ■日常
  3. | コメント:0

まさかの更新。


もうあれから1年が経ってしまいました!
誰もがもう無いだろうと思っていましたが、
ここにきてまさかの更新!
最終回まで毎週水曜更新です。よろしければ是非ご覧下さい!
スペインブログ

IMG_3265.jpg
  1. 2015/08/04(火) 13:55:44|
  2. ■日常
  3. | コメント:2

Ole'o 3rd LIVE用 映画鑑賞⑥


もう日本で映画『タイタニック』を観ていないのは
僕くらいなのではないだろうか。

さて今回はこの映画。
『This Is It』
ii.jpg
この映画も上映当初、話題性もあって大ヒットしました。
僕はレコードを所有するくらいマイケルジャクソン(以下MJ)が好きなのですが、
なんだかんだ観に行かなかったです。
今思えば、素直に観に行けば良かったかなあと少し後悔。

さて、こちらの映画からは”マン•イン•ザ•ミラー”をアレンジしました。
これは自画自賛したい程の完成度になったと思っています!
有名な曲ではあるのですが、日本では他の曲と比べると何故か埋もれてしまいます。
アメリカでは学校で歌ったりする程、人気曲らしいです。
映画ではラストを締めくくる曲として使われています。
pp.jpg

映画では音楽だけでなく、MJがどう考えているかがわかる内容にもなっています。
1流の人の考えはおもしろいです。
MJはとにかく人を楽しませるのが好きなんだなあと感じました。
お金を払って来てくれたお客さんに対価以上の喜びや楽しみを
与えられるようになりたいものです。

音楽面ではドラムの人がよかったです。
この人のドラムとMJのダンスがビシバシ、ユニゾンして観ていて気持ちがいい。
p.jpg

ちなみにスリラーのレコード。
IMG_4378.jpg


興味があれば是非!




  1. 2015/05/28(木) 20:45:07|
  2. ■日常
  3. | コメント:0

Ole'o 3rd LIVE用 映画鑑賞⑤


Ole'oでは洋平氏が伴奏、僕がメロディを弾くことがほとんどです。
2人の特性を活かした結果、こうなりましたが曲によっては違う時もあります。

今回はこちらの映画。
『エデンの東』
51I4+YfTQfL.jpg
劇中で使用されているテーマ曲をアレンジしました。
ほのぼのとして、すごく好きな曲です。

【超あらすじ】
全く性格の異なる兄のアロンと弟のキャル(ジェームズ•ディーン)。
敬虔で真面目な父とは性格が似ていないキャルは”自分は一体何物なのか”、
”父から愛されているのだろうか”という疑問を抱く。
兄が父から受けている同等の愛を求め、奔走するが。。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

心理描写と人物の関係性に優れている映画です!
大体こんな感じだと思います。
20150527110509c26.jpg

兄弟の立場が逆転していますが、
大まかなテーマは旧約聖書のカインとアベルからっぽいです。

これに加え、冒頭ではキャルの自己同一性に対する描写もあります。
思春期キャルの不思議な行動満載です。

ラストのジェームズ•ディーンの声にもならない叫びは必見。
何をやっても父には認められない怒りや悲しみが全て出てます。
この映画の全て、キャルの人生に於ける感情がこのシーンに凝縮されています。
88.jpg

着目したいのはアブラという兄アロンの恋人です。
この人の立場がまた良いんですよね。
アロンのように清廉潔白でもなければ、キャルのように破天荒でもなく
ちょうど中間に位置する女性として描かれています。
アロンはそんなアブラに”聖母”的な存在を求め、
キャルは”母親”、”恋人”的な存在を求めます。

ちなみにジェームズ•ディーンのシャツがダサすぎます。
00.jpg
襟がでかい、、

しかし、スーツ姿はさすがにかっこいい。
40.jpg
ジェームズ•ディーンがジャケットを羽織って慌てて外に出ようとすると、
アブラが「待って!」とジャケットのボタンを止めてくれるシーンがあります。
これは正式な場に出る時はジャケットのボタンを止めるのがフォーマルであるというスーツの知識がないとできない所作です。
こういう女性いいですよね。

興味があれば是非!


  1. 2015/05/27(水) 11:13:04|
  2. ■日常
  3. | コメント:0
次のページ